フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「ポルシェに乗って生活保護費受給!? 韓国籍男を再逮捕」の記事見出しに田崎氏「"韓国籍"と入れる必要はない」 【グッド!モーニング】 | トップページ | 反日・用日 『撤去?保存?米の慰安婦像で火花!』 『マンガで主張?ディスカウントジャパン運動とは!?』 【朝ズバッ!】 »

2014年1月18日 (土)

小野田元少尉91歳の生涯 【イギリスBBC】 、《今こそ知るべし! 小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」》再び

小野田寛郎さんが一昨日の1月16日に東京で亡くなられました。心からご冥福をお祈りします。

その小野田寛郎さん死去のニュースを、NHK-BS【ワールドWave】イギリスBBCで、

小野田寛郎元少尉が91歳で亡くなったと報じていたので記録しましたdownwardleft(青字はナレーション)

001

NHKアナ「・・・このニュース、スペインのTVAなど各国のメディアが伝えていますが、イギリスBBCのリポートをご覧ください。」

002

女性アナ第二次世界大戦終了後、投降拒否して29年間、一人で戦い続けた元少尉の小野田寛郎さんが91歳で亡くなりました。

小野田さんは1974年に元上官からフィリピンのジャングルから出てくるように説得されて、ようやく終戦の事実を受け入れました。」

003

これは1974年3月の様子です。

004

005

小野田寛郎元少尉がついにフィリピンのジャングルから出てきました。

第二次世界大戦終了から29年後の事でした。

006

30年近く小野田さんは戦争は終わったのだという試みに抵抗してきました。

007

008

空から冊子が落とされ、巨大なメガホンでメッセージが伝えられましたが、全て無駄に終わりました

009

010

011

最後には小野田さんの戦時の上官がフィリピンに飛びました。ジャングルに入り、小野田さんに投降を命じました

何年も後に小野田さんは抵抗の理由を語りました。012

小野田さん「全ての日本兵は死ぬ覚悟でした。しかし情報将校として私が命令されたのは、ゲリラ戦を戦い死なない事でした。私は兵士だったので命令には従う必要がありました。」

013

014

小野田さんは東京で大観衆に歓声を受けました。

015

016

階段の下には年老いた両親がいました。両親が最後に息子を見たのは彼が22歳の時でした。この時、52歳でした。

017

リポーター小野田さんの投降は世界中で報じられ、日本では英雄扱いでした。しかし彼の知る日本はそこにはありませんでした。

danger天皇陛下は自分が命を捧げると誓った神では、もはやなく、東京は人口2000万の大都市圏になっていました。

小野田さんはそれが嫌で堪りませんでした。」

018

019

1年後彼はブラジルに行き、牛の牧場を買いました。

020

021

022

しかし日本には頻繁に戻り、90歳の時も児童たちにサバイバルの秘訣を教えていました。

小野田さんはその時代が残した最後の人でした。

023

danger「正気を失った人だ」と言う人も一部いますが、多くの人にとっては英雄でした

024

以上

人さし指”「正気を失った人だ」と言う人も一部いますが”の部分・・・その一部って日本のマスコミと文化人なんですよね・・・

小野田寛郎 - Wikipediaよりdownwardleft

帰国の際に「天皇陛下万歳」を叫んだ事や現地軍との銃撃戦によって多数の軍人や住民が死傷した出来事が明らかになった事(フィリピン政府当局の判断により、小野田への訴追は行われなかった)、また本当に敗戦を知らなかったのかという疑問が高まるに連れて、マスコミ文化人[誰?]からは「軍人精神の権化」、「軍国主義の亡霊」といった批判もあった。

小野田に対し、政府は見舞金として100万円を贈呈するが、小野田は拒否する。拒否するも見舞金を渡されたので、小野田は見舞金と方々から寄せられた義援金の全てを、靖国神社に寄付している。天皇との会見も断り(自身が勝手に潜伏していたので、陛下は声の掛け様が無いだろうと判断)、小野田は戦闘で亡くなった島田と小塚の墓を参っている

人さし指サヨクにとって、小野田さんが英雄視される事は許しがたい事だったわけです。

保守系の活動家でもあり、日本を守る国民会議日本会議代表委員等を歴任。社団法人日本緑十字社理事にも就任した。danger慰安婦問題の真偽に対しては日本の責任を否定する立場であり、2007年7月13日に米国大使館に手渡された米下院121号決議全面撤回を求めるチャンネル桜主導の抗議書には夫婦そろって賛同している[6]。また、政府見解と異なる懸賞論文を投稿したとして更迭された、田母神俊雄航空幕僚長を支持する「田母神論文と自衛官の名誉を考える会」には、発起人として妻と共に名を連ねている。2009年5月15日には、「小野田寛郎の日本への遺言」と題した講演を2時間に渡って行った[7]。その後も講演活動を続けていたが、2014年1月16日に東京で死去した[8]

サヨクにとっては邪魔な存在でも、小野田さんはやはり日本の英雄で、一昨日祝日英霊になられたと思います。

最後に、3年前に書いた小野田さんが慰安婦について語った記事を再び読んで頂きたく紹介します。是非是非読んで下さい!downwardleft

《今こそ知るべし! 小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」》

(従軍)慰安婦問題、韓国は女子挺身隊を慰安婦だと言っている等々を先日記事にしましたが、

つい最近も、韓国が国連で慰安婦問題を提起したり、在韓日本大使館前の慰安婦碑設置計画とか強気で日本攻勢をしかけてきてますね。

竹島の不法占拠・実効支配強化と一緒で、ないものをあることにしようとしてる。

で、その強硬姿勢に洗脳されている日本人が多いのをとても危惧しています。(dangerみのもんた とか・・・)

韓国が昔の売春婦の証言が証拠だというなら、

私達も、元日本軍人の証言に今こそ耳を傾けるべきだと思い、小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」 を横書きに直し、赤字加工し、参考画像を入れて記録しましたdownwardleft    

Imagescamfhonr

ブラジルでは最初こそ苦労されたけど、牧場で大成功して政府から表彰されたとか。

でも、小野田さんには、日本人として本当に申し訳ないと思っています。 合掌

にほんブログ村 テレビブログ

にほんブログ村 テレビブログへ ちょっと共感flair、の方はポチッとよろしく<(_ _)>>

Ebimarubn1mid←風来ユーキさんのチラシ集積サイト

Photo_2

« 「ポルシェに乗って生活保護費受給!? 韓国籍男を再逮捕」の記事見出しに田崎氏「"韓国籍"と入れる必要はない」 【グッド!モーニング】 | トップページ | 反日・用日 『撤去?保存?米の慰安婦像で火花!』 『マンガで主張?ディスカウントジャパン運動とは!?』 【朝ズバッ!】 »

ワールドWave」カテゴリの記事

コメント

惜しい人が亡くなられましたね。

戦前の日本の事を知る人がまた一人亡くなられ、左翼や戦争を知らない世代の勘違いな人達が喜んでいる気がしてなりません。
負けたから悪いと言うキャンペーンで日本たる事を忘れた今の日本を見てがっかりとし、移住されてしまった。

これ、本当に大変な気持ちだと思います。
特攻でなくなられた方々が思った日本じゃなくなった。
小野田さんはある意味特攻でなくなられた方々の気持ちを表すために最後まで残されたのではないかなと思ってしまいます。

今の世代の考え方と古い?考え方のギャップ。
亡くなられた人の悔しさだったのかなと。
寄付金など全て靖国神社へ寄付はその思いだったのかもしれませんね。

さて、戦前の事を知る人がどんどんといなくなり、歴史も正しいことは隠され続けている今、変だなと思い始めている若者が増えてきているのが少しの慰めかも?

でも、マスコミは大きな勘違いをして、未だに騙し続けられると思っているようです。
ここまで変な放送してくれりゃ誰でも気付いてくると思いますよね。

思わないのは左翼脳になっちゃった人か、テレビの報道が真実と思い込んでいる人だけかな?

さくらにゃん様、こんにちわ!!
小野田寛郎さん、亡くなられましたね!! ご冥福をお祈り申し上げます。
91歳。平均寿命より長生きされたとは思いますが、重ね重ね残念至極です。
小野田さんは、靖国に祀られている英霊に対して「心ならずも戦死された・・・」と云う表現を嫌っていたそうです。
「心ならずも戦死された⇒本当は戦争に行きたくなかったのに戦争に駆り出され、死んでしまった」ことになるので、「それは英霊に対する侮辱だ!」と考えてのことのようです。
確かに「大東亜共栄圏」を実現するために、人類史上初めて欧米列強に真正面から闘いを挑んだのですから、「最悪の場合は死も覚悟のうえ」だったのでしょう!!
それを「心ならずも戦死された・・・」なんて云われたら「俺達はそんな軟弱な気持ちで戦ったんじゃないぞ!甘く見るなよ!」と思われたのかな・・・と思います。
私も戦後世代なので、先人たちとその英霊の思いを再確認する必要がありますね!!
ちなみに、私の父(故人)も、満州のソ連国境戦線に従軍し、敗戦⇒シベリア抑留の後に帰国しました。

こんばんわ

反日自虐に絡め取られた日本のマスメディアに
帰国当時の小野田さんがどういう扱いをされたのだろうと
思うと胸が痛くなります。
小野田さんは、広島の平和公園の「過ちは二度とくりかえしません」
を見て、これはアメリカに書かされたのかと絶句されたそうですね。

自衛艦の事故の報道振りを見ても、今だに自衛隊に対するリスペクト
が毛ほども感じられません。戦後70年になろうとするのに、
こんな日本で本当に申し訳ありません、そんな気分です。

● shengxin さん
小野田さん、良い意味でサムライ的な方でしたね。

>戦前の日本の事を知る人がまた一人亡くなられ、左翼や戦争を知らない世代の勘違いな人達が喜んでいる気がしてなりません。
負けたから悪いと言うキャンペーンで日本たる事を忘れた今の日本を見てがっかりとし、移住されてしまった。

 敗戦した日本を全否定するような考えの人達の批判の大合唱で、
小野田さんを追い出したようなもんだと思います。
日本人として恥ずかしいし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

>特攻でなくなられた方々が思った日本じゃなくなった。
小野田さんはある意味特攻でなくなられた方々の気持ちを表すために最後まで残されたのではないかなと思ってしまいます。

 英霊たちは平和ボケした今の日本を見てどう思うでしょう??
自分の国を守ろうとしないサヨの姿を見て物凄く情けない思いだと思います。

>さて、戦前の事を知る人がどんどんといなくなり、歴史も正しいことは隠され続けている今、変だなと思い始めている若者が増えてきているのが少しの慰めかも?

 本当にまず教育とマスコミを何とかしなきゃいけませんね。
平和が一番だけど、日本を守った先人や英霊を侮辱する事は許せない。

>思わないのは左翼脳になっちゃった人か、テレビの報道が真実と思い込んでいる人だけかな?

 とりあえずテレビ脳を撲滅するために、がんばらなくちゃ!rock

● 日本男児 さん
こんばんは!

>91歳。平均寿命より長生きされたとは思いますが、重ね重ね残念至極です。

 長生きされたのは、日頃の鍛錬の賜物でしょうね。
それにしても残念です。

>小野田さんは、靖国に祀られている英霊に対して「心ならずも戦死された・・・」と云う表現を嫌っていたそうです。
「心ならずも戦死された⇒本当は戦争に行きたくなかったのに戦争に駆り出され、死んでしまった」ことになるので、「それは英霊に対する侮辱だ!」と考えてのことのようです。
確かに「大東亜共栄圏」を実現するために、人類史上初めて欧米列強に真正面から闘いを挑んだのですから、「最悪の場合は死も覚悟のうえ」だったのでしょう!!
それを「心ならずも戦死された・・・」なんて云われたら「俺達はそんな軟弱な気持ちで戦ったんじゃないぞ!甘く見るなよ!」と思われたのかな・・・と思います。

 なるほど。
「心ならずも戦死された・・・」は、政治家が何気によく使う言葉ですが、
「覚悟の死」ですよね!

>私も戦後世代なので、先人たちとその英霊の思いを再確認する必要がありますね!!
ちなみに、私の父(故人)も、満州のソ連国境戦線に従軍し、敗戦⇒シベリア抑留の後に帰国しました。

 うちの祖父は陸軍の准尉でした。靖国にいます。
亡き母は戦争遺児として皇居の清掃?に招かれて、記念品を頂いたと思い出話してました。
 

●いつも読んでいます さん
こんばんは。

>反日自虐に絡め取られた日本のマスメディアに
帰国当時の小野田さんがどういう扱いをされたのだろうと
思うと胸が痛くなります。

 同感です。
自虐史観に染まった日本の姿を目の当たりにしてどんだけ落胆された事か・・・

>小野田さんは、広島の平和公園の「過ちは二度とくりかえしません」
を見て、これはアメリカに書かされたのかと絶句されたそうですね。

 そうなんだ・・
確かにアレは衝撃だったでしょうね。

>自衛艦の事故の報道振りを見ても、今だに自衛隊に対するリスペクト
が毛ほども感じられません。戦後70年になろうとするのに、
こんな日本で本当に申し訳ありません、そんな気分です。

 小野田さんの死を機に、日本人は大東亜戦争を深く考える必要がありますね。
小野田さんは世界から注目されていたので、ちゃんとした映画が出来たらいいなと思います。
百田尚樹さんが書き下ろしてくれたらいいな。

こんばんは~

出張先の安ホテルで拝見しておりますので、手短に。

小野田さん

ただ、ただ、ご冥福をお祈りします。

愚直である事、質素である事、寡黙である事、そして、忍耐強い事。

だからこそ、過酷な密林で何十年も、たったお一人で生きてこられたのでしょうね。

密林から出て来られた時、当然のことながら、新品の衣服を着用されてはいません。

しかしながら、そのお姿は毅然としておられました。

その当時、子供ながら、敬礼をされたそのお姿に、何かしら感銘を受けたような記憶が有ります。

日本人が理想とすべき姿がそこにあるよう思います。


メディアがいう過剰な賛美というのは、適切な物かは分かりません。が
小野田さんの生き方というのは、筆舌しがたい、日本人の生き方というのが凝縮されているようで、幾ばくか見習いたい、引き締まる想いです。

日本人にとって、ずっと大切な英雄であると思います。
小野田さんが思い描いた素晴らしい日本に近づけていきたいです。

靖国の精神という物は大切であると感じました。

テレ朝と後藤謙次がまたまた偏向報道

自衛艦おおすみと釣り船が衝突した事件で、
今日14/01/19の『報道ステーションSunday』は朝日新聞でさえ報じた高台の第三者の証言「釣り船がおおすみに突っ込んだように見えた」を報じず、自衛艦に不利な偏向報道をした。

後藤謙次コメンテーターは
「この事故の第一報を聞いた時に私は直感で思い出したのは、
88年東京湾で なだしおと釣り船の事故があってですね、ここから竹下政権が非常に急降下して落ちていくんですよ。消費税法案と共に。

その意味でこの海上自衛艦の船と釣り船の事故は、いわば政権の命運にも直結しかねない、そういう問題なんでこれだけ航行の激しい所細心の注意を払っても払い過ぎる事はないという覚悟でやってもらいたいと思いますね。」
と安倍政権にダメージを与えるようなミスリード解説を行った。

ジャーナリストの後藤謙次氏はいわゆる左翼で憲法改正に反対の立場で、中国韓国にも甘い姿勢だと言われている。
だから中韓に毅然たる姿勢の安倍首相とは主義主張が反対であり、安倍政権のイメージダウンを狙ったのではないだろうかと容易に想像できる。
聞いていて非常に違和感と不快感を覚える報道っぷりであった。

番組提供【三菱重工・UNIQLO・日本通運・Kanaflex】

今日のサンデーモーニングは「風を詠む」で東京都知事選を取り上げただけで、細川の佐川急便1億円問題が説明出来ないのがありありで、電話で関係者に質問しても、細川は説明出来ないないのは問題だと認め、沈黙するだけで、コメンティターの田中秀征には説明責任があると言っても、そのとうりと言って沈黙するだけで公示日前日の22日公約発表は23日になれば選挙妨害になるため佐川急便1億円問題が騒がない事が分かっているのにそれを指摘しないのは問題だと言っても反論ナシ。このままでは、悪例として、金銭に問題が発生した政治家は出直し選挙をやって当選すれば禊ぎになると言っても反論ナシ!よほど細川の件は都合が悪いのがよく分かった!

●war_cry さん
こんにちは~
出張先、お疲れです。

>愚直である事、質素である事、寡黙である事、そして、忍耐強い事。

>だからこそ、過酷な密林で何十年も、たったお一人で生きてこられたのでしょうね。

そういう今の日本人が忘れてしまった日本人らしさを全て備えた人でした。
凛としていて本当にかっこ良かったです。

>密林から出て来られた時、当然のことながら、新品の衣服を着用されてはいません。

>しかしながら、そのお姿は毅然としておられました。

>その当時、子供ながら、敬礼をされたそのお姿に、何かしら感銘を受けたような記憶が有ります。

うっすらとですが、ボロボロの軍服で敬礼された姿を憶えています。
何度かドラマ化されましたが全部見ました。
本来の日本人のあり方を教えてくれた方でしたね。

●アリエル さん

>小野田さんの生き方というのは、筆舌しがたい、日本人の生き方というのが凝縮されているようで、幾ばくか見習いたい、引き締まる想いです。

はい、小野田さんの生き様は、
平和ボケの日本人はこうあるべきという事を教えてくれていた気がします。
尊敬に値する英雄ですね。

>小野田さんが思い描いた素晴らしい日本に近づけていきたいです。
>靖国の精神という物は大切であると感じました。

私も日本を取り戻すのには、やはり靖国を大事に思う心が大事だと思います!

●アリエル さん

>小野田さんの生き方というのは、筆舌しがたい、日本人の生き方というのが凝縮されているようで、幾ばくか見習いたい、引き締まる想いです。

はい、小野田さんの生き様は、
平和ボケの日本人はこうあるべきという事を教えてくれていた気がします。
尊敬に値する英雄ですね。

>小野田さんが思い描いた素晴らしい日本に近づけていきたいです。
>靖国の精神という物は大切であると感じました。

私も日本を取り戻すのには、やはり靖国を大事に思う心が大事だと思います!

●呆れた さん

今日のサンデーモーニングは「風を詠む」で東京都知事選を取り上げただけで、細川の佐川急便1億円問題が説明出来ないのがありありで、電話で関係者に質問しても、細川は説明出来ないないのは問題だと認め、沈黙するだけで、コメンティターの田中秀征には説明責任があると言っても、そのとうりと言って沈黙するだけで公示日前日の22日公約発表は23日になれば選挙妨害になるため佐川急便1億円問題が騒がない事が分かっているのにそれを指摘しないのは問題だと言っても反論ナシ。このままでは、悪例として、金銭に問題が発生した政治家は出直し選挙をやって当選すれば禊ぎになると言っても反論ナシ!よほど細川の件は都合が悪いのがよく分かった!

 1億円の説明がつかないのは歴然ですね。
それなのに担がれてまたも神輿に上った細川の思慮のなさに呆れます。
批判を交わす為に、立候補表明を遅らせ、討論会を流した事にも唖然。
こういう卑怯な人間は絶対に当選させてはならないという事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175781/54652675

この記事へのトラックバック一覧です: 小野田元少尉91歳の生涯 【イギリスBBC】 、《今こそ知るべし! 小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」》再び:

« 「ポルシェに乗って生活保護費受給!? 韓国籍男を再逮捕」の記事見出しに田崎氏「"韓国籍"と入れる必要はない」 【グッド!モーニング】 | トップページ | 反日・用日 『撤去?保存?米の慰安婦像で火花!』 『マンガで主張?ディスカウントジャパン運動とは!?』 【朝ズバッ!】 »