フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 二重被爆者「世界一運が悪い男」とBBCの記事への呆れたコメント  【パックインジャーナル】 | トップページ | 【独占告白】元海上保安官・一色正春氏(sengoku38) (後半)【報道特集】 »

2011年1月23日 (日)

【独占告白】元海上保安官・一色正春氏(sengoku38) (前半)【報道特集】 

TBS【報道特集】で、

一色正春氏(sengoku38)の独占インタビューをやっていたので記録しましたdownwardleft(青字はナレーション)(質問部分のみ要約) 

【独占】sengoku38さんが、読売テレビ記者に託した話と自筆メモ 【ミヤネ屋】

の時に受けた印象も「正義感の塊みたいな人」だったけど今回、より確信しました。

001 金平氏「尖閣諸島ビデオ流出事件で、昨日、元海上保安官の一色正春氏が起訴猶予処分となり一連の捜査は終結しました。

一色氏は昨夜、午後8時から2時間近くに亘りまして、私達"報道特集"の独占インタビューに応じました。

何故映像を流出させたのか。そしてsengoku38とは一体どういう意味だったのか。早速インタビューをお聞きください。」

002

Q:起訴猶予処分が出たが、感想はどうか?

「まっ、予想通りという事です。処分がどうだかなっていう事は思ってませんけど、まっただ今回の事件がこれで終わるのかなと。えー問題の本質を論じぬままに終わってしまうのはちょっと残念かなっていう気がします。」

003 元海上保安官の一色正春氏。

004

去年9月尖閣諸島沖で起きた中国漁船の衝突事件で海上保安庁撮影のビデオをsengoku38のHNで動画投稿サイトYouTubeに投稿した人物だ。

一色氏は国家公務員法の守秘義務違反の疑いで書類送検されたが、昨日東京地検は一色氏を起訴猶予処分とし、捜査は終結した。

005

006まだ多くの人が見れてない映像があの数倍ある訳なので、そこら辺を今後どうしていくのか、それと、もうやむやに終わるのか

私自身は秘密に当たらないと、はっきりとした確信があるからああいう事をやったわけですので、

まぁ議論が噛み合わない時は、最終的には、まぁ公判で裁判でですね、決着をつけるっていうのが法治国家の在り方ですが、結局その道を避けたという事ですよね、検察の方が。」

衝突映像を初めて見た時の印象を一色氏はこう振り返る。

008 次の日にでも公開されるようなそういう感じだったと思うんですけど、隠す理由なんか一つもないんですから、

当時は多分隠すとか非公開とかそういう話は、議論はなかったと思うんですけどねぇ。

あの映像を見て分かる通り、やっぱり逮捕というか、何らかの処罰を下されるべき行為だと、まぁ常識的に考えて思うんですよね。まぁそれが国籍が違うからとか、そういう理由で、えー実質無罪みたいな感じになるっていうのはおかしいと思いますけど。」

一色氏が見た映像は同僚が巡視艇「うらなみ」の共有パソコンに海上保安大学校から取り込んだもの。一色氏はこの映像をUSBメモリーに移した。

009  「業務の参考というかですね、

やっぱり、私の考えとしてはやっぱり海上保安官だったらああいう映像は見ておくべきだと、そういう考えでしたから。

まぁごく当たり前というか、当初は秘密でも何でもなかった訳であります。」

Q:ビデオを公開しなきゃいけないなと思い始めた具体的なきっかけは?

「やっぱり本来、通常海上保安庁っていうのはああいう事件の時は必ずビデオを撮影して、当然それを公開してきたわけですよね、今まで。まぁ恐らくそうなると思って当初は私も事態の推移を見守ってましたけど、

どこら辺からか、どうも外に出ないと。まぁそういう事になってきて、いつ、いきなりって感じじゃなくて、やっぱり徐々そういう気持ちが強くなっていったという事で、、」(CM)

011

一向に公開されない映像。一色氏は自宅に映像を持ち帰る。

Q:最終的に決意のはどんな時?

「うーん、やはり当日ですね。11/4日。まぁあのー何がきっかけとかいう、、まっそういう事は簡単に・・ね、説明できる事じゃないんですけど、いろんな思いが来て、やっぱり止めようか、やろうか。まぁだけど自分しかやれる人間がいない。自分がやらないと という感じでしたけどね。」

Q:逮捕されるかも知れないという覚悟はあったか?

「はい、十分考えてました。」

Q:その時、ご家族や仲間の誰かに相談したか?

「ないです。(ひとりで?) はい。」

012

去年11/4日、一色氏は自宅近くの神戸市内の漫画喫茶からYouTubeに44分間の映像を投稿した。

「漫画喫茶を選んだっていうのはやっぱりあのーー、、宿舎の事情ですね。私がやってる後ろを子供が通ったり妻がね、通ったりしますので、

やっぱり1人きりで出来る場所って、安易に考えてそこにした。まぁそれで自宅で消せばまぁ足がつくって言いますけど、まぁどっちにしろ漫画喫茶にしろ自宅にしろどっちも同じ。いずれはバレるんだと、そういう考えでしたから。」

013

一色氏は当初映像をCNNの東京支局に郵送した。しかし一向に放送される気配はなく、YouTubeへの投稿を決めたという。

「やっぱりそのままの、、何の解説もなしにそのまま見れるっていうのと、44分間丸々見て、見た人が自分で考えるって事ですよね。解説なしで。

まっそういう事が出来るのはやっぱりテレビ局よりああいうもの(YouTube)の方が優るんではなかろうかと思いますけど。」

Q:その後の反響はどうだったか?

015 「うん、思ったより早かったですね、その伝わるのが。

まっそれは正直言ってちょっと、あっこんなに早いのかっていう風に思いましたけど。

まぁ、反応の大きさっていうのは、、ある程度予想通りでした。」

Q:内部告発は素性を明かすが、それは考えなかったか?

「やっぱり実名でやるとなると失敗が、、チャンスが一回だけですよね。結局CNNも名前書いて出したらもうあの時点で終わっていたかも知れないですよね。だからそこら辺が、どっちを重点に置くかですよ。

(絶対に成功させなければいけないと?) そう言う事ですね。やっぱりやるからには中途半端に終わったら何の効果もないわけですから、まぁ目的がもうそれなんで、その手段についての是非もありますけど、より確実に成功させるっていう所に重きをおいとったわけですよ。

まぁ当時、私の頭の中にはもうこれを間違いなく、あのー世に広めると、そういう考えしかなかったですから。

万が一テレビ局にねぇ、直接持ち込んで失敗したらもうそれで終りですよね。だからなるべく色んな可能性を考えて、まっ最終的にはああいう形になった。そういう事です。」

映像を広く知らしめる事に重きを置いたという一色氏。一番の目的はなんだったのか。

016

あの海域で何が起こっているかとか、普段一般の人が知れない所ですから、やっぱり見てそれでどういう事が起こってるか、でみんなどうせんといけないのかとかですねぇ、まぁそういう事を考える事の方が重要だと思います。

私の主張がないって言ったらウソになるんですけど、それは見る人が見て、自分で考えて、っていうのが私の主旨です。だからそこに解説してこれを見て何をしろとかですね、これを見たらどういう風にしろとか、こういう風に考えろとか、そういうようなんはなく、ただあの映像を一人一人見たら、一人一人考えがやっぱり違うと思うんですね。それはもう見た人なりの感想なり考えを持っていただいたらそれで良いと思います。」

一色氏が投稿した映像は海上保安庁が撮影したのべ10時間あまりのうちの44分。今回のように編集された映像ではかえって誤解を生むという批判について、こう答えた。

017「それはそう思います。

あの、っていうか、全面的っていうかまぁそういうビデオがあればね、私も当然やってたでしょうけど

でも手元にあるのがコレだけで。そしたら何もせんでもええのかっていう、百かゼロかみたいな意見でも、

現実的に自分が出来る事っていうのはもうアレしかなかった訳なんで、まぁそれはそういう意見はそういう意見であるし、まぁ理解も出来ます。

でもまぁ不可能ですわね。それこそ本当の犯罪行為でもしない限りは無理ですから。まっそこまで自分の手持ちの駒で、出来る事をやったっていうそれだけです。

出来る事なら全てを公開すべきだと思いますけど。」

018

映像の公開が国家公務員法の守秘義務違反に問われた事については、このように反論した。

Q:あのビデオは秘密に当たるような扱いをされていたか?

「まぁ当初は全く。だと思います。」

Q:公開されなかった事についてはどう感じたか?

「まぁ、一貫してですね。公開しない理由ってのが分からないですから。そういう思惑があれば教えて頂きたいぐらいですけど。」

Q:官房長官も説明していたが、政府がビデオを出さない説明に関して現場の職員としてどう感じたか?

021

全くの詭弁っていうんですかね。裁判の資料って、、裁判なんて現実的に開かれるわけないんですから。まぁ言葉を遊んでるだけですよねぇ。」

政府の方針に反して映像を公開した事については、国民の議論を待ちたいと振り返った。

022

「そういう政府の判断に逆らったっていうのはやっぱり、良いか悪いかと言ったら悪いことでしょうけどね。ただ自分としてやらなければいけない事をやったという、、まぁ逆に公務員はこんな事したらアカンっていう人もいますけど、

自分の中では、一日本人・一国民としてやるべきことをやったっていうそれだけの事です。

まぁ公務員っていうのは、むしろその、、国民全体に奉仕するっていうんですかね、そういう私なりの理屈ですねぇ。まぁその結果、もう職を失うんであれば、まぁ公務員っていうのはもうそういうものかと。

公務員だったら何も考えずに、事の善悪をね、考えずにひたすらやればいいのか。まっそういう考えもありますけど、それはどちらが正しいかっていうのはもうこれからも議論が続いていくところじゃないんですかねぇ。」

023

Q:英雄気取りとかいう事に対してどう感じるか?

「うーん、別にそう思うんだったら思っ、、それもひとつの見方ですからね。まっそれはその人のお考えですから。まぁただ自分の考えはそれと違いますけど。でもそれ違うから考え直せとかね、そういう風に自分の考えを押し付けるっていう事まではもう、、しないっていうか出来ないですし、実際問題。そこまでは考えてません。」

(長くなったので後半へつづく・・・)

後半は、奥さんとのやり取り・今後の事・上司への告白の様子・同僚たちへの思い・

sengoku38というHNの真相・・・などです。

最後の金平キャスターの批判キター!coldsweats02

暫くお待ちください。

にほんブログ村 テレビブログ

にほんブログ村 テレビブログへ ちょっと共感flair、の方はポチッとよろしく<(_ _)>>

Ebimarubn1mid←風来ユーキさんのチラシ集積サイト

« 二重被爆者「世界一運が悪い男」とBBCの記事への呆れたコメント  【パックインジャーナル】 | トップページ | 【独占告白】元海上保安官・一色正春氏(sengoku38) (後半)【報道特集】 »

尖閣諸島関係」カテゴリの記事

TBS」カテゴリの記事

コメント

尖閣ビデオ流出で、保安官が行なった行為は、国家公務員倫理法の
第一条一号
職員は、国民全体の奉仕者であり、国民の一部に対してのみの奉仕者ではないことを自覚し、職務上知り得た情報について国民の一部に対してのみ有利な取扱いをする等国民に対し不当な差別的取扱いをしてはならず、常に公正な職務の執行に当たらなければならないこと。
二号 職員は、常に公私の別を明らかにし、いやしくもその職務や地位を自らや自らの属する組織のための私的利益のために用いてはならないこと。
四号 職員は、職務の遂行に当たっては、公共の利益の増進を目指し、全力を挙げてこれに取り組まなければならないこと。

に照らして合法と考えます。公開は、日本国民全体の利益になっておりすが、秘匿は、中国の反倫理的な行為(事実を逆にして報道など)を助長するものであり、正義に反するこの行為を助長することは、将来的に日本国民の不利益を増大させることになるからです。公正さのあるビデオを秘匿するべきものとする政府トップの判断は、この国民全体の利益の観点に関して不適切といわざるを得ません。守秘義務違反に問うことで犯罪者をつくることはできますが、事実を歪曲し報道してくるのが中国側であることを明らかにできるビデオを秘匿することは、この正しさの判断基準を国際社会に提供することができません。秘匿が一部の経済的な利益の為であっても、秘匿は、その経済行為発展の基盤となる正義を崩壊させてしまうことになります。歪曲した報道をする中国を保護してしまう公正さのあるビデオを秘匿することは、更に多くの不正義を助長し国民全体の正しい倫理感や正義を喪失させることにつながります。従って国家公務員倫理法に照らして、不正義を助長した政府トップの不適切な判断を取り締まることができないのですから、今回の保安官の行為は、不正義を正し公共の利益の増進を目指し、全力を挙げてこれに取り組んだものであると言えます。同様に公務員として職務にあたるのは、「国民全体への奉仕者として」であり、不正義を助長し国民に対し不当な差別的取扱いをしている「政府トップという国民の一部に対してのみの奉仕者に」でないことを明確に識別すべき事例であると考えます。

公務員の在り方について、深慮する必要がある良い事例です。今回の懲戒処分を良しとすることは、不正
を正す浄化力を奪うことになります。これは必ずや、戦争への道を再度促進することにつながるでしょう。
本当の国益を考えれば、保安官は、昇進に値する行為であったと結論できます。

こんにちは。

ようやく海上保安官の話が聞けましたね。
映像はみてませんが。

レジャーボートですら海に落ちることは高層ビルから落ちるのと同じくらい危険だと言われます。
海上での警備業務にどれだけの危険があるのかはかりしれません。
このような仕事をされている人が次々と処分されてことは残念でなりません。


特にここ↓
>問題の本質を論じぬままに終わってしまうのはちょっと残念かなっていう気がします。

すべての責任を役人に押しつけて、さらに「今回の判断が正しかったかは歴史が証明する」などとぬかす問責健忘長官がいた民主には憤りを感じます。

さらに
>万が一テレビ局にねぇ、直接持ち込んで失敗したらもうそれで終りですよね。

は、マスコミ特にテレビは信用ならないと誰もが思っているってことですかね。

今のテレビ局は既得権の電波枠を国民に返上しろ!

●    さん
国家公務員倫理法を書いて頂き、有難うございます☆

>国民全体の奉仕者であり、
>常に公正な職務の執行に当たらなければならないこと。
>公共の利益の増進を目指し、

の部分だけ読んでも、
一色さんのやった事は全く正しい!

で、他の部分も公表すべきと主張していましたが、
本当に至極当然の話です。

>公正さのあるビデオを秘匿するべきものとする政府トップの判断は、この国民全体の利益の観点に関して不適切といわざるを得ません。

政権を行使する資格もないですね。

この保安官が「正義」でなければ、
今の日本に正義はありません。

このインタビューを聞いて、胸が熱くなりました。
一色氏の行動は賞賛されるべき勇気ある行動だと強く思います。

後半の話も凄く良いですgood

●びい さん
こんにちは。

この一色さんの思いは、記録しないといけないと思い、
早起きして頑張りました!

一色さんには、国民として感謝と尊敬の気持ちです☆
尖閣諸島沖での真実を知り、深く考えるきっかけを与えてくれましたからね!
海上保安官の危険な業務とか。

なんで海上保安庁の人達が大勢処分されないといけなかった??
政府がバカだからっ!
特にアノ健忘長官ねぇ。
ホントに腹立ちますthunder

テレビは握り潰すかもと警戒していて良かったですね(苦笑)

SatoMasahisa おはようございます。「産経新聞の1面と3面に防衛相直轄防諜部隊が不当調査、保守系講演会で隊員監視」記事。対象に佐藤自身の講演も入っている。隊員の思想信条の自由を含め憲法違反の疑いがある。これが北沢防衛大臣の関与が明確になれば先の言論封殺通達と同様辞任に値するものだ
SatoMasahisa 大臣命令で保守系講演参加隊員を監視?佐藤の講演内容のどこが「自衛隊に対する破壊活動」なのだろうか?今日、早速、防衛省に確認したい。佐藤は民主党のインド洋の給油を憲法違反とした民主党の政策、暴力装置発言や普天間迷走を批判したことはあっても自衛隊を批判したことはない。
SatoMasahisa 北澤大臣は何故、他の保守系議員の講演には直轄防諜部隊を派遣して隊員を監視せず、佐藤だけ監視するのか?国会で追及された私怨なのか?確認したい。自衛隊員は国家に忠誠を尽くすことは求められるが、政党や政治家の「私兵」にあらず。
SatoMasahisa 大臣直轄防諜部隊による講演参加隊員の監視。記者は裏をとっているようだ。まさにスターリンやナチスを彷彿させる「秘密警察」「監視社会」であり、組織内の人間関係を破壊する恐れもある。北澤大臣が主導しているとすれば大臣辞任は当然だが、議員の資格にも大きな疑問符がつく?

おはよぅ〜(^○^)
ヒヨコにあったヒゲの隊長の書き込み貼ってみたんだが、これって一色くんの行動があったから、

監視体制を強めたと言う事なんかなぁ?

民主党が政権取って1年チョイで、どんどん日本の中国化が進んでいるよね。
今日から国会始まるからヒゲの隊長、裏取ったら北澤追求してくれるんだろうけど、北澤の独断でやっていると言うのもチト考えにくいよね。

●ナナシー さん
おはよーー(^○^)

朝からとんでもニュースだcoldsweats02
自衛隊内部の人も実はイヤイヤやっていて、
産経にリークしたんじゃないのぉ??

これは北澤の私怨と、民主党のビビリ体質が相まって、監視体制を強めてる感じとちゃう!?
でも前回に引き続き、姑息で卑怯なことするねぇ(呆)
信じれんわ!
批判されるのがよっっっっぽどイヤなんだろうね。

ヒゲの隊長とタコ北澤の対決、楽しみ!!!
佐藤議員にはケチョンケチョンにあのタコをやっつけてほしいわん。

さくらさん
ヒゲの隊長のヒヨコ書き込み続報。
ヒゲの隊長相当お怒りのようだが、怒りすぎで冷静な追求出来なくなりそう。

SatoMasahisa 小川防衛副大臣に確認、官房長には説明に行くように指示したとのこと。逃げても仕方がないのに。官房長から何の連絡もない。政府としての姿勢が問われている。名指しで監視されているとされた議員に説明する意志がないようだ。大臣が説明を止めているのかな?何が塾議の国会だ!
22分
SatoMasahisa 防衛省から説明がない、待ちぼうけだ。情報保全隊が佐藤の講演を監視している件について、国対委員長と協議し、参議院自民党の防衛省言論弾圧PTの正式議題となった。徹底的に事実を追及したい。大臣の関与が明確になれば北澤大臣の議員としての資質が問われる
14分前
SatoMasahisa 防衛省官房長が来ない。これで次の事務次官候補なの?逃げるだけでは危機管理対応は無理!
5分前

ヒゲの隊長さんに、やっと説明に来るようだよ。

説明うけた後にまた書き込みしてくれるかなぁ?

SatoMasahisa 防衛省から連絡あり。官房長が18時30分に情報保全隊の監視報道について説明に来るという。官邸との打合せが終わったようだ。国会議員を大臣命令で監視する情報保全隊の役割は何か?佐藤が自衛隊に対する破壊活動を行っていると大臣が見なしているということか?
約30秒前

●ナナシー さん
ヒゲの隊長、頭から湯気出てるんじゃないのぉ??
興奮気味なのが良く分かるね^^;

このへんの経緯も併せて質問してほしいわ~
それが一番分かりやすい。

説明うけた後に、また興奮して書き込みしてくれるかもね!(笑)

ツイッターといえば・・あの鼻くそ女がツイッターで嘘ついて、
文句言われている様子を記事にしたから、是非読んでちょ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175781/38574362

この記事へのトラックバック一覧です: 【独占告白】元海上保安官・一色正春氏(sengoku38) (前半)【報道特集】 :

» 一色元保安官と安倍元首相 [反日勢力を斬る(2)]
政治家への道を期待 尖閣ビデオを公開した一色元保安官のその後の動静が明らかになった。 安倍元首相が会長の議連「創生『日本』」の会合に出席して公開した経緯と意図を話したという。 義憤に駆られた覚悟の上の行動であったことが分かった。 鳥越俊太郎氏はテレ朝「スーパーモーニング」で「単なる愉快犯ではないか」と一色氏を冒涜したことは記憶に新しい。 折りしも民主党政権の劣悪な国会運営で解散総選挙となる可能性は極めて高い。 その場合は、一色氏..... [続きを読む]

» テレ朝、一色元海上保安官を批判 [反日勢力を斬る(2)]
日本のナショナリズムに気をつけろ?! 尖閣衝突ビデオをYouTubeに投稿した一色元海上保安官を安倍元首相が会長の議連「創生『日本』」の会合に招いて勉強会を開いた。 その紹介記事をめぐって一色氏を英雄とみなすか国賊とみなすかの評価が分かれている。 一色氏はビデオをCNNに送付したが無視されてYoutubeに投稿する決意をした。 事実を広く世に知ってもらいたかったからである。 いずれ司直の手が自分に伸びてくることは承知の上だったと本人..... [続きを読む]

« 二重被爆者「世界一運が悪い男」とBBCの記事への呆れたコメント  【パックインジャーナル】 | トップページ | 【独占告白】元海上保安官・一色正春氏(sengoku38) (後半)【報道特集】 »