フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« とてつもない日本のコンテンツ 後半 | トップページ | 横峯 青木 浅尾 いろいろ注目 »

2009年7月24日 (金)

ネガティブキャンペーン  【ワイドスクランブル】

民主党政策集《INDEX2009》 と、自民党ネットCM

テレビ朝日の【ワイドスクランブル】で取り上げてました。青字はナレーション)

(ソマリア沖の海賊対策に関しては、これまでは海上保安庁が対応と主張していたが一転)

・海上保安庁のみでは対応が困難な場合は、シビリアン・コントロールを徹底した仕組みを整えた上で、海賊発生海域に自衛隊を派遣する事を認めます。

(延長に反対してきた)

・インド洋での給油支援活動についての項目自体なくなっていた。

これに対し、麻生総理のぶら下がりの答弁「あれだけ国会で反対して選挙が近くなったら現実的になった。ブレたっていうのはそういうことじゃないか、と言いたくなるけどね。」    (以上ビデオ

(一方自民党は、秘策のネットCMを公開した。)

男 : ボクの方がキミを幸せにできる。
   ボクに交代してみないか?
   バラ色の人生が待っているよ。

(ナレーション愛を語る男性、その姿は民主党の鳩山代表に似ているようだ)
   

出産や子育ての費用も教育費も、
   老後の生活費も介護の費用も、
   ボクに任せれば全部OKさ!
   高速道路も乗り放題だよ!

女 : お金は大丈夫?

男 : 細かいことは結婚してから考えるよ!

女 : えぇぇぇーー・・・

根拠のない自信に人生を預けられますか?

根拠がある。自民党

(実はこのCM、無計画でプロポーズする男性をモチーフに、民主党の政策は非現実的と批判する自民党のネガティブキャンペーンのひとつだという。)

政治評論家 有馬氏「見た時に、上手い演出だと思いましたけど、ただ基本的にはこういうネガティブなやり方というのは”野党的”という感じがします。実現性がないよと訴えるくらいしか、今の自民党には民主党攻撃の材料がない。」(ビデオ)

政治アナリスト 伊藤敦夫氏「あのー、一言で言うと、自民党なんか野党になっちゃったのかなって。選挙前に。なんか落ちたもんだなぁ。まぁ私自身が昔、自民党にいただけに非常に寂しい思いがしてですね。

なーんか僕、逆効果だと思いますけどねー。流せば流すほど。」「第一、自民党自身ののマニフェストはまとまり切ってないわけですから。自分たちが何をするかって言うのをを明確に打ち出した上で、相手をある程度攻撃するんだったら分かるんですけど、相手の攻撃ばっかりに力を入れてるってのが、いかに追い込まれてるかって言う事を自ら、証明しちゃってる事になりますよねー。」

川村氏「各政党ともインターネットを積極的に活用して、ユーチューブで各党共政党チャンネルってのを持ってるんですけど、やっぱりアニメ政策をああいう形で作って、お金をつぎ込んで、まぁ相手を追い込んでいくネガティブキャンペーンを張れる政党と大きな政党の資金というものが・・・(新聞広告の比較で自民の党首力の無さの話)・・・・しかし、相手を批判するだけのネガティブキャンペーンであっては、私はなんか自らがぶれない様にすることの方が先決だと思いますけどねぇ。」

あと、業界団体を回る麻生総理さんは、街頭演説で人が集まらないからだとか、一方の民主党鳩山氏は、街頭演説が精力的だとか。民主は小沢氏が選挙を仕切るようになってから力がついたとか、

芸能レポーターの福岡翼が「一日のうちに12団体を回るのは、びっくりした。透明性は出てこないんじゃないか」とか。

あと、ごちゃごちゃずっと悪口言ってたけど、民主党の大ブレ大転換の政策への批判は一切、これっぽっちも、カケラもなしです。think

スタジオでの自民党の悪口だけが耳に残りました。それが狙いのテレ朝。

いつもあからさまで酷すぎます。

テレビは、いつも麻生総理のあることないこと、針小棒大に伝え、大々的なネガティブキャンペーン毎日やってますけど・・・、襟を正してから自民党を批判しなさい。

方向大転換した民主党へのコメントが皆無で、コメンテーターがよく務まりますねー、伊藤さん。民主の政策のブレを解説するのがアナタの仕事なのでは!?

ネガキャンを卑怯だと言わんばかりのそれぞれのコメントですが、そっくりそのままテレビ局にお返しします。

テレビ朝日は、あの椿事件体質がちっとも直りませんねー。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

ところで、先日、宮崎哲弥さんの番組で、民主党の環境政策の決定的欠点3点をやっていたので、ただ今文字起こし中です。

でも、テレ朝が目に余ったので、先に記事にしました。 

にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ ←ちょっと共感。の方はポチッとよろしく<(_ _)>>

  

マスコミと新聞が隠したがるブログ

« とてつもない日本のコンテンツ 後半 | トップページ | 横峯 青木 浅尾 いろいろ注目 »

コメンテーター」カテゴリの記事

ワイドスクランブル」カテゴリの記事

コメント

民主党が政権とって与党になっても、民主は叩かれないでしょうね。その前に怪しげな法案を出そうとしています。マスコミに対して。あーもーヤダーコノ政党~~。
あ、文字起こしお疲れ様でした。w
次も楽しみにしてます^^!

民主の政策の大転換、ブレてるなんてレベルじゃ無いのに、全然叩かれない・・・(-_-;)
マスゴミー、そりゃないよ~

あー例の法案・・・サイアクー

根拠のないネガティブキャンペーンをやってる連中が自民党を批判する資格はないと思う。まったくの恥じしらずぶりに笑ってしまうね。ところで、週間朝日の表紙、ひどいね。麻生総理の顔に被さるように、自民分裂の文字だよ。朝日の辞書には卑怯と卑劣の文字しかないようだ。と、コメントしてるうちに冷静になってきた水瓶なのです(笑)。さくらさん、これから暑さが厳しくなります。ご自愛下さいね。

書き起こしお疲れ様です。
これ途中まで見てました。
途中から『いいとも』にゲストでさんまさんが出てたので変えましたけど・・・。

政治評論家の有馬って、いつも予測を外しているじゃんね。
何で、いつまでも使ってんだろう?
偏向用に便利なんでしょうね。

今まで、自民の批判をしていますが、赤熊はマニフェストが出揃うと、民主を批判すると思います。
だって、選挙特番は一方的な勝ちを事前に報道してたら誰も見ないから。
だから、
自民党を(ささやかに)擁護。
民主党を(ふりでしょうが)バッシングをするでしょう。
でも、それを喜んでいいのか悪いのか・・・さて?

●水瓶 様
ネガティブキャンペーンは、マスゴミの専売特許ですね(笑)
このプロポーズ編、結構いいと思うけどなぁ~
笑ってしまえるところが、少なくともマスゴミのよりは、遠まわしで品があるような・・・

週間朝日の表紙ですかー!?
朝日系のやる事は、「卑怯と卑劣」・・・そのとおりっ(笑)
水瓶さん、また、本屋帰りですかー!?

●赤熊 様
この番組、出だしは良かったですよねー!
なのに、終わってみればいつものテレ朝でした(苦笑)

私も、有馬氏も伊藤氏も偏向用コメンテーターとして重宝なんだと思います。
きっとマニフェストが出揃うと、またそれぞれに言い合いをさせたり、するんでしょうね。
で、政治評論家特需ですねぇ。

>自民党を(ささやかに)擁護。
民主党を(ふりでしょうが)バッシングをするでしょう。

そうですね、いい塩梅でやるんでしょうね~^^;
反自民の評論家だけ集めて。

歴史(椿事件)は繰り返す、ってところでしょうか。

なんだかマスコミも民主党も露骨な感じになってきましたね・・・。(いや、それは以前からでしたね・・・)
麻生総理が民主党のほうこそブレた、という内容のことを仰ってましたけど、ああ言いたくなる気持ち分かるような気がします。
民主党の政策や代表がもっとまともで麻生さんとも良い感じでライバルのような関係だったら、民主党に「試しにやってみれば?」という最近よくある理由での投票もアリだと思うんですよ。
そういう互いに張り合いのある選挙を体験してみたいものです。

●mura 様
>歴史(椿事件)は繰り返す、
ですねー。怖い事です。
はい、ますます露骨な感じにですね~
麻生総理の発言も分かりますよねっ(笑)

>民主党の政策や代表がもっとまともで麻生さんとも良い感じでライバルのような関係だったら、民主党に「試しにやってみれば?」という最近よくある理由での投票もアリだと思うんですよ。
そういう互いに張り合いのある選挙を体験してみたいものです。

ですです。そのとおり。
正常な党への政権交代なら、大歓迎ですが、
民主党がアレなので、とても「ちょっとやればー!?」って気になれないのが、つらいとこですね^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175781/30679428

この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブキャンペーン  【ワイドスクランブル】:

« とてつもない日本のコンテンツ 後半 | トップページ | 横峯 青木 浅尾 いろいろ注目 »