フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 今年の出来事をブログ記事で振り返ってみた | トップページ | 「新マニフェスト 仙谷氏始動」の記事へのコメント   【朝ズバッ!】 »

2012年1月 3日 (火)

世論捜査する田舎新聞の新春コラム 2012   【日本海新聞】

Ill_kadomatsu01

P_yoro1

お正月、いかがお過ごしですか?

さて、今年初めの記事は、

元旦の日本海新聞(大阪日日新聞)社主のとんでもコラムの紹介をします。

このコラムは、毎度自信たっぷりに民主党応援をし、何故か小沢一郎LOVEが過ぎるのですが、

数ヵ月後のコラムでは必ず「見込み違いだった」という弁?を書いているんです(苦笑)

このコラムを書いている社主の吉岡利固氏は実業家で、グッドヒル(旧エフワン)のトップ。自民党を離党した元田村耕太郎参議院議員は娘婿で元部下。記者職在職のまま参院議員予定候補として署名記事を書き、公職選挙法違反の疑いもありました。

ちなみに、この【日本海新聞】は県のシェア80%を誇る、影響の強い地方紙です。

ここ数年のコラムを通して読むと、その一貫性のなさ、支離滅裂さが笑えます。

一番許せないのは、韓国を賞賛し、日本を「二流国」だと書くその根拠・・・

まず、今年元日のコラムより抜粋

永田町にリーダー不在

001  それを補って復興と新たな成長戦略に結びつけるべき国政があまりにも無力で、国民は2年前にあれほど期待を持って拍手喝采で迎えた民主党政権にすっかり失望してしまいました。

といって批判ばかりの自民党には「民主党がコケるのを待っているだけか?」と懐疑的で既存政党は全く信用されなくなりました

期待された野田首相は、何事にも国民に対する説明責任を果たさず、唯一の政治目標が消費税引き上げとはあまりにも情けない話です。代わるべきリーダーは永田町に全く見当たりません。

 昨年末に北朝鮮で世襲によりトップが代わり、今年は米国をはじめ、中国、ロシア、フランスなどの大国で指導者交代があります。その分、自国内経済政策は保護主義的に働くので世界の基軸通貨であるドルの安値やユーロ圏での金融不安は簡単には去りません。

 強い米国を立て直す指導者は簡単に見つかりそうにはなく、失政を重ねたオバマ大統領の再選は微妙な状況で、米国の強いリーダーシップは当分望めそうもありません。

消費税率アップは間違い

(中略)

橋下市長は国政改革の星

 そのさなかで、本気で政治主導による大阪都構想実現を掲げ、大阪市を含む府民から絶大な支持を得て当選した橋下徹大阪市長は、新しい国政のリーダーとなりうる唯一の存在です。彼を高く評価する石原慎太郎東京都知事や堺屋太一元経企庁長官は人心掌握術と経済政策でともに非常に優れた存在で、これに中曽根康弘元総理の政治力が加われば、残り任期2年となった次の総選挙で一気に政界再編の中核となり得るでしょう。

 橋下氏の主張の中心に「国から地方への権限と財源の移譲」があります。同じように2009年の総選挙の民主党マニフェストで「地域主権の確立」を掲げたのは当時の小沢一郎幹事長でした。地方に金を渡して、地方に使い道を考えさせ、素早く地元で使わせ地方経済を活性化する。それぞれの力量を試される地域間競争の開幕です。近代日本誕生以来、延々と続いている中央集権をぶっ壊そうという発想は、2人どこか似ています

でも、4ヶ月前の 2011/09/06のコラム ではこんな事を・・

期待できる野田新政権

私は野田総理を急速に見直している。そのきっかけとなったのは組閣を含む一連の人事だ。まず驚かされたのは、輿石氏の幹事長起用。党代表になるのに小沢氏の力を借りたのなら、輿石幹事長誕生は当然の流れだ。しかし、野田氏は小沢氏の推した対抗馬の海江田氏と決選投票を経て、党代表に就いた。敵対した小沢グループから、党の要である幹事長を登用することは口でいうほど簡単ではない。小沢氏の了承を得ることなく、野田新代表が独断で決めたはずだ。返す刀で、盟友の前原氏を政調会長で遇している。まさかの3位で野田氏の後じんを拝した前原氏もこれなら顔が立つ。決選投票で応援してもらった論功行賞としても的確だ。二つの人事を見ても、これまでの民主党代表では到底出来ない速攻の力業だ。

私欲なくブレぬ姿勢

 菅前総理が辞意を表明して、いち早く野田氏が出馬表明した時は、私は「財務官僚の手先」と全く評価していなかった。その後、盟友の前原氏が出馬し、小沢グループが一致して海江田氏を推すことになり、一時は泡沫(ほうまつ)扱いの時期もあったが、野田氏はまったくブレなかった。その腹のすわり方にはみじんも私欲を感じさせなかった

 民主党は、かつての自民党のような親分が締め付ける縦型派閥も利権を共有する族議員同士の横のつながりもない。そういう意味で極めてクリーンな政党だ。
唯一小沢グループだけが自民党型派閥選挙を試みたが、野田、海江田両氏の演説を聞けば代表候補としての力量の違いは明らかだった。小沢氏のミスは、トップに立つことへのポリシーを持たない海江田氏を推したことだ。せっかく京セラ・稲盛氏の仲立ちで前原氏と会いながら最終的に共闘できなかったことが敗因だ。野田氏が決選投票に残ったのも、多くの民主党議員が自ら考えて1票を投じ、力強い演説を評価され2位に入ったからで、事前の票固め結果ではない。

ちょっと振り返って2年前2010年のコラムを要約すると・・・

あなた任せ、もうやめよう

Photo わが国の防衛体制全体を問われているような大マスコミの論調ですが、要は米国に代わってアジアが経済的に力をつけ、泥沼化する中東政策の中で、少し米国との距離を広げ、その分中国に接近しただけ

日本の国益には何ら影響はありません

困るのは日本ではなく、これまで在日米軍関連費用を日本に肩代わりさせてきた米国自身なのです。

献金問題も、資産家の母親が金の集まらない野党党首だった息子の活動を裏で支えていた構図で、わいろ性を帯びた金とは一線を画すものです。

有権者自体が政権選択して誕生させた今の内閣は、ヨチヨチ歩きの子どもと同じ。子どもが大人と同じことができないから、といって本気で怒る親がどこにいるでしょう? と、いって自民党への支持が上向かないところを見ると、有権者の受け止め方はまだ変わらないようです。現政権を生み出した責任を有権者一人一人が自覚し、政策を検証評価し今夏の参院選で意思表示しなければなりません。

以前、「理解できぬ鳩山・小沢捜査特捜はそんなにヒマなのか?」というコラムを取り上げて記事世論誘導する地方紙のコラム 「日本はダメな国」「特捜はいらない」にしましたが、

ザッと要約すると、

002_2政権交代は、両氏の疑惑に有権者は「問題としない」という民意を示した結果

私財をなげうって政治活動するのは本来ほめらるべきもの自民党のソレとは全く違う

なぜ特捜が、総選挙後もこの問題を延々と捜査し続けるのかわたしには理解できないこんな特捜ならいらない税金の無駄遣いで、それこそ仕分けすればいい。その捜査情報が既得権益を守ろうとする大手マスコミに、リークされていびつに報じられ世論操作を誘ってスキャンダル化、国会での反転攻勢を狙う自民党を元気づけていることだけは間違いない

 今の日本には両氏は絶対必要な政治家だ。特に小沢氏は一貫して政界再編の主役であり続けた最後の大物でもある。こんな不毛な捜査をしている間に日本を取り巻く景気はどんどん悪くなっている。検察にそこまでの覚悟と証拠があるのなら、早くはっきりと示し幕引きしてほしい。(中略)民主党はまじめによくやっている

で、中でもスゴかったのはこの2008年7月1日コラム

「ろうそくデモ」に見る韓国の先進性(07/01)要約は(Wikipedia)にも出てます。

日本海新聞のコラムでの捏造報道 [編集]

吉岡は日本海新聞でコラムを書いているが、2008年7月1日のコラムで「「ろうそくデモ」に見る韓国の先進性」と題して、BSE問題で途絶えていた米国産牛肉の輸入再開に反対する大規模デモをコラムで書いた。その中で、「ろうそくを持って行進する人々は実に整然としている。黙って歩き、時折拍手するだけ。よく見ると老若男女が入り交じっているだけでなく子供までいる。行進の両サイドを警察官が並んで規制してはいるが、そのわきから出入りは自由で警察側も参加者に対し無用な威嚇は一切しない」と報道している。

しかし、現実にはデモ隊は警察と徹底的に対峙しており、鉄パイプを手にしたデモ参加者たちが、石や割れた瓶、鉄の破片などを機動隊に投げ付けるなどの暴力が頻発している。機動隊のバスが全焼する事件も発生し、放火の可能性も指摘されており、騒然としている。中央日報などの新聞社が襲撃される事態さえ発生している。

そういった誤った認識を元にして、韓国人の民度を賞賛し、デモが起こらない日本を「二流国」と批判した。

とにかく、何故か韓国は素晴らしい、日本はダメ。 民主党は素晴らしい、自民党はダメ。というあからさまな論調なんです。しかも捏造までして

最近のコラムは橋下市長LOVEが過ぎるんですが、さてさて数ヵ月後の評価はどうなるのでしょうかね~

日々、テレビ偏向報道ばっかだし、新聞も捏造記事が混ざっているとしたら、一体私たち国民は何を信じればいいんでしょう??

とにかく!マスコミ報道は鵜呑みにせず、自分で調べて考えましょう!

にほんブログ村 テレビブログへ ちょっと共感、の方はポチッとよろしく<(_ _)>>

Ebimarubn1mid←風来ユーキさんのチラシ集積サイト

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ! 

« 今年の出来事をブログ記事で振り返ってみた | トップページ | 「新マニフェスト 仙谷氏始動」の記事へのコメント   【朝ズバッ!】 »

日本海新聞」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます!

色々な人が日本には生きているんですね(笑)またぞろ小沢一郎とか鈴木宗男とかゾンビのように復活しようとしています
これはプーチンがまた大統領に再度成るのとは全く意味は違いますが、多分プーチンが復活するのにそのルートが有ると思われているせいなのでしょうか…

韓国はしばらくはダメでしょう…貿易収支は二兆円以上の黒字ですが私的にはこの数字も疑っています(笑)本当に黒字なら野田さんが出かけてスワップしてくる必要なんか全く有りませんものね…
李明博大統領が退いてから韓国の状態も明らかになるかな~?
いずれにしても今年は日本も勝負の年です~
邪魔かもしれませんが私もお邪魔させていただきます

おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

早く真の日本のリーダーが生まれて、清々しい新年を迎えられて本当の意味での挨拶が出来る日を心待ちにしております。

来年???

●まほろばです さん
あけましておめでとうございます

>小沢一郎とか鈴木宗男とかゾンビのように復活しようとしています

選挙のニオイがした途端に、今までスルーしていた被災地・選挙区に行ったりしていますねぇ(呆)
古い政治家って、ホントいらない。

今年は、世界の指導者のチェンジが多いので、日本も替わって欲しいですね!!

>邪魔かもしれませんが私もお邪魔させていただきます

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

●asd7030 さん
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します<(_ _)>

今年は解散総選挙、ありそうですよね!

>早く真の日本のリーダーが生まれて、清々しい新年を迎えられて本当の意味での挨拶が出来る日を心待ちにしております。

鬼が笑いそうだけど(笑)期待してます!

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。o(_ _)oペコッ

日本海新聞が県のシェア80%を誇りながら、選挙は自民党の方が強いという事は、県民は社説などは信用したり同調できないということかな?

今年も韓流好きおばさん達のバカ話をたくさん聞くと思うと憂鬱です。
人の好みだからほっとくけど、韓流好きでなきゃ仲間はずれになりそうだから韓流おばさんになるのかねぇ

K-POPもおばちゃん達がキャーキャー言ってるから、これだけバカおばちゃんが増えると、選挙権は人の意見に流されない、まともな判断の出来る人だけにしてほしいワン

●まい さん
あけましておめでとうございます
今年もよろしくね~<(_ _)>

>日本海新聞が県のシェア80%を誇りながら、選挙は自民党の方が強いという事は、県民は社説などは信用したり同調できないということかな?

実は県民は、一番安くて、地元チラシ付きの新聞が便利だから取っているだけで、社説やコラムはトンチンカンだからほぼ信用してないと思う。
 で、民主党の菅や蓮舫他多数選挙応援に入っても、自民党が強い☆

 ここだけの話、韓流好きってとっても恥ずかしいと思う。
今年は、そういう風潮を浸透させる年にしたいよねっ!

>選挙権は人の意見に流されない、まともな判断の出来る人だけにしてほしいワン

今年は解散総選挙あるだろうけど、騙されそうな人はうも投票しなくて良いワン

MUUさんどす、本年もどうぞよろしくお願いします、(^-^*)/

それにしても、このコラム書いてる人って随分と香ばしい方ですね、まぁこういう左翼系の人ってのは、自分の信じたいモノだけを信じ、たとえ証拠やそれに基づいた反証をされても”見たくないモン!”と目をそらし、客観的な比較や検証からは常に逃げ回りますからねぇ(苦笑)
しかしまぁ、日本海新聞って、年明け早々なのに他人を疲れさせてくれますね(笑)

”疲れた”ついでに、というか実は大晦日から正月2日にかけて風邪をひき、郷里へ帰省中に正真正銘の寝正月となり、マジで疲れちゃいました、トホホ、(;_;)
それでも帰省中に、オヤジが旧日本軍に居た頃のハナシをメシ食いながら、少~しだけ聞き出してきました
ちょっと長いですが、折角なので一部だけ紹介してみたいと思います
よろしければお付き合い下さいマシ、<(_ _)>ペコリ

以前こちらで、私のオヤジは満州の部隊に配属されていた、と話しましたけど、それを思い出したので何気なく「昔は満州にいたんだよね?」と再確認したところ、ナナなんと!今度は「シベリアにいた」と言うんです
「はぁ?だって以前は満州に居たって言ってたよ、しかも”シベリア”って事は、それってロシアで”シベリア抑留”されてたって事?満州じゃなかったの?」と再度聞き直した所、結局どちらもホントの話でした

要は、最初に配属されたのが満州の”牡丹江”なんですが、勤務していた所、ハルビンの部隊が敵の攻撃で人員が激減したために、今度は急遽ハルビンに再配属されたんだそうです、そして結局そこで終戦を迎えたとの事でした

ちなみに終戦の電文は、オヤジも直接受電していたとか言ってました
オヤジは通信兵(いわゆるトン・ツーですね)だったので、ハルビンの所属部隊では”次も大事な電文がくるかもしれない!”という事になり、オヤジの所属部隊はそのまま居残り続けたとの事です
まぁ他にも簡単には駐屯地を離れる事ができない上官や部隊もかなり大勢いたらしく、彼らも一緒に駐屯を続けていたところ、とうとう敵軍がやって来てしまい、全員が武装解除させられたそうです
そして居残ったそのほとんどが、当然のようにシベリア行きになった、という事でした

オヤジ達のシベリアまでの行軍では日本兵がバタバタ倒れていき、まさに本当に”死の死の行軍”だったそうです
そういえばオヤジいわく、旧日本陸軍で捕虜経験のあるアメリカ兵などが、しばしば”バターン死の行軍”を持ち出して「日本陸軍による仕打ちははヒドかった!」等と文句を言い続けてる事に触れてきたんです、でもオヤジいわく、「たかが100kmチョットの行軍で、それの一体ドコが死の行軍なんだ!」と、半分怒りながら、かなり馬鹿にしたように話してたんです
そりゃそうです、オヤジ達のロシアへの行軍は、米兵が引き合いに出す”バターンの行軍”よりも、更にもう一桁多かったワケですから(笑)

今回は少しですが、他にもまだ聞いた事もありますので、ご迷惑でなければまたご報告します
(今度はICレコーダーでも持って行こうかな?)

ではでは~、(^ー^)ノ~~~

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 3代続けての政権の体たらくでは、さすがに自民も同じという論調しかないのでしょうね。
 どちらかといえば批判的だったマスコミが橋下氏を今賞賛するのも、橋下氏の唱える地域主権や規制撤廃等は民主党、みんなの党の得意とするところなので、そこと連携もしくは消極的な自民党を批判させたいように思えます。

 地域主権のスローガンが、政権交代を謳っていた民主党とかぶって仕方ないんですよね。橋下氏はタレント出身だから乗せられないか心配です。

 何はともあれ、今年こそは民主党政権の崩壊を実現したいです。

 

●MUUさん
おめでとうございます
本年もよろしくどす(^-^*)/

この日本海新聞社主は、グッドヒルを中国展開しているので、民主党贔屓なのかなぁと思っています。
客観的にモノを見てなくて、普通の贔屓じゃないもん。
毎年、新年のコラムはこんなんです。
多分、県民はスルーしていると思う(笑)

 そんな事より!
お父さんの戦争中の話、聞けて良かったですね~
以前書いたけど、うちの祖父は戦死だし、母は幼い頃数度しか会った事がないので、当時を知る手立てがないからうらやましいです。

結局「満州」と「シベリア」両方なんですねっ
”牡丹江”って有名だから、私でも知ってますワ~

>ちなみに終戦の電文は、オヤジも直接受電していたとか言ってました

すごっ! 生き証人ですね(☆。☆) !!
シベリアまでの”死の死の行軍”・・・

ここまでで、壮絶な戦争映画が出来そうー。
お父さん、手記出して欲しいです。

そりゃ体験者から言わせれば”バターン死の行軍”
と比べて、言いたくもなるわっ


>今回は少しですが、他にもまだ聞いた事もありますので、ご迷惑でなければまたご報告します
(今度はICレコーダーでも持って行こうかな?)

とても興味深いです!
是非、報告してくださいな☆

●いきいき さん
おめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

 3代続けての政権の体たらくで民主党応援が虚しくなり、替わりに橋下氏に目をつけたってカンジ。
とにかく、自民党じゃなけりゃ良い人ですから^^;

> どちらかといえば批判的だったマスコミが橋下氏を今賞賛するのも、橋下氏の唱える地域主権や規制撤廃等は民主党、みんなの党の得意とするところなので、そこと連携もしくは消極的な自民党を批判させたいように思えます。

特にこの社主は小沢が大好きなので、
今後、橋下氏との連携を画策・煽るような気が凄くします。

> 何はともあれ、今年こそは民主党政権の崩壊を実現したいです。

できれば早々に崩壊して欲しいです!

偉そうに…

漢字間違えてるよ(笑)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世論捜査する田舎新聞の新春コラム 2012   【日本海新聞】:

» 青山繁晴「アンカー」1月4日 私たちが決める2012年 「日本政治」と「北朝鮮」を青山ズバリ! (必見!) You Tube [青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ]
本日(2012年1月4日)放送の「アンカー」 の動画を見つけました。 本日も必見映像です! 動画UP主に感謝! ズバリ!キーワードは、「わたしたちが2012年を決める」「総理のウソ」。 番組サイトより 「スーパーニュースアンカー」 (KTV)  http://www.ktv.co.jp/anchor/ ヤマヒロ氏の Podcast 「ヤマヒロのアナ Pod cafe」   http://ktv.jp/podcast/ 関テレ・アナ 村西利恵さんのブログ   http://www..... [続きを読む]

« 今年の出来事をブログ記事で振り返ってみた | トップページ | 「新マニフェスト 仙谷氏始動」の記事へのコメント   【朝ズバッ!】 »