フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 田中直紀防衛大臣の中座20分は、コーヒータイムだった 【朝ズバッ!・スーパーニュース】 | トップページ | 【宜野湾市長選】沖縄防衛局長より、市職員労働組合の選挙運動の実態がスゴイ  »

2012年2月 3日 (金)

玄葉外務大臣の『中国と日本政府との密約問題』の苦しい答弁

在中国・日本大使館移転をめぐる中国と日本政府との密約の件ですが、

日本大使館移転で、日本政府が中国と密約か  【NEWS23クロス】

外務省、「口上書」の存在初めて認める (日本政府と中国の密約の続報) 【朝ズバッ!】

自民党の小野寺五典議員が2日の衆院予算委員会で、玄葉外務大臣に質問をしていたのでその部分のみ文字起こししましたdownwardleft(ただし、流れはそのまま要約です)

1


小野寺議員「・・・大変言い難い質問だが外務大臣に質問したいと思う。

内容は、北京にある日本大使館の移転をめぐる中国との密約の問題について伺いたい。

実は北京の日本大使館、約70億で新築した。そして昨年7月に建物が完成した。そして8月に中国に建築確認の申請をしたら、申請にない一部の増築があったということでダメと言われたので、

古い大使館は毎月家賃が2000万以上かかっている。ですから移れば移るほどそれだけ税金がドンドン失われていく。

2

で、外務省は『どうやったらこの建築確認が下りるか』と中国側に聞いたら、

普通なら『建物の中のここを直せば建築確認を下ろします』 というのが常識だが、

中国から来た内容は、昨日外交部会で確認したが、『・日本にある東京の大使館の公邸を造りたい広い土地  ・あるいは様々問題になっている新潟の領事の土地 ・名古屋の領事の土地  について便宜を図ってくれれば、日本の大使館の建築確認は配慮する』って・・・

これを昨日の話では口頭と文書で言われたと。

そしてこれに対して日本政府は、これは大臣の許可も得て、1月19日日本大使館の口上書という形で、国際関係の法規、国内法に則り対応すると。

逆に言えば配慮すると、口上書で日本政府が出したと。そしてその2日後に建築確認が下りてめでたく引越しできましたと。

私の所にはめでたく引越しできましたって話は来なかった。この口上書の話は知らなかった。報道で聞いたのでまさかと思って聞いたら、『いや、出しました』と。

この構図は、外務省が建築確認でミスを犯したのを、中国側にシッポを捉まれて、そして日本にある、住民が反対している様々な土地。領事館造るのにこんなに土地要るのかっていう指摘に関して、外務省として『配慮する』って文書で出したってことにならないか?

言ってみれば、日本政府が中国側の政府ぐるみでハニートラップにかかったんじゃないかと。

この口上書の有無と、中国側の要求について外務大臣に伺う。」

3

玄葉大臣「えっーとですね、これは在中国大使館事務所の移転手続きにかかる調整の過程で、中国側から在日公館建設施設の建設について日本側の協力を得たいとの要請があった

で、我が方は一貫して、我が方在中国大使館事務所の移転と、中国側の在日公館施設の建設は別問題との立場を維持した上で

中国側の要請に関しては、わが国として関連の国際法に従い、中国国内法令の範囲内で協力する」とするという、いわば他国に対するものと同じ立場を表明した

でその際、中国側から日本の立場を文書にしてもらえないかとの依頼があったため口上書にして中国側に伝えた

尚、ご存知のようにウイーン条約等で、中国に限らず在日外国公館の整備の問題については、わが方としては関連の国際法に従って接受国として公館の取得等を支援すべき立場にあり、国内法令の範囲で対応してきているということだが、

もっとざっくばらんに言うと、えーっとですね、dangerこれ元々2008年の6月なんですね。2008年の6月にその増床工事をする、、確かに日本側のミスはあった。中国側にその時通報しなきゃいけなかった2008年の6月に。

本来通報すべきだったのにしなかったのは2008年の時のミスだと思う。そのミスに付け込もうとしたのかはわからないがっ、その後なかなか大使館の移転が進まなかったということで、私も大臣になって相談を受けた。

私からは中国に対して、国内の法令を超える対応はすべきではない。という事と、

我が方大使館の移転の問題と、この中国の在日公館建設問題は別の問題であると。バーターはダメだと指示していた。

4

もっと具体的にいうと、土地の話をされたが、要請はあったが土地の話はない。断っ

たので結局、他国から求められたら行う内容だが、さっき言ったことと、

在日中国公館の建設工事の請け負いに関する中国側の希望に関して、日本の国内法令に基づき可能な範囲で????の精神に立脚していくんだという内容と、

あとは要因の査証ですね、それだけであって、土地の問題は全くないのでそこは誤解のないように。

つまり、ミスに付け込もうとしたのかも知れないけど、そうはさせなかったと申し上げたほうが正しいと思う。」 (謎の大拍手)

5

小野寺議員「すいません。実はこういう口上書を中国以外の国に今まで出したことがないと聞いているし、今回、中国に対してこういう口上書を出したことは初めてだと聞いている。

ということは、なぜこんな異例なことをわざわざ口上書で出すのか

委員長にお願いしたいのは、是非この日本政府が出した口上書と、それから中国政府からこれは文書で来たって言ってましたので、その両方を提出していただけるよう理事会の方で協議していただけるようお願いしたい。」

6

中井委員長「理事会で協議いたします。」

小野寺議員「はい、以上で質問を終わります。」

以上

玄葉大臣の答弁、なーんか誠実さがありませんねぇ。

この説明だとバーターとしか思えませんけど~

しかも、2008年のミスと印象付けてジミンガーと言いたげ・・・

で、日本大使館をめぐる一連の時系列にまとめてみましたdownwardleft

平成18年6月 在北京の新大使館着工

平成21年9月 政権交代

平成23年7月 完成

 (中国側は、当初計画になかった吹き抜けを設けたことなどを理由に「竣工検査に合格していない建物を使用することはできない」として移転許可を留保)

平成24年1月19日 中国の在日公館の移転・整備に協力するとの趣旨の「口上書」を提出

平成24年1月21日 中国政府が移転許可を出す

平成24年1月31日 JNN スクープ報道

小野寺議員の指摘はもっともです。

日本政府と中国がこそこそやっていたんだから、密約ですね。

中国は土地取得が目的なのに、建築許可と日本の国土を交換条件で差し出すような売国行為は許せません。

しかも、外務省のミスかトラップか知らないけどとにかく、その尻拭い! 

あとは、口上書と中国からのその要請の文書の現物の検証待ちですね。

異例の口上書を出したその理由を知りたいわっ

口上書とはdownwardleft

口上書(こうじょうしょ、note verbale)は、外交文書の一つであり、公式な信書である。  目的. 国家間、もしくは国家と国際機関の間で交換(「発出」および「受領」)されるものであり、署名はされない(署名がされる文章は note signée と呼ばれる)。口上書 - Wikipedia

にほんブログ村 テレビブログへ ちょっと共感flair、の方はポチッとよろしく<(_ _)>>

Ebimarubn1mid←風来ユーキさんのチラシ集積サイト

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ! 

« 田中直紀防衛大臣の中座20分は、コーヒータイムだった 【朝ズバッ!・スーパーニュース】 | トップページ | 【宜野湾市長選】沖縄防衛局長より、市職員労働組合の選挙運動の実態がスゴイ  »

Chinaの広大な土地取得問題」カテゴリの記事

コメント

さくらにゃんさん、ウ~ン(*_*)(--;)(-_-;)
とにかく民主党は中国には手も足も出ない(--#)
ルーピーの時は、習近平による一ヶ月前ルール破りの天皇陛下押し掛け会見。空き菅の時は、尖閣での海保船体当たり事件。で、今回のドジョウの密約問題(*_*)
まぁ次から次へとよくこれだけ中国にやりたい放題されるもんだと、呆れるより感心してしまいます(+_+)
民主党のやってる事は、「戦後世界」を正当と見れば、当たり前の事になってしまうんでしょう(..)

ここでちょっと小さな体験談を…(((・・;)
いま、知人が主催する小さな映画祭の押し掛け手伝いをしているのですが、あちこちのミニシアターで場所を貸してと交渉するのですが、中々値段の折り合いがつかないのと、入る隙間が無いので難航中なのですが、とあるミニシアターでちょっと面白い質問をしてみました。

「南京大虐殺の映画は上映してくれますか?」と聞くと、「隙間があればOK」と即答。では、「『南京の真実』は?」と聞くと、「いや、それはちょっと…」と口ごもる。成る程、これが“戦後か”と、妙に納得してしまいました(-_-;)

日本人全員が思い込まされている奇妙な精神的圧迫感をふり払うには、やはり「日本人の学校」「日本人のメディア」「日本人のクリエイーター」を作らないといけませんね( ̄^ ̄)

PS.さくらにゃんさん、《外務省、「口上書」の存在初めて認める (日本政府と中国の密約の続報) 【朝ズバッ!】》の記事で、わざわざ自分ごときの名を出して頂き有り難うございますm(__)m

嬉しかったわァ~p(^-^)q!!!

●播磨真悟 さん

民主党は中国の言いなりというのの証明ですね。

> ルーピーの時は、習近平による一ヶ月前ルール破りの天皇陛下押し掛け会見。空き菅の時は、尖閣での海保船体当たり事件。で、今回のドジョウの密約問題(*_*)

小沢の大勢引き連れた中国詣というのもありましたねぇ(遠い目)
こんな中国媚び媚びの政権、情けないです。

>「南京大虐殺の映画は上映してくれますか?」と聞くと、「隙間があればOK」と即答。では、「『南京の真実』は?」と聞くと、「いや、それはちょっと…」と口ごもる。成る程、これが“戦後か”と、妙に納得してしまいました(-_-;)

映画界に「表現の自由」はないって事ですね。
反日プロパガンダ映画ばかり幅をきかせてる・・・think

映画といえば・・・今、「山本五十六」を見た西部邁さんの感想の記事を書いています☆
長いので結構かかりそうですが、歴史認識上面白い見解なので期待してください。

P.S あの桜の動画はわかりやすかったので、教えていただき感謝good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175781/43970831

この記事へのトラックバック一覧です: 玄葉外務大臣の『中国と日本政府との密約問題』の苦しい答弁:

« 田中直紀防衛大臣の中座20分は、コーヒータイムだった 【朝ズバッ!・スーパーニュース】 | トップページ | 【宜野湾市長選】沖縄防衛局長より、市職員労働組合の選挙運動の実態がスゴイ  »