フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 『私たちの島~竹島問題解決のためには~』、絵本「メチのいた島」完成 前半 【TSKスーパーニュースSP】 | トップページ | 「安倍晋三総理は救世主かも」 byイギリスBBC 【ワールドWave】 »

2013年3月 4日 (月)

『私たちの島~竹島問題解決のためには~』、絵本「メチのいた島」完成 後半 【TSKスーパーニュースSP】

前記事 からの続きですdownwardleft

隠岐の杉原由美子さんが、竹島と関わりの深い隠岐の住民から聞き取りをして自費出版した絵本『メチのいた島』を、去年、隠岐視察した小泉進次郎議員に手渡しました。

人さし指竹島問題は県主導から国主導へと移る必要があり、それが今だと思います。

アナ「竹島問題を取り上げています。TSKスーパーニュース スペシャル。ここまで外交を含め、政治、行政の動きをまとめてきましたが、こうした様々な動きの軸にあるものは問題そのもの普及・啓発・世論喚起です。
続いては、この普及・啓発・世論喚起のいわば基礎でもある教育活動に絞って見ていきます。
韓国に比べて、これまで大きく遅れていた分野ですが、島根県の取り組みによって着実に変化してきています。」

042

2009年7月、松江市内の中学校の授業。
先生「小学校のとき竹島について習ったっていう人?」 生徒「・・・」 先生「いないのか・・」

044

島根県が作成した竹島教育の副教材のDVDを使った授業が初めて行われました。DVDは小学校編と中学校編に分かれていて、県内の小中学校に配布されました。

045

この授業を見学した当時の島根県竹島問題研究顧問の杉原隆さんは、この日を竹島教育の新たな一歩だとしました。

杉原氏いよいよ島根県の児童生徒の皆さんが竹島問題を知って、先生方と共にですね、問題の意味を考える。その出発の日だというので、非常に感激しました。」

島根県が作成したDVDが初めて授業で使われてから3年。

046

先生「竹島はどこの国の領土ですか?」 生徒「はい、日本です」 先生「日本ですね。」

奥出雲市長の横田中学校。竹島の日を前に中学1年に対して竹島の授業が行われていました。

047

この日の授業で使われていたのは島根県が作成した竹島のリーフレット。今年度から島根県内の中学校の社会で使われています。

048

現在、島根県内全ての小中学校で竹島について学ぶことになっていて小学生は5年生で、中学生は2年生で竹島について学習する学校が多くなっています。
一方、横田中学校では、全学年が竹島について習います。

049

高橋校長「竹島は隠岐に所属しているから、隠岐の子供たち、隠岐の人だけが考えれば良いってものじゃなくて、島根県、、全ての子供たち、大人が一緒になって考えていく問題じゃないのかなと、、」 (横田中学校)

050

こうした学校の教育は作文という形で成果を表します。
島根県が県内の中学生に竹島や北方領土の問題について関心を高めてもらうと3年前から開催している作文コンクール

051

3回目となった今回は県内15の中学校から832点の応募がありました。このうち横田中学は生徒4人が入賞。学校の取り組みが着実に表れています。

052

渡辺さん少しでも多くの人にこの問題を知ってもらえることができたり、自分として考えたことを伝えられたらいいなと思って書きました。」(横田中学)

アナ「こちらは島根県が県民を対象に行っている世論調査です。

053

竹島に関心があると答えた人の割合なんですけども、平成18年度以降、徐々に高っています。今年度は73.3%に上っています。県の啓発活動や竹島教育の成果が少しずつ形なっているようです。

054_2

こうした中、竹島問題を、もっと幅広い世代に伝えようと絵本を製作した女性が隠岐に居ます。その女性の活動から見える竹島問題を考えます

055

隠岐の島町久見地区の杉原由美子さん。この日届いたのは一冊の絵本。

056

タイトルは『メチのいた島』

メチとはニホンアシカの事で、竹島では明治から昭和初期にかけて隠岐の漁師たちがアシカ漁をしていました。

057

つまり『メチのいた島』とは竹島のことです。

杉原さん竹島ってこんなに素晴らしい島だったよっていうとこを分かってもられるといいなと思っています。」

小学校の教師として東京で働いていた杉原さんは、およそ 5年前、退職を機に地元・隠岐の島町の久見に戻りました。

058

祖父・八幡長四郎さんは久見の住民をまとめ、土地を担保にして、竹島での漁業権を買うなど竹島での漁業に尽力した人物です。杉原さんは地区の人達から竹島の話を直接聞く事で、より一層竹島問題について考えるようになりました。

060

杉原さんそこで漁をして生活の糧にしてたっていう事を知ってもらえれば一番。で、それがまた次から次へと伝わっていくっていう事が大事な事かなと思います。」

竹島について子供達に伝えようと一昨年12月から地区の高齢者から当時の話を聞き取り、絵本にまとめました。

062

その強い思いは島へ来た国会議員にもぶつけられます。

063

杉原さん「とにかくその若い人に全然、、その竹島いう問題が浸透してないんですね。さあどうしようかという時にまだここで現在、漁をしているし、農業もしている方達が当時の事を覚えているんですね。みなさんから聞き取りをして絵本にして、で、各学校を回って読み聞かせをしようかなと、、」

064

小泉議員やはり特別な思いと、竹島の問題をものすごくリアルな感覚でね捉えているという、、やはり今までと私も思い変わりましたね。」

065

メチは竹島で生まれ育ちます。絵本では竹島からやってきたアシカや、竹島での漁の話など隠岐と竹島との関わりが分かりやすく紹介されています。

066

絵本の見本版を手に地元・五箇小学校へ。

杉原さん「私が読み聞かせをする第1番目の学校として五箇小学校で読みたいなと思って、、」

067

1939年、五箇村への編入が決まり、竹島には五箇村竹島と書かれた標柱が立てられました。地元・五箇の子供たちにまず聞かせたい。それが杉原さんの一番の願いでした。

068

廣江教頭絵がある文だったらすんなり入っていけると思うので、どの学年でも興味持って聞いてくれるじゃないかなって、、」(五箇小学校)

子供達にとって難しいと感じることでも、絵本にすれば伝わりやすくなる。

069

自国の領土に関して、予てから徹底した教育を行っている韓国では小学校の低学年から歌など身近なもので竹島を知るきっかけが作られています。

070

絵本の読み聞かせは、小学校低学年をターゲットに竹島を知るスタートとして期待がかかります。

071

杉原さん「ライフワークというか、こんな機会が老後に持てるなんて思ってはなかったんですけれども、、やって良かったなと、、」

この日、杉原さんが向かったのは五箇小学校。初めての読み聞かせをする為です。一番最初は1年生と2年生。

072

杉原さん「竹島の話を絵本にしました。2/10日に出来たばっかりのね、絵本なんです。『メチのいた島』という題です。

073

メチって知ってますか? (知らなーい) 隠岐の島の久見地区ではニホンアシカの事を、メチと呼んでいました。」

児童達が見やすいように紙芝居で読み聞かせします。真剣な様子で聞き入る児童達。絵本の世界に引き込まれている様子です。

074

「ところがそんな豊かな恵みの島、竹島に近寄ることもできなくなりました。」

(えっ?!)(ええー??)

075

「日本の竹島が今日も私たちを待っています。」

聞き取りという作業からつくられた絵本は、低学年の児童たちにもしっかりと伝わったようです。

076

児童竹島の事も分かったし、メチの事も分かったし、、よく分かったので良かったです。」

077

このあと中学年と高学年にも読み聞かせが行われました。

小学生「竹島は大切な島なんだなぁと思いました。」

078

小学生私たちが大人になった時に、私達の子孫が竹島の海産物をたくさん食べられるように、世界に発信していきたいです。」

079

小学1年生から、4年生にとっては、絵本を通して学校で初めて竹島を知るきっかけとなりました。読み聞かせが終ると杉原さんが作った魚の形をした紙に児童達が感想を書きます。

081

そして感想は児童たちの手で直接杉原さんへ。

080

杉原さん「ここにこういう結果が見えてくるともうやる気が沸いてきますねぇ。」

竹島の日。記念式典の会場に杉原さんの姿がありました。

 

そして去年、杉原さんが竹島問題の思いをぶつけた小泉青年局長も出席。終了後記者団に対し・・

082

小泉議員昨年は、この式典の翌日に、隠岐の島に、久見の方に行かせて頂いて、竹島から一番近い場所に行って、その方々の熱い思い、そして、日本国政府が力強く取り組んでいかなきゃいけない、この思いを一人ひとり国民一人一人が共有することが何より大きな推進力だなあと思いましたね。」

そしてその傍らには、杉原さんの姿がありました。

084

杉原さん「先生!(おおー、ご無沙汰してます:小泉) しばらくです。本が出来ました!(ああー去年の島以来、、:小泉 )

085

絵本が出来ましたので (これ、新しい本?!:小泉) はい。(ありがとうございます:小泉) 子供の反響も素晴らしいです。(そうですかー!:小泉)はい。」

記者「Q.絵本読まれました?」   小泉議員「読みます!」

086

問題解決を願う杉原さんの絵本。絵本と共に直接届ける事ができました。

杉原さんこの中身をちゃんと分かって頂いて、私がしていることを更にこう広まるようにしてほしいです。」

アナ「御覧のように竹島問題は確実に次のステージへと移ろうとしています

これまで、島根県が発信し続けてきた事を国主導へと切り替えていかなければなりません。今後国際社会に向けた日本としての主張を発信する為に。」

088

089

090

以上

小泉議員は、自身のブログでこの『メチのいた島』の絵本の事に触れていますdownwardleft

2013-02-22 22:38:28

『竹島の日』

テーマ:ブログ

こんばんは。小泉進次郎です。

今日は竹島の日です。昨年に引き続き今日は島根県で開催された「竹島の日記念式典」に出席しました。野党として一回、与党として一回出席したことになります。自民党青年局では毎年の恒例行事になっています。

昨年は隠岐の島に行って久見地区の皆さんと意見交換をしたりしましたが、今年は行けませんでした。でも、去年久見地区でお会いした「すぎはら」さんが今日は会場となった島根県民会館で待っていてくれて、「メチのいた島」という竹島をテーマとした絵本をプレゼントしてくれました。久見地区の方々は昔竹島でとっていたニホンアシカのことを「メチ」と呼んでいたそうです。

今回は政府代表として初めて島尻政務官が式典に出席しましたが、ここまでくるのに長年取り組んできた多くの方々がいかに継続して努力を重ねてきたか。その重みと継続することの大切さを改めて痛感しました。


自民党青年局では今までも、これからも取り組みを続けていきたいと思います。
 

去年の竹島の日式典の後、隠岐の島の久見地区の視察をした事は大きいですね。(在京テレビ局は完全スルーしたけど・・)

《【竹島問題】 小泉・新藤議員、隠岐の島視察訪問・島民の訴え 【TSKスーパーニュース】》よりdownwardleft

小泉議員「リアルな感覚でね、捉えられた。やはり今までと私も思いが変わりましたね。この領土問題には与党野党関係ない。自民党も民主党も関係ないと。これはオールジャパンの竹島問題なんだと、、」

021_2

当時の竹島を知る人は既に高齢化。問題の風化も危惧される中、次の世代の政治家は重い責任を担っています。

関連記事右

《完成途中の竹島絵本「メチってしっていますか?」(竹島でのアシカ漁) 【TSKスーパーニュース】》よりdownwardleft

八幡氏「粉だらけになってね、パタンパタンと後からついて来るんですよ。」

TSKの取材に対し、久見で見つけたアシカについてこう語った八幡昭三さん

026

杉原さんの聞き取りにより絵本ではこのように表現されました。

いえにかえろうとするとメチがパタンパタンとおとをたててついてきます〕

子供達が竹島を理解できるよう、この絵本を自費出版された杉原由美子さんには本当に頭が下がります。

この絵本が全国の小学校に広がるよう切に願います。

大手出版社が手を挙げてくれたらいいんですが・・・

にほんブログ村 テレビブログへ ちょっと共感flair!の方はポチッとよろしく

Ebimarubn1mid←風来ユーキさんのチラシ集積サイト

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ! 

« 『私たちの島~竹島問題解決のためには~』、絵本「メチのいた島」完成 前半 【TSKスーパーニュースSP】 | トップページ | 「安倍晋三総理は救世主かも」 byイギリスBBC 【ワールドWave】 »

スーパーニュース」カテゴリの記事

竹島問題」カテゴリの記事

コメント

さくらにゃんさん、こんばんわ。
竹島に関する詳しい記事、ありがとうございます。
杉原さんの地道な努力には、頭が下がる思いです。
この絵本は国費を使い、全国の小中学校で教材として採用すべきです。
左翼マスコミや日教組は、韓国との関係を悪化させるなどと言うでしょうが、そのような根拠のない配慮が、韓国に日本という国は文句を言えばどこまででも引き下がるという間違った印象を与え、靖国神社問題などの不当な内政干渉、日本との条約の一方的無視などの問題を引き起こしてきたのだと思います。
実は私も、このような問題になるまで、島根県に竹島という島があることさえ知りませんでした。
一般国民には、島根県と言えば、出雲大社がすぐに頭に浮かびます。
他県では、竹島がこのような歴史を持つ島であることを知る人は、ほとんどいなかったのではないかと思います。
日頃人権などを声高に叫ぶマスコミが、いかにこの問題を故意にスルーしていたか、今更ながら腹が立ちます。
そういえば、従軍慰安婦問題では韓国寄りの報道をするアサヒは、竹島占領後の韓国軍人による日本漁民射殺問題については、全くと言っていいほど報道しませんね。
いつもは、ジャーナリストなどと横文字で、さも正義の味方ぶっていますが、とんでもない国賊マスコミです。
それにしても、日本から竹島を一方的に奪い、その事実を隠して、歴史をねつ造し、嘘の事実を教育に取り入れ、日本が竹島の日を制定すれば、ヒステリーのように抗議し、日本製品を排斥する。
まさに韓国につけるクスリはありません。
個人的には、竹島記念館を島根県の他に東京等にも造り、韓国人によって虐殺された罪のない漁師の像を、韓国大使館の前に立ててもらいたい気持ちです。
韓国に対しては、言うべきことは言い、やるべきことはやり、それ以外は関わり合わないのが一番だと思います。
それにしても、小泉議員が竹島の日式典に出席したことは、大正解ですね。
さすがは、安倍総理です。

ちょっとテーマから外れます。。。 (すいません)

もうすぐ3月11日が今年もやってきます。


--- 震災式典 台湾の指名献花は当然だ ---

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130307/plc13030703140004-n1.htm

【 昨年の式典では、当時の野田佳彦政権が台湾を指名献花からはずし、日本人として恥ずかしかった。
中国への過度の配慮がにじんでいた。
台湾をきちんと処遇する安倍晋三政権の是正措置を評価したい。】

「恩」には「恩で、「礼」には「礼」で。
それが日本人でしょ?日本と言う国家でしょ。。。


もぅひとつ。
---  一票の格差「違憲」 国会怠慢、司法の不信感限界   ---

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000092-san-soci

【 衆参両院が最高裁で「違憲状態」とされるなど、国会に対しかつてない厳しい視線が注がれている。
今後続く高裁判決で、戦後初の選挙無効判断が
示される可能性もある。】


夏に衆参同時選挙でいいんじゃない?
(短波放送の日経の番組で言ってました。)
民主党も「木っ端微塵」
沈没船の民主党からはその前に離党者増えるでしょうね。
自業自得?。。。

鬼の居ぬ間に???

失礼!

さくらさんの忙しい間に好き勝手に投稿させて頂きます。


今、WBC対台湾戦を観ています。
9回表に同点(3対3)となりました。
良い試合であるとともになんか爽やかな気持ちになってきました。
どこかの国とのケンカみたいな国際試合とはえらい違いです。。。

--- WBC日台戦で「震災支援してくれた台湾に感謝を!」
       ありがとう台湾!

震災を祝った韓国を日本人は忘れない ---

http://asahisyougun.iza.ne.jp/blog/entry/3019572/

【このような状況下で、我々が見苦しいメッセージを掲げれば、
恥をかくのは我々です」。
友情や国際交流の輪を広める。
これこそがスポーツ最大の意義ではないだろうか。】


--- WBCで「台湾代表」と呼んでくれる日本の善意
               =台湾メディア ---

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130308-00000024-scn-spo

【 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は8日、東京ドームで第2ラウンドが開幕、台湾(チャイニーズ・タイペイ)と日本が対戦する。台湾メディア・NOWnewsは8日、日本とは友好ムードの中で戦うべきだとする意見が台湾人の間から出たと報じた。】


他にもいろいろと台湾の記事がいっぱいあります。
紹介しきれません。


いい試合をありがとう!  「台湾」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175781/49817576

この記事へのトラックバック一覧です: 『私たちの島~竹島問題解決のためには~』、絵本「メチのいた島」完成 後半 【TSKスーパーニュースSP】:

« 『私たちの島~竹島問題解決のためには~』、絵本「メチのいた島」完成 前半 【TSKスーパーニュースSP】 | トップページ | 「安倍晋三総理は救世主かも」 byイギリスBBC 【ワールドWave】 »