フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 韓国ニュース「安倍総裁の靖国参拝は極右的立場を表明」 【ワールドWave】 | トップページ | 週刊朝日「ハシシタ 奴の本性」記事をめぐる毎日・与良氏のコメント 【朝ズバッ!】 »

2012年10月19日 (金)

【動画】週刊朝日「ハシシタ 奴の本性」『DNAを遡り本性をあぶり出す』で、記者と議論した橋下市長への大谷昭宏の呆れたコメント 【キャスト】

ABC朝日放送【キャスト】で、

橋下市長が、週刊朝日のノンフィクション作家の佐野眞一氏と同誌取材班(今西憲之・村岡正浩)による共同執筆による「ハシシタ 奴の本性」『DNAを遡り本性をあぶり出す』という記事をめぐり、

朝日系メディアの質問拒否した翌日の記者会見・記者との議論で、

朝日放送の伊藤アナウンサーと、大谷昭宏と、月尾嘉男氏のコメント部分を文字起こしして記録しましたdownwardleft

大谷は、徐々に激高してきて橋下市長を猛批判!(・・;) 独自のジャーナリズムのあり方論を展開(・・;)

で、日本のマスメディアの危機しっかり指摘したのが、これまた月尾先生でした☆万歳

伊藤アナ「・・さて、まずお伝えするニュースはこちらです。昨日もお伝えを致しました。

001

えー、橋下大阪市長がこの週刊朝日に出ている記事を理由に朝日新聞やABCの取質問を拒否するとしていた件

で、今日、大阪市役所内で記者会見が行われるという中で議論をしようと、橋本市長が昨日の時点で言ってたんですが、その議論が今日 行われれました。」

002

(会見などのVTR 略)

伊藤アナ「さて、あの先程(VTRスーパーの漢字訂正) じゃ、高橋さん、お願いします。」

高橋アナ「はい。ここで週刊朝日を発行しています朝日新聞出版の、、これ先程まで行われていました記者会見の前、昨日発表したコメントを読み上げます。

004

『週刊朝日は、当社が発行する週刊誌であり、朝日新聞とは別媒体です。同誌を含め、当社の発行物は当社が責任を持って独自に編集しています。今回の記事は、公人である橋下徹氏の人物像を描くのが目的です。』とのことです。」

伊藤アナ「はい、で、橋下市長によりますと、この週刊朝日を発売しています、まっ編集して発売している、朝日新聞出版から直接会いたいという連絡があったんだそうです。そこで橋下市長はオープンの場で議論をしようというふうに求めていくということなんです。

大谷さん、まぁ今日こういった議論がありまして。橋下市長もかなりこう、、心の底からといいますかね、色々しっかり自分の主張をして、で、それに対して我々取材する側からもこう意見があってという議論だったんですけれども。」

005

大谷氏「まぁ昨日来、私もメディアから色々こういう事になったから、今どう考えてるんだという話が聞かせてた、、

その間、ハッキリ申し上げて、私はこれが出る前に佐野眞一さんとお目にかかってます。あの一晩ゆっくり話をして、彼は取材を進めてるという事も聞いてますし。

あのー、お父様というよりはむしろお母様の方の取材を中心にしてるという話も聞いています。あの佐野さんは長いこと私、お付き合いがありますし、友人であるわけですから。

ただそのことと今回彼がですね、ああいう連載を始めたその第一回、これをですねぇ評価するかしないかということになれば、私は同じ業界の人間としてアレを評価する気はないっ。(あ~:伊藤アナ)

少なくてもあのルーツをああいう形で報道すると。もちろんあの連載ですから最後まで読んでみないと、彼がなんの為にこれを出してきたのかってのは、答えは最後になってみなきゃ分からない。

ただ私は先程の記者会見を聞いていて、あるいは昨日来いろいろと考えていて、本当は橋下さんとですねぇ、きっちりとやりあいたいという位の気持ちを持っていて、かつてこのスタジオで色々とやっていたわけですから。

006

ひとつは彼はねぇ、血流とか血脈とかいう言葉を非常に気にしてお話しになってますね。

で、資本がそこに流れているからABCもいけないんだ。朝日新聞出版もいけないんだ。朝日新聞もいけないんだと。

よく言われるように、資本というのは我々の中では血流といわれてるんですね。だから血流をよく流す為には、お札をいっぱい刷ったらいい(はいはい:伊藤アナ)もっと流そうと思ったらいわゆる血圧に例えられるように金利を広げたらいい。血流を流れやすくすると、いうぐらい我々の社会の中には血流なんですね。

お金ってのは。それを以てして、オマエの会社にもその血が流れているのだろう。オマエの会社にも流れているのだろう。だからオマエの考え方は一緒なんだというのは、彼自身の血脈主義を自ら否定しているようなもんなんですね。

橋下さんがどういう血が流れていようと、我々は橋下さんは橋下さんだと思ってるんです。ABCにどういう血が流れていようと、私はABCは独自の編集権を持ってると思ってる。それを以てしてオマエにそういう血が流れているから拒否するというのは自ら否定することになるんですね。

それから同じ言論人として、この記事をどう思うのかと。言論人として答えてみろというふうに仰ってます。言論人が言論人に対して答えをすることはないんです。我々はオマエのとこは何出してんだ。オマエのとこは何書いてんだ。

007

それは読者・視聴者が判断してくれるんです。ダメなものは視聴者見てくれない。読者が見てくれない。そのことによって言論は担保されているわけであって、誰かが書いたものを我々は潰しにいくことはないんですね。それは読者が評価してくれてるのに、我々が潰しにいったら言論の否定です。

それから株主総会でいくらでもできるだろうというのは、彼は言論のことを分かっていながらなんでそんな事いうのかと。そのためにどれだけ新聞が株主と編集権を独立させてるか、その事を担保されてないのは言論機関じゃないわけです。つまり誰が株を持とうと言論編集権っていうのは、それとは別個にすると。だから新聞は独自の論調を張れるわけであって、誰かのお金が入ってきたらその人の言うとおりにするというのでは言論は持たない。(はい:伊藤アナ)

008

にも関わらず、株主総会でやればいいじゃないかと。それは一般会社と言論機関をまっったく彼は分かっていないっ。あるいは分かっていながら言っているのかという事からすると、今日の記者会見で我々に対して彼がぶつけて来た質問は全て私は反論できると、、思うんですね。」

伊藤アナ「ジャーナリズムのあり方という事について、まぁ大谷さんはご自分の??し方があってしっかり話が出来るんだと。」

大谷氏「はい、少なくとも私達はそういう立場でものを書いたり、こうやって喋ってるわけで、あの私がどっかからなんかの資本が、例えばうちの事務所が何か応援してくれてるとか、そんなことで物事言い方が変わるハズがないっ。それはABCだってまっったく一緒だと思います。」

伊藤アナ「月尾さんはまぁあのー、大谷さんとはちょっとまぁお立場違いますけれども、まっ橋下市長がまっハッキリ言って怒ってるという事。そしてこのメディアに対しての対応、これどうお感じになりますか?」

009

月尾氏「あのー、今、マスメディアっていうのは、、週刊誌をマスメディアの範囲に入れるかどうかって、、まぁ売れてる部数から言えばかなりのマスメディアだと思うんですが、

それはねぇ、第4の権力といわれてますよね(第4の権力?:伊藤アナ) 第4の権力、つまり、司法・立法・行政に並ぶ権力と言われている。

ところがね、現実の今の日本社会ってのは、第4の権力が一番強いですね。(あ~) それはね、書き得ってなもんでね、しかも今回は意図は、今のとこ連載一回目でよくは分からないにしてもね、かなりの個人攻撃ですよね。

しかもまぁ一応、橋下市長、公人とはいえね、公人に対してこれだけの個人攻撃をやるっていうのはどういう意図かって考えるとね、ほんっとうにその権力を持ってる媒体というのは、自分の権力というのをね、意識してるかっていう事が非常に問題だと思う。

で、最近非常に目に付くのは、例えば2年前のあの民主党の代表選の時に、小沢さんに対してマスメディアがかなり攻撃したことがありましたね。

で、結局、政治という立法府に対して、第4の権力がもう一方的な攻撃をしているような仕組みがドンドン日本に出てきているのはね、大変危険な兆候だと思います。(ほー:伊藤アナ) ねっ。」

伊藤アナ「まぁ今回の週刊朝日の記事をめぐって橋下市長の主張があり、そして今日、大阪市役所で議論があったというニュスをお伝えしました。尚、今日の橋下市長の会見を受けまして、朝日放送の今の考えをここでお伝えさせていただきます。

010

朝日放送は、これまでどおり、視聴者にとって必要かつ有益と判断するあらゆる事案に対する取材とそれに基づいた真摯な報道を重ねて参ります。」

以上

昨日のゲンダイ二木に続き、マスコミの驕りをスゴーク感じました。

橋下氏は会見で「オマエ」なんて言ってないし、「~しろ」なんて命令口調も使ってないのに悪意を感じるし。

資本と血流を一緒くたに語ってるけど、資本にDNAってあるの? 血の流れが云々というより、"人間のDNA"を暴くという話でしょ?

大谷昭宏は言論人の割に、ダラダラ喋ってて本当は何が言いたいのか分からんし。

謙虚さのカケラもなく、メディアが一番エライのかよっ!と思っていたら・・・

人さし指またしても月尾さんの的確なお言葉。これぞコメンテーターの役割だと思いました!

毎度何気に、大谷を否定するのが月尾先生lovely

《「安倍さんが今までやってきた事、何一つ実らないっ! 困ったタカ派」by大谷昭宏 【キャスト】》 より一部抜粋downwardleft

019

月尾氏「もうね、色々新聞によってはタカ派だとか、ナショナリズムって事にに対して批判的だが、

私は世界の国はそれが極普通であってね(タカ派が?!?!:伊藤アナ) 『自国を守る』『国家の為に』『国民の為に』って極普通なのに、日本だけはそれを正面からいう人をタカ派だとかナショナリズムと言う

私は実は、世界の国家を失った民族を訪ねて、、テレビ番組作ってますけどね、いかにそれが悲惨な事かっていうのを我々は考えるべきですね。」

昨夜、週刊朝日は「差別を是認したり助長したりする意図は毛頭ありません」と謝罪のコメントを発表しましたが、

朝ズバッ!では、与良氏をはじめコメンテーターの面々がこの記事を猛批判し、週刊朝日と朝日新聞は一蓮托生だと言っていました。

それは、次の記事で・・・

関連記事downwardleft

《週刊朝日「ハシシタ 奴の本性」『DNAを遡り本性をあぶり出す』という記事への二木啓孝の呆れたコメント 【キャスト】》

にほんブログ村 テレビブログへ ちょっと共感flair、の方はポチッとよろしく<(_ _)>>

Ebimarubn1mid←風来ユーキさんのチラシ集積サイト

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ! 

« 韓国ニュース「安倍総裁の靖国参拝は極右的立場を表明」 【ワールドWave】 | トップページ | 週刊朝日「ハシシタ 奴の本性」記事をめぐる毎日・与良氏のコメント 【朝ズバッ!】 »

キャスト」カテゴリの記事

コメンテーター」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。

それにしても、キャストの前番組のムーブは左巻き、右巻きを含め非常に多彩な情報ほ発信していたのに、どうして今や一方通行な情報番組に成り下がったんでしょうか!?今回もたまたま前回の水道橋博士同様月見さんというフェアーな視点で語ってくれる方がいてくれたので、良かったのですが、これで報道番組と言えるのでしょうか!?。

ちなみに僕自身は実は大谷さんに対しては、サヨク系のコメンテーターの中では、あの田嶋陽子同様比較的高い評価もしているのです。もちろん彼らの左巻き思想などとても賛同などできませんが、すくなくとも、彼らは、たかじん系の番組等でまだ自分と意見の異なる他者と堂々と議論する姿勢は十分評価に値すと思います。ただこうした他者と向き合う姿勢をするサヨクのなかには(というかポーズですか)、議論そっちのけで自分の思想宣伝に利用する輩などもいるからややこしいですねえ。僕個人としてはキンキンのお仲間の反原発のジャーナリスト今井一などこの傾向が強いと思います。(ちなみに以前ツィッターでアメリカやフランスだけでなく中韓北露の核や原発については、どう思うかという質問をぶつけましたが、見事スルーされました。)


実際、前回取り上げたキンキンをはじめとしたサヨク系文化人どもは自分と同調できる者やあるいは利用できる者達とは色々おしゃべり(ハッキリ言って議論とは名ばかりのようは一方通行的なおしゃべり)はするけど、それ以外とくに敵対する考えする他者とは絶対に議論しない姿勢には、大きな不満を持っていまして、かつては「パックインジャーナル」時代のときはあの金美齢女子とも議論なさっていたこともあったそうですが、(僕も情報だけきいたことがあるだけで、その時のやり取りを映像等でみたかったです。というかよく保守系のなかでも厳しい意見の人を呼んだものですねえ。)結局は排除してしまい、余計自分達の思想が独善的を証明したことに気づかないことにも呆れ果てます。

それでは、失礼します。

22~23年前に朝日放送に、やしきたかじん「晴れ時々たかじん」の番組がありましたが(関西では視聴率が良かった)朝日新聞から天下りの副社長がこの番組にクレームをつけ、やしきたかじんが激怒して、朝日放送出演を拒否している話は有名で、ムーヴも朝日新聞から天下りの幹部が番組を潰したではないの!朝日出版に朝日新聞から天下り幹部が全くいないのですか。無関係を主張するのであれば、それを説明してくれます。

●daisuke5513 さん
こんにちは。

 ムーブは曜日によって結構偏ってましたねぇ。
私は、上村幸治さんの「チャイナ電視台」が大好きで、
 吉永みち子・石坂啓・ゲンダイ二木・若一光司・山本健司がキライでした^^;
確かに右左多彩でしたね。

キャストも、水道橋博士と月尾先生が物凄くフェアーなコメントをしてくれたので、わたし的にはある程度スッキリです。

だって、パックインなんて、大谷と二木みたいなのばっかりで二時間でしたからねぇ(笑)

 私は大谷昭宏がこれだけテレビで重用されること自体が疑問です。
多分、テレビ局の方針に沿う意見だからかなぁと。
思想の違う人とも議論するのは評価はします。

ちょっと話は逸れるけど、大谷と田岡のゴールデンコンビが出演した場面に仰け反ってしまったんですが、コレ知ってます?downwardleft
《尖閣ビデオ流出事件、田岡俊次と大谷昭宏のとんでもコメント【スーパーJチャンネル】》http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/j-3829.html


>キンキンのお仲間の反原発のジャーナリスト今井一

 あー! あの人一番キライ。自分だけが正義であとはアホ扱いしてるのが受け付けません。
あと、反原発のハデメガネ女(名前失念)は一応、意見は聞くけど生理的にムリっ!
 
>結局は排除してしまい、余計自分達の思想が独善的を証明したことに気づかないことにも呆れ果てます。

 私も金美齢さん出演の頃は知らないけど、大昔一度、松下政経塾のパリバリ保守の若い女性をゲストに呼んだ事がありました。
想像通りの集団いじめでしたよ。 たしか防衛に関しての話。
もちろん、その人はその一回限りですが、その後何度か「あの松下政経塾の・・・」と批判話が続きましたsweat02

一色正春さんの尖閣映像流出問題の件ですねえ。

でもこの映像って流出以前にもうすでに、一部国会や海保の教材資料として公開されていた訳ですし、もうの時点で秘密でもなんでもないということは、青山繁晴さんなども指摘されてますし、というか田岡や大谷さんもこのコメントをした時点でそれぐらいの裏は取れていたと思うし、それでわかっていながらこのような的外れなコメントをしていたら明らかに確信犯的言論テロであり、もしこの時点で裏もロクに取らずこのようなコメントをしていたら無知無能の怠慢以外の何者でもないじゃないですか!!!!!!まったくこれだからサヨクは・・・・・

有益なコメント情報ありがとうございます。それでは、失礼します。

●呆れた さん

>22~23年前に朝日放送に、やしきたかじん「晴れ時々たかじん」の番組がありましたが(関西では視聴率が良かった)朝日新聞から天下りの副社長がこの番組にクレームをつけ、やしきたかじんが激怒して、朝日放送出演を拒否している話は有名で、

 よく、たかじんがネタにしていたやつですね。
当時は朝日放送が映らなかったので、番組名も内容も知りませんでした。

>ムーヴも朝日新聞から天下りの幹部が番組を潰したではないの!朝日出版に朝日新聞から天下り幹部が全くいないのですか。無関係を主張するのであれば、それを説明してくれます。

 そういうウワサは知っていましたが、終盤番組が急にサヨっぽくなったのはそのせいかな?
 まっ、アカヒ全体として声明なりは出すべきですね。

●daisuke5513 さん

>一色正春さんの尖閣映像流出問題の件ですねえ。

 古い情報ですみません^^;
とにかくあの人達の言い草が散々で、ムッカついて忘れられないものですから、つい紹介してしまいました。

>というか田岡や大谷さんもこのコメントをした時点でそれぐらいの裏は取れていたと思うし、それでわかっていながらこのような的外れなコメントをしていたら明らかに確信犯的言論テロであり、もしこの時点で裏もロクに取らずこのようなコメントをしていたら無知無能の怠慢以外の何者でもないじゃないですか!!!!!!まったくこれだからサヨクは・・・・・

 でしょーー!
的外れもいいとこで、罵倒ですよ、罵倒!
ジャーナリスト?言論人としてもありえないやつらだと思います。

考えさせられる意見を拝聴しました。
ありがとうございました。
今後の動向を見守りたいと思います。

●クレーマー&クレーマー  さん

ありがとうございます。

少し話はずれますが、
DNAや血脈によって本性を暴くなら、日本に寄生する在日韓国・朝鮮人の本性を白日の下にさらして貰いたいものです。
DNAや血脈によって人を規定するなら、朝鮮人だということで区別をすること、害悪だと警戒することに何の問題も無いということになると思います(笑)
こういう人々が廃止しようとしたがる皇室を肯定することにも問題は無いということの理由にもできます。

●はな さん

> DNAや血脈によって本性を暴くなら、日本に寄生する在日韓国・朝鮮人の本性を白日の下にさらして貰いたいものです。

大賛成です!!
本性とともに、どういう経緯で日本にやってきたのかも、くまなく、じっくり掘り下げて徹底的に暴いてほしい。

DNAや血脈によって人を規定するなら、朝鮮人だということで区別をすること、害悪だと警戒することに何の問題も無いということになると思います(笑)
こういう人々が廃止しようとしたがる皇室を肯定することにも問題は無いということの理由にもできます。

 あの民族の大ウソを解明したら、当然通名廃止にも繋がるし、
今後の対応にも繋がりますね。
 それこそ大きな国益れをになります☆
それを佐野がやったら拍手喝采しますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175781/47500513

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画】週刊朝日「ハシシタ 奴の本性」『DNAを遡り本性をあぶり出す』で、記者と議論した橋下市長への大谷昭宏の呆れたコメント 【キャスト】:

« 韓国ニュース「安倍総裁の靖国参拝は極右的立場を表明」 【ワールドWave】 | トップページ | 週刊朝日「ハシシタ 奴の本性」記事をめぐる毎日・与良氏のコメント 【朝ズバッ!】 »