フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 中国高官「知恵があった自民政権」 認めないコメンテーター【やじうまテレビ】 | トップページ | 稲田朋美議員の菅総理への代表質問 超超要約 »

2010年10月 6日 (水)

小泉総理靖国参拝で冷え込んだ日中関係修復の証言【ニュースバード】

TBS系【ニュースバード】のニュースの視点という特集で、

小泉総理の靖国参拝に端を発した、凄まじい中国の反日行動で悪化した日中間の関係、

絶望とも思われた首脳会談実現した谷内元事務次官へのインタビューを記録しましたdownwardleft(ただし、ナレーション以外は要約)

昨日書いたの記事、『「自民党には知恵があった」という中国外務省高官のコメント』へアホなコメンテーターとアナが、『中国側に都合の良い知恵・・』みたいな事言っていましたが、真逆だっつーの!

001 かつて小泉総理の靖国参拝をめぐり、日中関係が極端に悪化した時期、

日本外交の舵取りを任された谷内正太郎元外務事務次官が、次官退任後初めてインタビューに応じ、当時のギリギリの外交交渉の現場を語りました。

そこには今後の対中外交に向けて多くのヒントが隠されていました。

女子アナ「尖閣諸島沖での漁船衝突事件後、対立が深まっている日中関係だが、過去にも関係悪化の時期があった。

今回はその日中の衝突を乗り越えた交渉の裏側とそこから見えてくる現在の課題をお伝えします。」

(インタビューは政治部・山口敬之記者)

004柔和な笑顔で迎えてくれたのは、谷内正太郎氏。

小泉内閣当時の2002年10月に内閣官房副長官補、更に2005年の1月に就任した外務事務次官が異例の3年間の長きに及び、

小泉・安倍・福田・麻生の4内閣で、事務方トップとして日本外交を支えた人物だ。

.

.

.

005

Q:当時の日中関係は?

007008小泉総理が靖国神社を必ず参拝するという話があって

中国ではそれに対して非常に激しい反対運動で、

当時、安保理準理事国問題もあったし、色んな問題があり、首脳会談が出来ない状況だった。

これは日本にも中国にも非常に厳しい国内事情があったと思う。

日本では、必ず靖国参拝すべしと。

で、ブレないのが高い評価だったと思う。中国もそれを見過ごせないという事で話し合える雰囲気ではなかった。」

009

こうした日中関係が非常に厳しい2006年当時、谷内氏が取り組んだのが就任し立ての安倍総理の訪中だった。

「私は2005年の1月に外務次官になり、それ以降、安倍総理の訪中に至るまで7,8回集中的に、朝から晩まで16時間とかね、協議をずっと続けてきた。」

011  Q:当時の中国側のカウンターパートは?

「当時の外交部の副部長・筆頭外務次官の戴秉国(タイヘイコク)さん。」

今回の尖閣問題で丹羽中国大使を午前2時に呼びつけたのが他ならぬ戴秉国氏だ。

谷内氏はその戴秉国氏と一体どんな話し合いを繰り広げたのだろうか。

.

.

012 「安倍訪中は、総理になられてもう1ヶ月も経たない内に、

電撃訪中と言われたが、

ただトップレベルのコミュニケーションを何とかしなくちゃいけないというのは、次官になってからの事で、

安倍総理が実現するのは、非常に短い時間だった。」

.

.

.

013 (戴秉国氏と、北京で戦略対話をしている最中に小泉氏が靖国参拝し、二人でガックリした話。

急遽帰ろうとしたら、向こうが話を続けたいといい、重苦しい雰囲気で日中両国の未来の為に話し合った話など。

次の年、裸の対話のつもりで新潟の温泉に招待した時の諸々のエピソード。

手違いですっぽかして平謝りした話など。深夜まで話して、お互いに小泉総理は8/15日に参拝すると想像していたとの事。)

次の総理は安倍さんだとすると首脳会談をやりたいが、靖国問題はまたあるねと。」

014

015 Q:安倍首相は中国からも”タカ派”と思われていた?

「そうですね。」

Q:安倍首相になってからは、何回会談したか?

「東京で2回。

1回目はいよいよ安倍総理になった。なんとか首脳会談を実現したいという話をし、二日後に彼は帰国して、それを向こうの上が受け入れるかどうか・・」

.

.

016訪中をめぐる最大の焦点は靖国問題

小泉総理の靖国参拝をきっかけに火がついた反日デモに手を焼いた中国側は、

後任の安倍総理から『靖国神社に行かない』という約束を取り付けたい

他方、安倍総理は『日本の総理の言動を他の国からとやかく言われる筋合いはない』という立場

真っ向から対立する両国。どうやって中国側を説き伏せたのだろうか。

018 Q:中国側は『靖国に行かない事を約束しろ』と言ってきたか?

当然ずっと言っていたが、我々はそれを確認するわけにはいかないと

元々安倍総理は、日本人は参拝すべきというお立場なので、行かないという約束は出来ないと

ただマスコミに対しては非常に慎重な言い方をされていて、あいまい戦略と言われた。『行く行かないは言わない』と。

我々が考えるべきは21世紀の日中関係は世界の中で最も重要な二国間関係にしなければいけないので、色々お互いに国益が同じ方向に向かうように努力する事が次の世代への為にも必要ではないかと。だから非常に大きな枠組みの中で考えなくちゃいけなくて、靖国神社の問題だけが日中間の問題ではないだろうと。」

Q:最初の会談で『靖国に行かない』という言質を要求したのか?ら

行かない事を保障してくれと、そんな言い方だった。」

020Q:日本側は『総理がどこに行くかを他の国から指示される筋合いはない』と主張した?

「もちろん。

そこらへんは安倍総理とずっと緊密にお話しながらやってきた。

直前は彼は官房長官だったのでお会いする機会も非常に多かったから。」

.

.

021 歩みよりは不可能に見られた。しかし戴秉国氏の一時帰国を経て、交渉は急展開をみせる

Q:どうして中国側が折れたのか?

「お互いに分かってる部分と分からない部分があるわけで、

戴秉国さんが帰国して上にどう説明されたのかは分からない。(感触として)正直言って五分五分だった。

安倍政権が成立し、一般の人も、マスコミも直ちに首脳会談はムリだと思われていたと思うが、実現すれば日中関係に大きなインパクトがあると思っていたし”戦略的互恵関係”今でも民主党政権も引き継いでいるわけだから、そういう対極的な未来に向かっての方向性が打ち出せれば大きな意味を持つと思っていた。」

022冷え切った日中関係。譲れない両国。

一見、不可能に見えた交渉が成功した背景にはいくつかの要因があった

ひとつは日本側から交渉を打ち切る選択肢を持っていた事だった。

Q:訪中中止という選択肢を留保していたのは大きかったか?

「実現したいとは思っていたが、向こうが受け入れないと言えばしょうがない話だと思っていた。」

.

023_2

日本側が訪中に拘らない姿勢を見せた事で、中国側は訪中を受け入れなければ安倍氏が靖国に行くとのではないかとの疑念を抱く事になったという。

さらに谷内氏は中国の国内事情を綿密に分析していた。

「この問題で更にお互いいがみ合って、首脳会談も出来ないというのは中国政府にとっても重荷になっていた部分もあったのではないかと推測する。

中国は今、経済開放でこれだけの発展を遂げ、今や世界第二位の軍事・経済大国になって、この勢いがある。

それから元々アヘン戦争以降の傷ついた大国意識もあり非常に複雑な事情があるので、この国と日本が付き合っていくのは歴史の経験もあるし、大変な事。だからこれを何とか長期的に安定した関係にもって行く事を考えないといけないというのがあった。

中国も靖国参拝だけで国家の運命がどうなるかという話ではないはずだと思っていた。だからどっかで全体の日中関係のプライオリティーの中で、トップレベルに常にしておかなければいけない問題ではないと見ていた。

024 反日デモを大いにやれという力はあるが、日本が毅然たる態度をとっていれば、やがてそれが政府に向かって、批判されかねない

つまり反日感情が反政府感情に転嫁する危険性もあるので、その辺は中国の政治サイドは物凄く神経質に見ていると思ったので、どっかで安倍総理を受け入れる余地があるとは思っていた。」

毅然とした姿勢と綿密な分析。

そして最後の決め手となったのが交渉当事者同士の信頼関係だったという。

026  「基本的には外交と言っても、人間を仲立ちにして付き合うわけで、

自分のカウンターパートナーとは、めぐりあわせもあるが、

戴秉国さんは会った時から信頼できる人だなぁという印象をもった。

言っていいのか分からないが、『私は早くこの仕事を辞めて、故郷に帰って畑耕していたい。北京に長く居たくない』とずっと言っていた。

.

.

.

027 当時、大毅(オオキ)大使は、

中国指導部の中で、戴秉国氏ほど真剣に日本との関係を大切にしなくちゃいけない、良くしたい。と思っていた人はいない。と言っていた。

私は戴秉国氏は人間として信頼できる人だと思っている

(戴秉国からもらったお礼の書の話 略)

大毅大使からも聞いたが、戴秉国氏は国内で本当に大変だったらしい。谷内みたいなのを信用していいのかとか

私は安倍総理、麻生外務大臣とか、いろんな外務大臣の方に大変信頼して頂けたと思っていて、バックアップして頂ける自信はあったが

戴秉国さんの方は、ああいう国柄なので、日本けしからんという雰囲気の中でやるのはとても大変だったと思う。」

028

スタジオの話:山口敬之記者のまとめ

002

「この話を通して学べる事は、訪中を止める選択肢をもって谷内さんは交渉に臨んでいたので、譲る事と譲らない事を谷内氏が判断できた。

中国の国内事情で、中国共産党の指導部が何を狙い、何を恐れているのかを非常に良く分析していた。

一番重要なのは、7,8回にわたって戴秉国氏と厳しい交渉を通じて信頼関係が生まれていた事。外交は結局人間同士がやる事。

毅然とした姿勢と綿密な分析、信頼関係

029

今回の尖閣の問題を考えれば、船長を逮捕したら中国側はどう出るだろうか。これは分析力が問われる。

逮捕して、中国側が非常に強く出た先に、日本側がどう対応するか。これはレアアースを止めようが、日本人を拘束しようが日本はぶれないと決めるかどうか。これは毅然とした姿勢

両方、今回は上手くいかなかった。政府は失敗した

更に今回の交渉を通じて日中に個人的な一対一の信頼関係が機能したフシが一つもない

だから、安倍訪中を成功させた谷内さんのインタビューから分かるのは、今回の尖閣問題で日本側は必要な3つのファクターすべて欠けていたと言えると思う

(それについての岡本行夫氏へのインタビュー)

030 岡本氏「中国との新しいチャンネル、バ゙ックチャンネル・裏で非公式に話をするチャンネルが出来たかって言うと、これ全く出来てない

いきなりガチンコ勝負で、日本側の政府スポークスマンと中国側の政府スポークスマンが世界を相手に、ケンカをしてみても、これは段々段々エスカレートするばっかりで、落とし所がなくなってくる。

中国人は、この問題を荒立てないという選択肢はあったと思うが、しかしもう両国の対立が始まってしまったら彼らは絶対に譲れない

というのは、彼らはもう1992年の法律で南シナ海の4つの諸島、それから台湾、????島、それから尖閣。全部中国領土に編入しちゃってる。その時に日本はほとんど抗議もしてないので、最初からもう日本は舐められてるという状況にあったんじゃないか。。

それで尖閣で譲るという事は、彼らの南シナ海での主張にも響いてくるので、これは彼らも絶対に譲らない。むしろ彼らは南シナ海でやっている事を見てもわかるようにドンドンと行動がエスカレートしてきているので、尖閣に対しても彼らはこれから実効支配を少し狙ってくるかも知れない

日中間に、今までのようなチャンネルがあれば、中国側の最高首脳部が今何を考えているかっていう事を情報として日本側が把握して、それに応じた対応ぶりはできただろう

で、中国のチャンネルと共に、アメリカとも話をしないといけない。中国にとってみれば、アメリカが日本の肩を持つのか、それとも中立的な立場を取るのかって言うのは決定的に重要。そうしたら今度はアメリカは日本の肩を明らかに持った。で、これは丁度、日米外相会談も開かれていたし、なんとか日米関係が修復に向かいつつあった為。中国とアメリカと両方をにらんだ外交が必要。」

山口氏「例えば小沢さんの大訪中団がコキントウ主席と写真を撮ったが、この国難の時にもしパイプがあるならばそれを使うべきだった

あるいは鳩山元総理が『私だったら温家宝首相に電話をした』と言ったが、首相としてそれが出来るのなら菅氏も出来るはず。もし鳩山氏が個人的に出来るのなら何故前総理としてそれをやらなかったのか

突き詰めれば、こういうピンチにできないパイプは、パイプではない

外交は結果なので、この政権はパイプがなかったと判断するしかない。

もはや信頼関係以前にちゃんとした話が出来る人がいない。」

031

(この現状を谷内元外務次官はどう見るのか)

谷内氏政と官の関係は相当ガタガタしてきているなという感じがする。下ごしらえは官で実際表に出るのは政治家だが、

032下ごしらえも、オレたちがやる。政治主導だというのが出てきているが、

そうなると、役人はでしゃばるなという感じになって、どうぞおやりになってくださいという感じにやっぱりなってくる。」

(戴秉国氏の書の解説 お互いに辛いだろうと思っていた話 略)

(中略)

(谷内さんのインタビューから学ぶべき事)

山口氏「まず、政治家と官僚の信頼関係がないと交渉が何も出来ない。脱官僚・政治主導言うが、実際に交渉に当たるのは政治家ではないので、

政治主導という名の外交不在をクリアするのは日本国内での信頼関係だと思う。」

033

以上

これだけ努力して築いたアノ国とのバランスを、今回の尖閣沖衝突事件の対応で一瞬にして壊してしまった現政権・・・

外交とは何なのか、分かってなかったんですよね。

安倍政権の最大の課題は、中国への対応だったと安倍さんは言っていました。事務方と十分に練っていたという事です。

安倍元総理"尖閣迷走"菅政権を斬る(前半)  【激論!クロスファイア】

民主党政権が今からパイプ作りをするより、野党に下がってくれた方がよっぽど国益だと思いますけどね~。

とにかく!テロ朝コメンテーターたちの的外れな「ジミンガー」は疑ってかかりましょう。

それにしても、テレビ朝日と比べてTBSの政治記者はなかなかやりますねgood

ブログ村 テレビブログ

にほんブログ村 テレビブログへ ちょっと共感flair、の方はポチッとよろしく<(_ _)>>

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト

« 中国高官「知恵があった自民政権」 認めないコメンテーター【やじうまテレビ】 | トップページ | 稲田朋美議員の菅総理への代表質問 超超要約 »

尖閣諸島関係」カテゴリの記事

靖国問題」カテゴリの記事

コメント

レンホーは、今回の民主党政権の対応はベストだったと言っています。ベターとか止むを得なかったでは無く、ベストですよ。
此れがベストなら、そこら辺に居る小学生にでも外交は出来る。レンホーよ、馬鹿を言うな。

こう言う記事を読んでも、まだ「安倍は何たらかんたら・・・」と言う人が沸いてくるんでしょうね。
無知な輩は。

●八目山人 さん
レンホーさん、黙っていれば賢く見えるのに、
この民主党政権の対応がベストと言っちゃったのは、
致命的(笑)
今の内閣は、外交が何たるか分からない烏合の衆ですねぇ(呆)

まぁ、今だから言える証言なんでしょうが、
こういう事実を知ろうともせず「自民党外交は腰抜け」なんて言う人が理解できません。

安倍ちゃんは、国益を守る事だけを考えていたのに、
保守の中で批判されるのも理解できませ~ん。

さくらさん、まったく同感です。保守を名乗る人が安倍さんを執拗に批判しつづけること、水瓶も理解できません。安倍さんが靖国に参拝しなかったのはそれなりの事情を考慮した上での苦渋の決断と理解すれば良いのですから。ところで、コメント欄で話題の愛犬の手術、無事に成功しますように!dogヽ(^^ )ヨシヨシ

貴重で読み甲斐のある記事をありがとうございます。
私は麻生さんへの執拗なバッシングから遅ればせながら疑問を感じ始めたので、こういったことをもっともっと早く知る努力をすれば良かったと痛感しています。
ホント現政権は何をさせても救いようがないほどダメですね。
実績といったら破壊活動と確認作業(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1044623015 )

さくらさん、これ見て笑ってください^^
仙谷の政治主導 ∵;(;:゚:ж;゚;,);:∵
http://www.news-postseven.com/archives/20101006_2645.html

>>民主党政権が今からパイプ作りをするより、野党に下がってくれた方がよっぽど国益
まったくです。
とっとと消えてほしい(--;

さくらさん、今晩は。

親中政権の民主党が、対中外交で人脈の無さに啼いているとしたら、対米・対欧外交や対中東外交は望むべくも無いという、日本国民にとって、絶望的なことを宣告されているような気がします。

外交は、各国に人脈を持つ人間が、その人脈を駆使して、バランスを取り、国民が世界どこに行っても、危なくないようにすることが理想形だと思うのですが、現政権が維持されると、海外に住む日本人が、無駄に危険に晒される結果になりかねないです。

何故、日本人が、ビザ無しで入れる国が、こんなに多いのか?何故、日本人の場合、入国審査が速く終わるのか?何故、世界各地で仕事ができるのか?これらが既存の政権が残した成果であることを日本人が再認識しなければならないと、私は考えます。

端的に言うと、民主政権が続くと、海外・国内の日本人全体に被害が及ぶということです。実際、私にもありましたし。

追伸:ワンコちゃんの手術は伸びたんですか。自分の飼っている犬に元気が無いと、気が沈んでしまいますよね。ワンコちゃんが、早く元気になることを祈っています。

無能すぎる政権で、外交もそうだけど経済も放置だもんね。日本が本気で傾いてるってのに…。(´Д⊂グスン
この前、クロスファイアみました。
そこでもかたってましたが、まず中国首脳と会うか会わないかからが、外交だって語ってましたねー。
安倍さんが総理だったら安心だったのになぁ。(´Д`)ハァ…
ワンコちゃん、早く元気になりますように。
(ご無沙汰していてごめんね)

さくらさん
また貼らせて下さいね。
名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 13:55:53 ID:U273SbUY0 [1/3]
全国の皆さんお願いします!助けてください!

新潟市が、万代小学校跡地(約1万5000平方メートル)を中国総領事館に売却しようとしています。
さらに近辺の商店街と結託して中華街を誘致しようとしています。
中国側も戦略的に一緒になって計画を進めています。
「市長への手紙」 https://www.city.niigata.jp/tegami/mail1.html

国際課が担当 http://www.city.niigata.jp/info/kokusai/

新潟市 http://www.city.niigata.jp/

233 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 14:10:11 ID:U273SbUY0 [2/3]
近所の商店街が衰退しつつあります。
商店街は自分たちの生き残りをかけて誘致活動しています。
新潟市は決定済みの既定路線を、付近の住民(一部役員のみ。一般市民は参加不可)だけに 説明会を開いて、進めようとしています。
抗議の電話をかけると「反対の声は上がっていない」の一点張りだそうです! このままでは、中国の日本海側拠点にされてしまいます。
中華街ができればアンダーグラウンドでも中国浸透が進みます。
調印が近いです。
力を貸して下さい!□

おこんばんわー (=^~^)o∀ウィー

相も変わらず、よっぱらいのオヤジでスイマセン・・m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・

※変換誤り、意味不明?な行は無視してくださいw

相変わらず、「小泉政権」の批判ですか?

各人、色々な不平は有るにしろ、バブル崩壊以降、日本が一番、元気を取り戻そうとした時だったし、多くの国民(既得権益の上に胡坐を掻いていた"特権階級"以外!)が、新たな時代を期待した時ではなかったでしょうか?

中国に対する問題は、一つの事象で語れるほど簡単では無いと、ヨッパライのオヤジでも、判ってるつもり?です。

単純に、小泉が!竹中が!って、問題ではない。

そもそも、拗れ始めたのは「中曽根」元総理の靖国不参拝。

本人の言葉によると「中国に騙された」らしいですが。

ケチの付き始めは「田中」元総理の日中和平条約締結あたりからだと思います。
※米国の反発を甘く見すぎ、結局、自業自得とはいえ、ロッキード事件で総理の座を追われた。

「田中」元総理の外交政策、脱欧米(脱石油メジャー)、親アジア・中東・アフリカ、・・・

独立国としては、決して間違ってはいなかったと思います!

しかし、結局、「田中」元総理の野望は、常任理事国(特に欧米)に潰された。

※その後、汚沢は米国の言いなりに、多額の米国債を購入し、貿易に関する不当な介入をスナオに受けている!全て「田中」以降の金丸・汚沢がやった事!

その後、「小泉」元総理が派手なパフォーマンスまで(チョット赤面)しての、急速に拡張する「中国」への、米国の同盟国としての日本の立ち位置の確保。

この時期、靖国参拝、湾岸戦争自衛隊派遣など、マスゴミや反日勢力にはトッテモ不評でしたが、北朝鮮拉致家族返還など、外交的には、一番、充実した時期だったと、素人オヤジは思っています。

それなりにウマく行っていた日本外交・・・

それを、インド洋補給活動の停止、普天間基地移転の頓挫・・・etc・etc

ミンス政権(特にルウピィ!)が、全てをグズグズにし、全てをブチ壊した。

その結果が、今回の尖閣列島近海での中国漁船侵犯問題だと、オヤジは認識しています。

改めて言いたい! マスゴミ&ミンス&反日勢力のゴミ共よ、人「小泉」のせいにするな!

全ては、オマイ等、反日妖怪が招いた結果だ!

さくらさん、今晩はnight

かの国とのバランスは、すごい努力で築かれていたのですね。
さくらさんの分かりやすい書き起こしをじっくりと読ませて頂いて、
つくづく現政権との違いを感じました。だめだ、こりゃ、ですね。

官僚に助けて貰わないとどうしようもない集団なのに、
脱官僚とは、厚かましいです!

ワンコちゃんdogの手術、延期なんですか。心配が続きますね。早く良くなりますように。

●水瓶さん
平沼さんにも信頼されてるし、安倍ちゃんサイコー☆
批判する人には、だったら誰がいるのか? と聞きたいです(苦笑)

総理として安倍さんが靖国参拝しなかった苦渋の決断を考えられないのかなぁ。
原理主義すぎはコワイですよね^^;

dogワンの手術、早く済ませたいんですけど、連絡待ちなの・・^^;

●れたす さん
おはようございます。

こういう報道をしっかりするのが、マスコミの仕事、
国益に沿うことだと思いますねぇ。
TBSってとこが驚きでしたけど(笑)

現政権・・・どうしようもないねぇ。
仙谷の政治主導はすごいなぁー(棒)

●sano さん
おはようございます。

もうここまで来たら、解散総選挙しかないよね。
日本が壊れる前に!

・・・と稲田さんがガツンと言ってくれました(笑)
次の記事に書いたから、是非読んで~☆

●Qさん
おはようございますsun

なんか、自民党に対抗して親米路線をただ親中政権に変更しただけなんじゃないかと思いますねぇ。
自民党時代のような、中国の扱い方を知らないまま・・sweat02

外交オンチがここまで露呈しちゃうと、
海外に住む同胞もオチオチしていられませんよね・・
何やってんだかthunder

>何故、日本人が、ビザ無しで入れる国が、こんなに多いのか?何故、日本人の場合、入国審査が速く終わるのか?何故、世界各地で仕事ができるのか?これらが既存の政権が残した成果であることを日本人が再認識しなければならないと、私は考えます。

全くその通りで、日本人もそのへんよく考える必要がありますよね。マスコミは特に!

Qさんもそちらで十分に気をつけてねpaper

dogは元気なんですが、下肢不随なので余計にかわいそうな状態ですweep
早く手術したいんですけど・・。

●とも さん
無能すぎる政権を持ち上げたマスコミ・・・許せんワ~
テレビ脳じゃない人は、その危険性を一生懸命訴えていたのにね!

この記事、安倍ちゃんのクロスファイアとリンクしてるでしょ☆
中国首脳と会うか会わないかからが、外交って言ってたね!
現政権はそれ以前の関係が成立してないんだよ・・

ワンコは、元気だよー。今爆睡してる(笑)
足が全く動かないのがねぇ・・sweat02

●ナナシー さん
ひょえ~
恐ろしい情報ですねぇ・・

新潟市、何やってんの!?
地方の苦悩も分かるけど、これはないワ~・・shock

●war_cry  (=^~^)o∀ウィー さん
おはようございまーす。

酔っ払いさん、これ「小泉政権」の批判じゃないよ(笑)
自民党時代の外交の裏の苦労話って感じかな。

>そもそも、拗れ始めたのは「中曽根」元総理の靖国不参拝。

そうですよねぇ・・・
あそこで毅然としていればねぇ・・・

小泉外交の件は、本当にごもっとも!!
で、この記事は「それなりにウマく行っていた日本外交」という話です☆

>それを、インド洋補給活動の停止、普天間基地移転の頓挫・・・etc・etc
ミンス政権(特にルウピィ!)が、全てをグズグズにし、全てをブチ壊した。
その結果が、今回の尖閣列島近海での中国漁船侵犯問題だと、オヤジは認識しています。

まったくだーーー!! どうしてくれよう!thunder

●リサ さん
おはよう~sun

ホント、綱渡り状態でなんとかバランスを保っていたのに、
一瞬にして民主党は、見事にぶっ壊してくれました。
官僚の裏話は滅多に出ないので、記録しておいたの☆
現政権との違い・・よく分かるよね。

無能政権が「脱官僚・政治主導」なんてちゃんちゃらおかしいワっ!

手術日、早く決まんないかなぁと思いますthink

おこんばんわー

>酔っ払いさん、これ「小泉政権」の批判じゃないよ(笑)
>自民党時代の外交の裏の苦労話って感じかな。

こりゃ~失敬w 人( ̄ω ̄;) スマヌ

いつも「小泉」批判で真実を捻じ曲げるマスゴミに、常日頃、頭に来ていたもので・・・つい。

●   さん
おこんばんわー

>こりゃ~失敬w 人( ̄ω ̄;) スマヌ

どんまいで~~す。
酔ってたし(笑)

>いつも「小泉」批判で真実を捻じ曲げるマスゴミに、常日頃、頭に来ていたもので・・・つい。

ミーツーでございます!

現状の日本にとって中国は輸出入共に重要な国であり、野心的な覇権国家です。不景気な中、対立ばかり起こせない。しかし、靖国など不当な内政干渉は受け入れられない。そんな中の苦渋な外交戦術だったのが伝わってきました。これが理解されなかったのは残念でした。

 特に支援すると思われた保守論陣は村山談話踏襲や早く靖国参拝をしないことに固執する者が多く、改憲への道筋や集団的自衛権の言及、中国包囲外交等の行動をした安部氏の真意に目を向けなかったのははがっかりでした。

 安部政権退陣後、中国の靖国参拝言及が復活、改憲、安保論議はなくなりました。政権交代後は日米同盟弱体化による東アジア情勢の不安定化、新たな謝罪談話、外国人参政権成立の危機まで招いています。
 
国民(特に保守)はこの事実をもう一度冷静に見つめなおして、安部政権を改めて評価し直してもらいたいものです。

●いきいき さん
自民党時代の、微妙な外交バランスを今だからこそ評価して、今後の中国外交に生かしてほしいですよね。
今までマスコミがスルーしていた部分ですけど。

>特に支援すると思われた保守論陣は村山談話踏襲や早く靖国参拝をしないことに固執する者が多く、改憲への道筋や集団的自衛権の言及、中国包囲外交等の行動をした安部氏の真意に目を向けなかったのははがっかりでした。

本当に同感です。小異を批判しすぎて全体を見なかったですからね。
何故、援護してあげなかったのか残念です。
保守って、なんかおかしい。
国益を守るための戦略が必要なのにね!


> 安部政権退陣後、中国の靖国参拝言及が復活、改憲、安保論議はなくなりました。政権交代後は日米同盟弱体化による東アジア情勢の不安定化、新たな謝罪談話、外国人参政権成立の危機まで招いています。

民主党政権になってから、コチラの靖国参拝のカードを早くも自ら放棄して愚策ばっか・・・(呆)
外交オンチ政権がすべて招いたことですねぇ。

Yoshiko Otaka-Yamaguchi, Asian Women's Fund
Life-story, music, photos, etc:
www.yoshikoyamaguchi.blogspot.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175781/37086615

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉総理靖国参拝で冷え込んだ日中関係修復の証言【ニュースバード】:

» 今も共同体に生きるドゥンガと共同体から孤立した中田英寿 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④戦争…... [続きを読む]

» もう [☆美香のブログ☆]
すっかり秋を感じるね〜。この間アメトークで梨芸人が出てて誰だったかなぁ?梨食べると秋を感じるって言ってたの?あれホントだよね☆しかも荒尾梨って言っててうぁ〜地元というか隣町だし♪って感じでちょっと嬉しかったなぁ^^秋は過ごしやすいからいいね☆... [続きを読む]

« 中国高官「知恵があった自民政権」 認めないコメンテーター【やじうまテレビ】 | トップページ | 稲田朋美議員の菅総理への代表質問 超超要約 »