フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「A級戦犯って何?!」by中国人  | トップページ | 『日本の、これから』ともに語ろう日韓の未来 崔洋一の思い上がり 【NHK】 »

2010年8月14日 (土)

火のない所に火を付け回る人々 (仙谷由人と高木健一) 

菅談話菅談話『痛切な反省』に賛否両論  【Nスタ】 》が発表され、案の定いろいろな所に飛び火そうな予感。。。

考えてもおぞましいけど、今後(従軍)慰安婦問題にも火をつけそうな気がするので、

覚書としてお友達関係の弁護士・仙谷由人氏と高木健一氏の事を記録しますdownwardleft 

老婆心だったらいいんですけどね・・・

typhoon高木健一 - Wikipediaより

            自作自演の慰安婦問題 

1993年にインドネシアを訪問し、地元紙に「補償のために日本からやってきた。元慰安婦は名乗り出て欲しい」という 内容の広告を出した。

しかし、インドネシアのスエノ社会大臣は事件を焚きつけた日本人達(共産党・朝日新聞・日弁連ら)に対して

「インドネシア政府は、この問題で補償を要求したことはない」「しかし日本政府(村山富市首相)が元慰安婦にお詫びをしてお金を払いたいというので戴くが、元慰安婦個人には渡さず、女性の福祉や保健事業のために使う」「日本との補償問題は1958年の協定により、完結している」との声明を発表している。

また、インドネシア英字紙「インドネシア・タイムス」会長のジャマル・アリは「ばかばかしい。針小棒大である。一人の兵隊に一人の慰安婦(インドネシアに居た日本兵は約2万人だった)がいたというのか。どうしてインドネシアのよいところを映さない。こんな番組、両国の友好に何の役にも立たない。

我々には、日本罵倒体質の韓国や中国と違って歴史とプライドがある。『お金をくれ』などとは、360年間、わが国を支配したオランダに だって要求しない(インドネシア・タイムス)」との見解を発表し、高木らを批判した。

インドネシアの「兵補中央協議会」元会長のタスリップ・ラハルジョは「東京の高木弁護士の指示を受けて始めた。『早く進めろ』と催促も受けた」とジャカルタ郊外の事務所で産経新聞政治部・阿比留瑠比の取材に証言している。同協議会は、慰安婦登録者を対象としてアンケートを実施していたが、「高木弁護士の文案で作成された」とラハルジョは証言している(産経新聞2010年8月1日)。

藤岡信勝は、高木のインドネシア訪問に関して「自作自演」「火のない所に煙を立てて回っている」等の批判を行っている。

typhoonそして、その阿比留さんの記事ですdownwardleft(抜粋)

【土・日曜日に書く】政治部・阿比留瑠比 仙谷長官の危うい思想背景 MSN産経ニュース - 2010年7月31日

 だが、それ以上に耳を疑ったのは、その際に仙谷氏がフィリピンや韓国の慰安婦補償請求訴訟などに深くかかわったきた高木健一弁護士の名前を自分から口にし、「友人」と紹介したことだ。

 高木氏は、16日配信の韓国の連合ニュースにも登場している。次のような記事だ。

 《太平洋戦争犠牲者遺族会と対日民間請求権訴訟団は16日午後、ソウル市鍾路区の駐韓日本大使館の前で記者会見を行い、「日本政府を相手に明成皇后殺害事件の真相究明と天皇謝罪を要求する訴訟を起こす計画」を明らかにした。(中略)遺族会はこのために高木健一弁護士を選任した》

 仙谷氏には高木氏らとの共著「香港軍票と戦後補償」(明石書店)もある。確信犯なのだろう。

 平成8年、インドネシアでかつて日本軍政時代に補助兵として採用された「兵補」の民間組織「元兵補中央協議会」が、補償要求のため元慰安婦の登録作業を始めたことがあった。

 ≪慰安婦訴訟で暗躍≫

 兵補と慰安婦は直接関係ないが、協議会は、実際には慰安所で働いていない女性でも「何らかの性的被害にあった」と申告した場合は慰安婦に数え、約2万人の登録者を集めた。軍政時代、インドネシアにいた日本人は民間人も含め、多いときでも約4万5千人だったとされる。

 「東京の高木弁護士の指示を受けて始めた。『早く進めろ』と催促も受けた」

 協議会のタスリップ・ラハルジョ会長は当時、ジャカルタ郊外の事務所で私の取材にこう証言した。協議会は、慰安婦登録者を対象に、慰安婦になった理由などに関するアンケートを実施していたが、これも「高木弁護士の文案で作成された」(ラハルジョ氏)ものだった。

 仙谷氏は戦後補償に関連し、日本政府によるロシアのサハリン残留韓国人の帰還事業にも言及している。これに関しても、私は11年に現地で高木弁護士の名前を耳にした。サハリン高麗人協会のパク・ケーレン会長はこう語った。

 「東京で大きな弁護士事務所を開いている高木弁護士が、もっと日本から賠償を取れるから要求しなさいと教えてくれた」

 仙谷氏の友人は、世界をまたにかけ、火のないところに火をつけて回っているようだ。

インドネシアって、毅然として素晴らしいですね。国としての誇りを感じました☆

それに比べて、この高木氏と仙谷氏、どう思います?!

高木弁護士は、何がしたい?! 理解不能です。

弁護士といえば・・・民主党の弁護士議員も同じ穴のムジナのような・・

なんか、どよ~んとしてきましたthink

ブログ村 テレビブログ

にほんブログ村 テレビブログへ ちょっと共感flair、の方はポチッとよろしく<(_ _)>>

Ebimarubn1mid←風来ユーキさんのチラシ集積サイト

« 「A級戦犯って何?!」by中国人  | トップページ | 『日本の、これから』ともに語ろう日韓の未来 崔洋一の思い上がり 【NHK】 »

慰安婦問題」カテゴリの記事

コメント

さくらさん、こんにちは

本当に高木弁護士の言動は意味が判りませんね。ただ、こういう運動を広げると、高木弁護士とそのお仲間が儲かる構造なのでしょう。こういうどちらが悪かが決まっている行政訴訟は、期間が長くなるし、弁護士報酬が、よっぽど美味しいのでしょう。

インドネシアは、さすがですね。スカルノさんの魂が未だ政界に留まっていますね。

彼らが韓国と違うのは、自分たちで独立を勝ち取ったという意識でしょう。

日本は軍制を整え、訓練をしましたが、インドネシア独立を推進したのは、スカルノ氏を始めとするインドネシア人です。戦時中もインドネシアは、日本政府に独立の承認を求めていましたから、この頃から独立する意識が高まっていたのでしょう。

自分で決めて、自分で責任を取る、そういう気概で、インドネシアを建国したから、謝罪賠償は求めないということですかね。

見習いたいものです。

さくらさん、こんにちは。
先日は、ポチっと、ありがとうございました。

私も、ずっと、このお友達関係の仙谷由人氏と高木健一氏は、国益を損ね続けるけれど、
自分達の損は決してしない人達だと思っているんです。
共著まで出していたとは・・・。知りませんでした。これじゃあ、弁護士さんのイメージも損ねてますよねぇ。

不要な事ばかりするから、次々に要求が始まっていてうんざりです。
ほんまに許さへんわっ、って思っても、
悲しいかな、こんな政党が与党なんですよね。悔しいです。

ほいお邪魔します。
σ(・・*)の教え子で弁護士になった子がね、いい師匠を見つけたといって喜んでました。
 #他の方のため、σ(・・*)数学屋さんね♪
師匠の弁護士さんは、
「被害者弁護しかしない」と言い切って
加害者からの依頼は全て断る、そうです。

弁護士は弱者の味方。決して罪を軽くしようとか、必要以上に多くお金を取ろうとか、
そんなことのために弁護やってはいけない。

会ってみたくなりました(涙)

この方から見て、高木って弁護士はどう見えるのかなぁ?
議員になんてなった弁護士はどう見えるのかなぁ?

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

洗濯干して寝ます Oo。(。ρω-。)

さくらさん

おはよぅ〜(^○^)

ちとお願いがあるんですが、次回はこれを取り上げて頂きたいんだが、

http://www.youtube.com/watch?v=_eVkvLzuZWw

●Q さん
こんにちは。

高木弁護士って、日本に恨みでもあるんでしょうかね??
カネのためにはなんでもやる人間なのかな?!なんにせよ、日本人の恥です!

なんで韓国人だけがこうなんでしょうね??
インドネシアや台湾のような誇りはないんでしょうか??

昨日の英霊のドラマで言っていたんだけど、インドネシアは「貧幸」なんだと思います。

「日本も昔は貧幸だった。」
「国の為に死んだ者たちを年に一度、感謝しなくていいから思い出してほしい」という言葉にジーンとしました。

●Lisa_cerise さん
こんにちは。
今日の記事も同感だったのでポチりましたよscissors
京都、いいなぁ~☆

仙谷由人と高木健一・・・恐ろしいです。
仙谷氏なんで政治家になったんでしょう??
政治家って国益を守る人じゃないの?!
弁護士って、両極端ですよね(・・;)

とにかく、余計な事をせずじーっと「ハウス!」しててほしいーー

絶対に許さんけーな。 ←方言^^;

●さきもり さん
こんにちは。

弁護士って両極端ですよね^^;
私は、自民党の稲田さんは大好きです☆

弁護士は、正義の為に働いてほしい。
特に仙谷氏は、政治家として日本の国益の為だけに働けーーっ。

洗濯、家干しですか?(笑)

●ナナシーさん

こんにちは。

にゃんと!!ワタシ、タイムリーです☆
偶然コレ取り上げました(笑)

テレパシーかな?!

ニコニコ、消されそうだから、
ユーチューブのコレ、追加しておこっとpaper

(;´Д`A ```

あつはなつい…。奴らはあちこちに火を付けて周っているみたいですが、私の部屋も暑いです…。クーラーが壊れました。あついぞ~cat

●ネコの子供は子ネコです (;´Д`A ```さん

あつはなつい…。ものですゾ!! ふぁいとー

この悪徳弁護士ら、なんとかなりませぬか?!

昨日は鳥取砂丘で熱中症の被害者が出ました^^;

仙谷某も高木某も火の無い場所で火をつけて
そして後から消しにくるんだな。

●マッサー さん
仙谷も高木も火のない所に火をつけて回って、
燃やして楽しむタイプだったりして・・

カネの為に消すポーズだけかもshock

彼らの影響で、韓国が火の海になったら、大問題です。
韓国は日本、北朝鮮、中国と仲が悪くなり、反米意識も一部にあるので、
北朝鮮が再び攻めたら大変です。
日韓関係は戦後最も悪く、好感度もお互い最悪のレベルに達していて、
韓国人がもっている日本人に対する好感度は北朝鮮と同レベルにまでなってしまいましたしね。
韓国人の反日感情を煽ったとしたら、韓国も日本も両方損ですね。。

●ふんふん さん
>彼らの影響で、韓国が火の海になったら、大問題です。

韓国が火の海になるとすれば、それをやるのは北朝鮮です。
それに関して日本は関係ありませんね。

>韓国は日本、北朝鮮、中国と仲が悪くなり、反米意識も一部にあるので、
北朝鮮が再び攻めたら大変です。
日韓関係は戦後最も悪く、好感度もお互い最悪のレベルに達していて、
韓国人がもっている日本人に対する好感度は北朝鮮と同レベルにまでなってしまいましたしね。
韓国人の反日感情を煽ったとしたら、韓国も日本も両方損ですね。。

はい、反日日本人が跋扈するこの現状が日韓関係を最悪にしていると思います。
日米韓の関係強化が北朝鮮に対する唯一の歯止めだという事を韓国は自覚しなければなりません。
特にパク・クネ大統領は。

弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。


裁判官樋口英明らは、 「虚偽事由で提訴すること(訴訟詐欺)は正当だ」などと主張し実践する福井弁護士会らを相手の訴訟に対して、 「裁判では虚偽は到底許される」 などと被害者に判決言い渡したらしいです。
司法に正義などありません。

原発訴訟団の弁護士島田宏は、「国民の常識が司法に生かされ国民の安全と基本的人権が守られる時代の到来を期待しています」 と述べたらしいですが、 本当は島田宏は、「虚偽事由で提訴したり侮辱したりすることは正当な弁護士業務」 と福井弁護士会長のときから胸を張って主張している人物です。
しかも、あろうことか 消費者庁消費者教育員の職におり詐欺撲滅をうたい文句にしてるとか。
どうして平然と国民を欺くことを言えるのでしょうか。 
詐欺の件、疑うのであれば以下の件、本人に確認下さい。

弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175781/36157946

この記事へのトラックバック一覧です: 火のない所に火を付け回る人々 (仙谷由人と高木健一) :

« 「A級戦犯って何?!」by中国人  | トップページ | 『日本の、これから』ともに語ろう日韓の未来 崔洋一の思い上がり 【NHK】 »