フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 日中、国連で激しい応酬 「盗み取った!」「言いがかりだ!」 【スーパーJチャンネル】 | トップページ | 「安倍さんは仮病」「潰瘍性大腸炎ニセ診断書」というウワサを流す人達  »

2012年9月29日 (土)

"尖閣"をめぐるアメリカの思惑・曖昧作戦 【NEWS23クロス】 

TBS【NEWS23クロス】(9/28)で、

尖閣問題で対立する日中を見据えるアメリカの本音・思惑をやっていたので記録しました(青字はナレーション)

人さし指あと、焦点がズレた寺島実郎氏の解説も。

003

膳場アナ「さて、その尖閣をめぐって日中の対立が深まる中、27日には米中外相会談が行われました。尖閣の領有権については「特定の立場をとらない」とするアメリカですが、これまでどのような対応をとってきたのでしょうか。」

004

アメリカのクリントン国務長官とにこやかに会話を交わす中国の楊潔篪外相。米中外相会談が27日、ニューヨークで行われた。日本との対立が続く尖閣問題について、クリントン国務長官は楊外相に対し・・・

005

クリントン国務長官「日中両国とも問題を解決するための人的資源と自制力があると信じています」

006

 これに対し楊外相は、「釣魚島(尖閣諸島)は中国固有の領土である」とし、「日本は幻想を捨て、現実を正視し、確実に過ちを正さなければならない」と、中国政府の立場を繰り返した。

008

領有権問題については特定の立場を取らないことを表明しているアメリカ

007

一方で、尖閣諸島は日米安保条約の対象範囲と明言している。

009

屋良朝苗知事「ここに沖縄県が復帰したことを高らかに宣言します」(1972年)

010

日中国交正常化した1972年は、沖縄が返還された年でもある。

011

日米の間に結ばれた「沖縄返還協定」には、返還される日本の領土として、緯度経度を具体的に示し、この区域内にある全ての島、小島、岩礁などと定義している。地図上でそのポイントを囲ってみた。

012

いびつな不等辺六角形の中には、尖閣諸島が含まれている。

013

務省も尖閣諸島領有の根拠の一つとして、沖縄返還協定の緯度経度を示している。

014

一方で、アメリカのエネルギー省が「東シナ海」と題する報告書を発表。その中では、「尖閣諸島の領有権をめぐり東シナ海の天然ガスなどの海底資源の開発が妨げられている」としている。この中には、尖閣諸島についての解説が・・・

015

「海底資源の存在が明らかになって、中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めた」

016

一方で報告書は、尖閣諸島が沖縄の一部として返還された際、中国や台湾が異議を唱えたことを取りあげ、

017

領有権の問題は解決されていない」とした。その上で最後に、「領有権問題については特定の立場を取らない」と結んでいる。

018019

020

沖縄返還と日中国交正常化40周年を迎える中、日米安保やオスプレイ配備など様々な問題に関わっているアメリカ。今後、どのような対応を見せるのだろうか。

(VTR終了 スタジオへ)

022

(アメリカは1歩引いた態度をとっているように見えるが、本音・思惑は?) 

寺島氏1972年に沖縄が帰ってくる瞬間までアメリカ自身が施政権を持っていた所なんだから、自分はどちらの領土なんだか分からないなんて言えるはずはないが、

72年は丁度、米中国交回復の年で中国への配慮、70年前後に入ってから中国は尖閣の領有権を主張し始めたのに配慮して、特定の立場は取らないと今まで言っていたが、ここに来てパネッタ国防長官が日本へも中国へも中立という明確な言葉を使い始めて一段とこの問題から引いてる

だけど考えないといけないのは、要するにアメリカのスタンスは曖昧作戦で、日本に対しては日米安保の対象と言う。

そうでなければなんで沖縄に米軍がいるんだと苛立つのが分かっているから。一方、中国に行けば習近平が釘を刺してきたら、気持ちも分かるという空気を漂わせる。

要するにアメリカのアジア戦略の本質をよく考えないといけなくて、アジアにおけるアメリカの影響力の最大化。日中に強いカードを切れるのを保持するのは当然

で、日本人としてそろそろ考えないといけないのは、アメリカに対する過剰な期待・依存で、もし中国が軍事力で尖閣を占領したら、沖縄の米軍が動くとか、その為にオスプレイを配備したとか解釈しがちだけど、ことはそう単純じゃない

中立でありたいのにアメリカの青年の血を流して守るだろうかとか、ひょっとしたら米中本格戦争になるかもしれない。そんな決断に踏み込むだろうかとか、

条約の責任・義務を履行するとパネッタ国防長官は繰り返したが、あまり過大な期待で解釈してはいけないと日本人としてバランス感覚だと思う。

アメリカのアジア戦略の本質は日中に影響力を行使し、しかも米中のパイプは日米よりはるかに深く強い。

日本人は米中対立を期待し、日米で連携して中国の脅威と向き合う構図を組み立ててるつもりだが、実は米中関係の方が意思疎通が強いことに気がつかなきゃいけない

(今後どうしたらいい?) ボクは両国が尖閣の領有を主張し続け、妥協なんかあり得るわけがないので、やはり次世代への知恵は大事で、我々は過剰に思い上がっちゃいけない。未解決の解決のまま、ネガティブな問題は我慢強く封印して、お互いにプラスになることを積み上げて相互理解のパイプを深めていくしかない。

3度に亘って血で血を洗う戦いをやったドイツとフランスがネガティブな事を言ってても駄目だからポジティブに力を合わせれる事からやろうと、段階的にEU27カ国統合にもっていった。それをよく学ぶべき。

例えば若い人達の交流プログラムだとか金融連携だとかエネルギー戦略連携などを積み上げて、それが我々にとってプラスになるというのをアジアにおいて作っていかなきゃいけない

次元の低いナショナリズムに引きずり込まれちゃ駄目。やはり世界に向けて成熟した民主国家として一次元違う発信をしているというのをやらなきゃいけないのが今の日本の立場だと思う

(そのためには様々な交流・情報交換を続けて行かないといけない)

今回、日本の本音、国有化の本音がこれだけ歪んだ形で中国に受け止められたのは、いかにパイプがないかという事だと思う。

以上

アメリカは、尖閣諸島が日本の領土だと知っているのに"中立"と宣言しているのは、アジアでの影響力を温存したいからだと思っていたけど、

今の政権には、絶対に戦争をしないためにも、アメリカともChinaともパイプがないのがイタイ。

どう考えても民主党政権に狡猾な両国を相手に立ち回るのはムリってもんです。

それにしても・・・寺島氏の途中までの解説は良かったけど、

結論が、「アメリカ頼みにせず自力で国を守れるようにしなくてはいけない!」「最低でも集団的自衛権を!」とか言うんだと思ったのにやっぱり寺島だった^^;

それにパイプの話なら、Chinaよりアメリカの方が先だと思うけど。

右で、日中、国連で激しい応酬 「盗み取った!」「言いがかりだ!」 【スーパーJチャンネル】に関しても、寺島氏がコメントしていたので紹介します

002

寺島氏「・・・外務大臣の国連での中国の演説にボクはひとつクビを傾げた点がある。何故、尖閣は中国のものだと主張しているのかについて、ある論拠を言い始めた。

1895年に日清戦争が終わった後の下関条約で、日本が台湾を領有する話になったが、その台湾に尖閣がくっついてるというふうに主張しているんだなというのが見えてきた

その中で1951年のサンフランシスコ講和条約で、国際社会に復帰する為に日本は台湾を中国に返還した。ところがその中国に返還した台湾の領域の中に尖閣をも含む沖縄のテリトリーはもちろん入ってなかったわけで、日本の論拠をむしろ明確に出来る論点を中国側が出してきたとボクは受け止めた。」

膳場氏「新たな糸口になりそうな気がしますね。」

寺島氏「うん。」

以上

Chinaが国内外で「日本が盗んだ!」などのデタラメな歴史を喧伝しているので、アメリカが黙っていられるのも時間の問題かも。

竹島問題に関しても同じことが言えますね。

当時、アメリカは李承晩ラインに怒っていたんだし「どっちの領土か分からない」なんてありえませんから。

にほんブログ村 テレビブログへ ちょっと共感!の方はポチッとよろしく

Ebimarubn1mid

 

« 日中、国連で激しい応酬 「盗み取った!」「言いがかりだ!」 【スーパーJチャンネル】 | トップページ | 「安倍さんは仮病」「潰瘍性大腸炎ニセ診断書」というウワサを流す人達  »

コメント

さくらにゃん様 こんばんわ!

しかし、この「寺島実郎」って奴もアンポンタン野郎ですね!!
>「・・・その中で1951年のサンフランシスコ講和条約で、国際社会に復帰する為に日本は台湾を中国に返還した。ところがその中国に返還した台湾の領域の中に尖閣をも含む沖縄のテリトリーはもちろん入ってなかったわけで、日本の論拠をむしろ明確に出来る論点を中国側が出してきたとボクは受け止めた。」
・・・はあ?? 日本は台湾をシナに返した??
冗談じゃありませんよ!確かに日本はサンフランシスコ講和条約で台湾に関する主権を放棄した。しかし日本は台湾を放棄はしただけで、どこの国にも割譲はしていない。よって台湾は中華民国(国民党)のものでもないし、シナ(中共)のものではない」
・・・というのが正しい歴史上の経過でしょ!!
台湾が「独立」するか、「どこかの国と結びつく」のかは台湾人が判断することですよね!!
この頃の世界情勢は「民族自立」を尊重する傾向が強いので、多くのアジア諸国は欧米列強(アングロサクソン)の支配から自主独立を目指していた頃ですよ!
最近、この手のアホなコメンテーターが多くて、困っちゃうね!!
日本が「大東亜戦争」に突入したのは、欧米列強の支配からアジア諸国を独立させようとしたが、「台湾」「朝鮮」は力が弱かったので、日本が一時的に「保護国」にして、充分な力を付けさせてから独立させよう・・・と奮闘努力していたのですよね!!!
(その日本の親切心を逆恨みしている半島人はアホです)
やはり、日本の3大悪党「朝日・岩波・日教組」をツブさないとダメですかね!!

尖閣・竹島問題、安倍晋三総裁就任で、次々と化けの皮が炙り出されてきましたね(((・・;)

この寺島実朗氏って、中国と対立関係が生じた時、必ず「アメリカは日本よりも中国との関係の方が密接」と言って、“中国と対立したら、アメリカを敵にまわすぞ、それでもいいのか”と視聴者を脅しまくってます(*_*)

常日頃は「対米自立」を言いながら、中国批判の世論を抑える時はアメリカ様を使うんだから、誰よりも対米従属派なのでは(?_?)

しかし自民党が野党でよかった。野党の代表にここまで叩くメディアの異常性がはっきりしたし、野党の間にしっかりと反日メディア対策をする時間的余裕がありますからね(-.-)y-

昨日、TBSの『報道特集』で中国特集をやってましたが、相変わらずの尖閣棚上げ論を吐きまくってました。でも“棚上げ”はお互いが守るから意味があるんで、尖閣は東シナ海ガス田の開発を中国が勝手にやった時から、竹島は金泳三がヘリポートや居住施設を作った時、その時点で棚上げ論は破綻していると考えないと(*_*)

因みに『報道特集』では、中国で人気のAV女優の蒼井そらが中国版ツイッターで「日中人民友好」という習字をツイートをして逆に大攻撃を食らったみたいですね。御本人は、こういう状況だから何かしないとと思ったのかもしれませんけど。自分は甘いかもしれませんが、彼女のそういう感性は嫌いじゃないんですよ…(..)

但し、政治家や外交官は言うな!!

「共存は目指すが、共存出来ない相手は断固切り捨てる」

いま求められている政治家、外交官、そして言論人やジャーナリストはそういう厳しいことを言う人間だと自分は思っています( ̄^ ̄#)

PS.ちょっとこういう情報を手に入れました。

●『とくだねスポンサー』一覧(過去含む)

花王、積水ハウス、フォンティーヌ 、日清オイリオ、ヤクルト、小林製薬、アリコジャパン、クラシアン
再春館製薬、キユーピー、リーブ21、ヤマザキナビスコ、イオン化粧品、アメリカンホーム保険、TOEX
不二家、GUTHY-RENKER、バスクリン、ミツカン 、DANONE、ハピコム、エディオングループ、日本直販


早速、自分はこれらの企業に抗議電話をするつもりです!!

寺島さんの解説は一部正しいですね。
北方領土だって、フルシチョフの頃だったかな?
少なくとも歯舞色丹あたりは本当に返す寸前まで行ってアメリカが邪魔した。
 日本がソ連に接近するのを嫌がったとかまあ諸説ありますけど。
 ただ一つ言えるのはアメリカがわざと外国どうしを時に分裂させて、自国の価値を高めようとするのは常套手段です。アメリカだけに限りませんが。

 今回日中が対立すれば日本はアメリカを必要とする。アメリカの価値が高まる。そういうのを織り込んで最もらしいコメントをアメリカはしてるのです。 

外交とはそういうものだし、それを卑怯だ!潔くないとかわめくのはナンセンス。

 ただ、そういう外交に対する寺島氏の対処方法はもっとナンセンスですな。

お決まりの、民間交流の促進だとか・・・。
 そういうのをこれまで日本は延々とやってきて外交を失敗してきたんだけど過去の教訓はこの人にはわからないのかな。

●日本男児 さん
こんにちは!
 「寺島実郎」は、サンモニでもうんざりです^^;

>>「・・・その中で1951年のサンフランシスコ講和条約で、国際社会に復帰する為に日本は台湾を中国に返還した。

 この部分、私もエッ?! と思って難度も確認しましたが、ハッキリ中国に返還したと言っています。放棄ですよね。
 
> 台湾が「独立」するか、「どこかの国と結びつく」のかは台湾人が判断することですよね!!

それがあるべき姿だと思います。大陸に乗っ取られる前に独立してほしいけど、ほとんど飲み込まれかけているような・・・

> 日本が「大東亜戦争」に突入したのは、欧米列強の支配からアジア諸国を独立させようとしたが、「台湾」「朝鮮」は力が弱かったので、日本が一時的に「保護国」にして、充分な力を付けさせてから独立させよう・・・と奮闘努力していたのですよね!!!
(その日本の親切心を逆恨みしている半島人はアホです)

そうですよねっ!世界の勢力図・背景考えずコメントするのはおかしい。
しかも、Chinaが海洋進出への野望をこれだけあからさまにして牙をむいているのに、

「次世代の知恵」だの「若い人達の交流プログラムだとか金融連携だとかエネルギー戦略連携などを積み上げよう」だの笑っちゃう。
 アメリカ依存はやめて・・・の次に防衛力強化!と言うと思ってましたよ。

> やはり、日本の3大悪党「朝日・岩波・日教組」をツブさないとダメですかね!!

GHQがつくった「民団・総連」もいらなーい!

●播磨真悟 さん
>尖閣・竹島問題、安倍晋三総裁就任で、次々と化けの皮が炙り出されてきましたね(((・・;)

確かに! 
China・韓国の正体、安倍さんバッシングのマスコミの正体が露見してきたと思います。
なかなか良い傾向です。

私は寺島実郎は、親米っぽい事を言って実は反米じゃないかと思います。その逆かも。 わからん人です^^;
まぁ、なんだかんだ言って自国の領土を守る気はなさそう。

 考えようで、政権交代して領土的にはピンチだけど、
チャンスにかえれるのは自民党しかいない期待度が高まってきたし、
 この3年間で、ツイッターとかネット環境も進化したし、
メディアの異常性も少しずつ拡散できてると思います。
政権交代当時とはあらゆる面で違うと思うな。

>昨日、TBSの『報道特集』で中国特集をやってましたが、

尖閣棚上げ論ですか・・・もうそんなステージじゃないのに。
棚上げしても、その間に世界の世論を工作されるのがオチですよね。

>因みに『報道特集』では、中国で人気のAV女優の蒼井そらが中国版ツイッターで「日中人民友好」という習字をツイートをして逆に大攻撃を食らったみたいですね。

私もそういう民間の交流はあってもいいと思います。
日本人らしいですね。

>●『とくだねスポンサー』一覧(過去含む)

とくだねはあまり見ませんが^^;、参考にしま~す。

●アイアイのアイ さん

> 少なくとも歯舞色丹あたりは本当に返す寸前まで行ってアメリカが邪魔した。
 日本がソ連に接近するのを嫌がったとかまあ諸説ありますけど。
 ただ一つ言えるのはアメリカがわざと外国どうしを時に分裂させて、自国の価値を高めようとするのは常套手段です。アメリカだけに限りませんが。

 宮家さんだったか?
今までの日本外交で、返還のチャンスは2回あったと言ってましたが、この件かな?
 
 アメリカだけじゃなく、自国の国益の為にいろいろとやるのは当たり前ですよね。 特に反米基地の機運が高まっているから計算していると思う。

> ただ、そういう外交に対する寺島氏の対処方法はもっとナンセンスですな。

そうなんですよ。さすがに元鳩山のブレーン。
 もしKYポポが今も総理やってたら「ボク得意の友愛交流で頑張る!」とか言いそうな・・・^^;

今日ラジオ放送で、バレンチェン選手が、打つまで、取材拒否と、言ってたのに、ある女子アナの取材を、受けてたっ! イヤミではないと、付け足してが、
出水さんだった んダ~
アハ!!

さすが…です!!

ガンバって下さい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "尖閣"をめぐるアメリカの思惑・曖昧作戦 【NEWS23クロス】 :

« 日中、国連で激しい応酬 「盗み取った!」「言いがかりだ!」 【スーパーJチャンネル】 | トップページ | 「安倍さんは仮病」「潰瘍性大腸炎ニセ診断書」というウワサを流す人達  »