フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« テレビ朝日の姑息なネガキャン | トップページ | 産経 外国人地方参政権アンケート »

2009年8月21日 (金)

ブロガーさん要注意 朝ズバッ!的 ネットの公職選挙法違反

ブロガーの記事が、公職選挙法でひっかかるのなら、

誹謗中傷のみの週刊誌(ゲンダイとか、)や、テレビのコメンテーターの方が影響力が膨大なので、そっちを問題にしろって話ですが・・・・

兎に角、TBS【朝ズバッ!】で「ネットの公職選挙法違反」をやっていたので、レポートします。downwardleft

001 竹内アナ「インターネットを利用して様々な試みが広がっています。

002 公示後は、公職選挙法でサービスが一部制限されるものの、簡単且つ気軽に利用でき、政治離れが言われる若い世代にも関心を持って貰えます。

003

更に候補者側にしても、低いコストで多くの人に直接情報を届けられるというメリットがある、と記事は伝えています。

004

ただ、一方でインターネットでの応援には注意が必要なんですね。それがコチラの日本経済新聞の記事なんですが、、」

みの氏「わかるかわる」

竹内アナ「衆議院選挙が18日に公示され、選挙戦が本格化する中、インターネット上のブログなどに公職選挙法違反に問われかねない書き込みが増えています。

特定候補者や政党に投票を呼びかけたり、中傷したりすると個人のブログや会員制の交流サイトでも違法になります。」

みの氏「あのーーー、インターネットを利用する場合の、ブログとか書き込みとかね、これがねー、もしかすると与良さん、規制がある程度、必要な時代になっているんじゃないですか!?」

006 与良氏「うん、まだ日本の場合はそこまでいってないという感じで、がんじがらめでね、韓国なんかで今、物凄く問題になってるんですけど、、」

みの氏誹謗中傷が、、」

与良氏「ただ、今、徐々に始まってんのが、

例えばあのー、ボクのとこの毎日新聞なんかが、まぁ今さっきも記事の中に入ってましたけども、「えらぼーと」って言いましてね、あのーインターネットのうちのホームページ毎日.JPとか携帯サイトなんかを見てみるとすぐ出てくるんですけど、あのー20くらいの質問を消費税どう考えるとか、憲法をどう考えるとか、年金をどう考えるとかって、自分で考え方を選んでいくと、自分に一番近い考え方の政党はどこかとかね、更に言うと候補者全部のアンケートやってますから、自分の選挙区の近い考え方はどうかとかっていう試みを、まぁ参議院選の時からやっていて、これ是非ちょっとやって頂きたい。みのさんもやってみて、ボクもやったんですけど、ふーんというような結果が出てきますんで、やって頂きたいんですが、

一方で、今言った、ネットの問題ってのは、みのさんの言う通りにまぁ今後ね、拡大はしていくんでしょうけども、そういうようなそのー書き込みとかね、なんかの問題ってのは、韓国なんかでも物凄く進んでるもんですから、、」

みの氏個人情報まがいのね、まがいのね、個人情報まがいのいろーーんなものを書き込まれてねぇ、困っちゃうんだよね。うーーん。ああいうのね、なんか規制できないかと思いますよね。」

与良氏選挙に関係なくね(笑)」

みの氏「ほーんとにそう」

竹内アナ「逆にこう、応援してますって事をブログに書ちゃいけないってのがー、、」

みの氏「それも書いちゃいけないのかも知れないね。」

竹内アナ「そうなんですよね、公示後は。個人のブログ、、」

005この人「公職選挙法って言うのは、この文書とはっていう制限がものすごくありまして、

もともと文書とはっていうのは、こう金が掛かるから配っちゃいけないって事なんですけど、インターネットは全然お金掛からないのに、その文書とはって言う枠に入っちゃうもんだから妙に規制されちゃってるんですよね。」

吉川氏「公職選挙法が出来た時には、こんなね、インターネットの環境なんて無かったわけですからねぇ」

みの氏「だったらねー、あのー、『みのもんた』って打ってだよ、検索してページ広げるとさぁ、あることないこと、滅茶苦茶書いてあるんだよね。あーりゃね、何とかできないかと思うねー。うーん

あのグーグルアース問題になってるでしょ。勝手に家のまわり走り回ってさぁ、玄関にどんな車が止まってんのかって。

わかっちゃうんですよー。おかしいじゃないかって。なんで赤いパンティーが干してあるのって、勝手に、いいじゃないかって。言いたくなる。話はキリがないので次に行きたいと思います。」                   以 上

違う意味で、みのもんた氏はかなりご立腹の様子でした。confident

確かに、『みのもんた』で検索すると、過去の失言とかいっぱい出てくるけど、それは言いたい放題言ってるから自業自得です。

で、ネットの公職選挙法違反の件は、周知は、しといた方がいいかも~

でも、徹底はムリですよねー

« テレビ朝日の姑息なネガキャン | トップページ | 産経 外国人地方参政権アンケート »

朝ズバッ!」カテゴリの記事

コメント

なんかこの報道は、意図的にやったような気もしないでもないなぁ。応援はいいはず。ただし。個人名を出したり、個人の党を出してはいけないという話だよねー。しかしここにお金は絡んでないし、ただ日記の一環で書いてるのにねー。
それから韓国では・・・ってのがよくテレビ業界で使われますけど、韓国って未だに言論弾圧されてる国だからこそ、ネットでそうやって書くようになってしまったわけで。w
日本のように自由だけがある国ではないところを見習ってもねぇ。w
腑に落ちない番組だったネー^^;
私達は特定の政党や名前は30日までは出さない方がいいのかなぁー。

●とも 様
「投票の呼びかけ」と
「中傷」
がアウトな訳で、

自分の感想とか、本当の事なら別に関係ないって事じゃない!?

「中傷」の部分なら、ゲンダイや、やじうまプラスなんか、完全アウトだよー!!!

応援もダメなんて、おっかしいー
テレビなんて、全部アウトじゃん(笑)

それから韓国では・・・っての、当てはまらないよねー
モラルのない国は、誹謗中傷合戦になるのは目に見えてる。法律守らないし、韓国の言論弾圧は異常だもんね。

>特定の政党や名前は30日までは出さない方がいいのかなぁー。

出しても構わないってことだよ。誹謗中傷はダメだから、しっかり真実のみを書くように♪

あの人達、ネットやブログの言論が怖いんだね。でも、テレビ番組の報道が放送法に反してるか否か。その内容が法の趣旨に照らして妥当か否か。そんな諸々の点について論じることは公職選挙法にまったく無関係。だからこのブログは法に抵触しようがない(笑)。scissors(^^ )

はじめまして、いつも楽しく読ませていただいています。

本件のネットにおける公職選挙法抵触の件、可笑しな話だと思いますね。
公共電波では偏向報道を、堂々と垂れ流しておきながら、インターネットで堂々程度の事を行うと違反と言うのは、些かも理解に苦しむ現状ですね。

これからも楽しく毎日読ませていただきますので頑張ってください。

●水瓶 様
ネットやブログの存在は、テレビ業界にとって、痛し痒しでしょうね~

このブログは、テレビを丸写しにして、みんなに周知するという趣旨なので、全然平気です。
やばいブロガーさん達は、ちょっとだけ遠まわしで書きましょ♪ってことで・・・(笑)

●たくま 様
読んで頂いて、ありがとうございます。
これでも結構時間かかってるので(打つのが遅い^^;)、励ましがうれしいです!

ネットでの公職選挙法違反を取り上げるのは、ヘンですよねー。
こんなのでいちいち捕まってたら、日本中全滅ですよね(笑)

そんなことより深刻なのは、偏向報道ですからー!
しかもテレ朝なんて、今日も中傷悪口大会でしたよ。
あれ、捕まえて欲しい。
記事にしたので、また読んでくださーい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175781/31042422

この記事へのトラックバック一覧です: ブロガーさん要注意 朝ズバッ!的 ネットの公職選挙法違反:

» テレビを見ない日ってあります? [テレビと仲良しさん]
テレビばっかり見ててよくあきないねー言われます。 [続きを読む]

» 日本を徘徊する「ネット選挙運動禁止の亡霊」 [風流庵]
マルクスは「亡霊がヨーロッパを徘徊する―共産主義という亡霊が・・・」と言った(1848年2月「共産党宣言」)。 ganjii は「亡霊が日本を徘徊する―ネット選挙運動禁止の亡霊が・・・」と言う(2009年8月イザ!「風流庵」)。 ホントか? ということで、暦(こよみ)を繰(く)ってみた。 政府が公職選挙法を施行した1950年(昭和25年)当時、日本にはテレビもパソコンもインターネットもなかった。立候補者の情報を伝達するメディア(媒体)としては、手紙、葉書、ビラ、チラシ、ポスター、パンフレットなどの《... [続きを読む]

« テレビ朝日の姑息なネガキャン | トップページ | 産経 外国人地方参政権アンケート »