フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« NHK VS 朝日新聞  ←BPO  | トップページ | 小沢元代表を偲んで・・・ »

2009年5月10日 (日)

NHK VS 朝日新聞  ←BPO その2

愛川欣也パックインジャーナル (3)NHKに第三者機関が「自主・自律を危うくする」と意見 のレポートです。(前記事の続き)

NHK教育テレビ『ETV2001シリーズ戦争をどうさばくのか』第2回「問われる戦時性暴力に関する意見書を手に持った吉岡忍氏

-BPO委員の吉岡忍氏がBPOとは自主的な機関で、NHKと民放連で出来ているとの説明・この件は最高裁でも既に判決が出たもの。8年前の番組だから検証は非常に難しい。等 一通り説明後・・-

003

吉岡氏「・・・・NHKの最高責任者・番組制作局長が放送前に政治家に、当時の安倍、当時副官房長官・中川さんあの~後に酔っ払って大変な問題を起こした人ですけど、その人たちにこういう番組になりますよ。ということを説明したんですよ。これから放送する番組ですよ。そりゃやっぱまずいだろうと。だって普通やんないでしょ。絶対。新聞だってやんないでしょ。で、NHKってのは特殊なとこがあって、放送法によって予算だとかそういうものを国会で承認もらわなくちゃいけない。・・・それで頻繁に政治家に会うということは、仕組みとしてあるから。・・・」

-それぞれ事前チェックを受けに行った。と決め付け意見-以下勝手な妄想での議論

田岡氏それは拙いとか止めろとか、なんかいろいろ言ってんだもん

愛川氏「・・・はNHKの態度に関してね、かなりいろんな形で報道してましたね。それに対してNHKと争って、朝日新聞はウソをついているというような感じで随分やってましたね。」

田岡氏NHKのね、普通のニュースでね、朝日新聞の虚偽報道とか言ってるんですよ。ところがね。結局その後で、松尾なんかもね裁判で結局認めちゃったわけ。NHK側がそれがこの中に(BPO意見書)反映されてるわけ。で、最高裁ではNHKが勝ってる形になってるけど事実関係に関しては最高裁も同じ事を認めているわけ。入ってないから。だからNHKが虚偽報道だといった放送ね、NHKのニュース、あれウソの報告をずーーーーっと流したわけですから、あれ僕は慰安婦問題の特別番組に反したよりもっと悪質な話で、あれをねガチッと調べて」

下村氏なんの謝罪もないわけでしょ!?」

田岡氏「そうそう」

二木氏「・・・・まず番組の放送の前に安倍晋三・中川昭一両氏に見せているわけですよね。その後に急遽作り変えますよね。この事が会いに行ったことの関連性ってのはBPOとしてはどう考えますか。」

吉岡氏「あの~、ソコのところは判断をしてないです。してないって言うか、会ってその足で永田町から局に戻ってきたその足で一旦できた、粗編集したものを観て編集に関わった。しかも製作者が関わったわけじゃなくて国会担当の局長さんもそこに出てきて、ここはこうするべきだああするべきだ、ということで関わったんですよね。・・・その政治家に会った時にどういう話をしたのか。これは一般的な話をしましたと言っている。会ったことと、改変に影響したのか影響してませんでしたと言っている訳で・・・・変わろうが変わるまいが、会いに行くという行為それ自体が自主自立を侵している。その中身については触れていません

田岡氏贈収賄事件なんかだと完全に関連アリですよ。・・・・」

吉岡氏「・・・・NHKは改変したことは正当な行為だったんだと。改変したことはね。それは中立公平性ってのを保つ為にこの番組の中で中立公平を保つためにやったことであって別に政治家の影響を受けたことではありませんということを、言っているわけなんですよね。でもここで(意見書)言っているのは中立公平性って言うのはテーマによってきちんと出てくるわけであって・・・・一番の根本にあるのは自主自立ということを言ってるんですよ。・・・」

田岡氏「・・・・NHKを観た人が騒いでいるのは、NHKは台湾人の反日感情みたいなのをやってるわけですよ。日本語上手であれだけ。植民地時代に差別があったということで、そればっかり取り上げてけしからんと言うんだけど、僕も台湾行って気がついたのは、むしろね、一般的に親日なんですよ。しかし、それでも日本の支配下で彼らはかなり屈折したとこもあるんだなぁと。・・・

この番組、面白いじゃないのと。その部分だけ見ればね偏っておると。台湾人の日本人に関する感情をね、一部だけスポットライトあててるんだけど、一般に気がついてないから、こういうのもあるんですよと出すことは僕は意味があると。」

吉岡氏「この問題については永田町で相当に政治家が反日だと言うことを言ってますよね」

二木氏「・・・NHKの予算ってのは国会の承認を得なきゃいけないということでどーしても首根っこをつかまれているというのがひとつ。中立公平性の問題と・自主自立の問題で言うと新聞とテレビ、全然違うんですよ。

それは放送法で4条に一方に聘してはならないっていう二行なんですけど、この二行がものすごくテレビの報道を縛ってるんです。・・・新聞は論説委員・テレビは解説委員ですよ。この違いはなんなのかっていうと、

論説は自分の思ったことを論説するわけですよ。テレビは論説をしてはいけないんです。公平性で。だから物事起きた事を解説することはできるけど、けしかるとかけしからんとか論説はしてはいけない。NHKも含めて民放にいる人は全部解説委員なんです。新聞は論説委員なんです。この差って言うのは放送法の4条なんです。だからこういうの(BPO)は正しいとか言っちゃいけないわけで、その中で規制で必ず言うのは、BPOが出来るのは{関西・納豆のあるある}だったわけで、だったら規制強化しようかって話になってくるから。・・・民放連は自浄作用をつけようというのはある意味で砦だと思うんですよ。

NHKの蓋然性の問題としては二人の政治家に会って、編集したとなれば、意図が働いたと思います。一般的にはね。そういうようなことについてNHKはどう思っているのか。質問なんですがBPOに対してNHKはどう対応しているのか。

吉岡氏「・・・こういうの出して一週間か10日ですけど、返事を待っているんですよ。・・・今その返事がまだきていないところなんで、ただ今日の朝日新聞にNHKの経営委員長が政治家に会うのはまずいよと。・・・これ僕はある進歩があったわという風に思いますよね。まっ当然のことなんですけど・・・」

-脱線話 政府が関与するとロクなことにならない。みたいな話-

愛川氏「じゃあBPOを広くしてね、そこが監視したらどうですか。それ自体各政党が考えてもらいたいね。総務省にペコペコして来るんじゃなくてBPOを拡大して・・・   」

愛川氏「空を飛んでる電波だって、国民のものでしょ!?それを利用して民放もあるわけでしょ。民放自体だって、目の前にあるスポンサーの皆さんの意向を気をつけながら放送していると。電波は国民のものを使って、企業はこんなに儲かって、新社屋が出来てるという中でね。そういうBPOみたいな組織をもっともっと大きくして・・・・・・ 」

-BPOの意見書は8ケ月かかったそうです。「ボランティアだから大変で、本当にやせ細りますよ。裁判員なんてもんじゃない。」とのことです-

横尾氏「吉岡さんのような人がいるからなんとかもっているわけで、そういうボランティアがいるから。NHKにだって問題提起ができるわけで、いなくなっちゃったらおしまいです。」

愛川氏「国家なんてね、どっちに曲がって歩き出すか、分からないってこといっぱいあるじゃないですか。そういうときに一番弱くなるんですよメディアは。 」

田岡氏「弱くなるどころかね、むしろ自分が先頭に立つんですよ。」

戦争の時はそうでしたね。」by元朝日記者 下村満子氏

田岡氏「北朝鮮問題だってそう。NHKなんて明らかに公平じゃない。・・・」

-BBCの話に脱線。BBCは税金で直轄だと-

愛川氏「そこでね、政権交代のある民主国家!!」   「そうだそうだ!!」「そこに戻るよね!」

愛川氏「(大声で)政権交代があるから癒着が出来ないし、・・・自主性がメディアに出来る。」

-BBCは独立しているから素晴らしいけど、NHKはゴロニャンだと-

愛川氏「もう一回言わせてくださいよ。政権交代ですよ。政権交代が行われる国家ではね、・・・メディアを動かすことが出来ないってことなんですよ。」

愛川氏「・・・それが選挙だっていわわれば・・・やっぱり政権交代だよ~。政権交代が行われてそしてその事がひとつの掃除になって・・・」

横尾氏民主党政権が出来たら、NHKに説明に行かないですよ」「そーですよ」

田岡氏「あの時だってね、テープ出したら良かったんですようちは。そうしたらぐじゃぐしゃぐじゃぐじゃテープ出さないから」

愛川氏「そうだ朝日新聞テープ出せば良かった。」(CMへ)

※すっごい長かったので、かなり端折ってます^^; 同じ事繰り返してるし、大したことは言ってないし。特に下村満子氏のジャーナリスト論熱弁は鬱陶しいので全部カットしました。

要するに、BPONHKに「政治家に事前に会っりしたら自主自立していないんじゃないの!?」という意見を言ったってだけの話ね。

安倍さんも中川さんも「圧力はかけていない」と完全否定しているのに、「政治家とNHKの癒着」と相変わらず、巧みな印象操作。

朝日新聞って、「政治的圧力があった・政治介入だ」と報じ続けたけど、それは無かったと一応結論出てるような・・・   まっ、反論があればそのテープを出せば済むことなのにね。(苦笑)    

放送法・中立公平とキーワードが出てきましたが、一番ヤバいのはこの番組だと思いますけど。(笑)

コメンテーターは全員強固な政権交代派で、朝日新聞寄りの人で、NHK側の人はなし。

で、いつもどおり政権交代しかないと勝手に結論付け(苦笑)

あー、あと、半レギュラーの朝日解説委員の川村氏と三反園氏とは、毎回偏った論説しまくってますよ。

これ、この番組はもちろん、朝日の解説委員とやらも、放送法に十二分に違反してますが・・・。

  • 公安及び善良な風俗を害しないこと。
  • 政治的に公平であること。
  • 報道は事実をまげないですること。
  • 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
  • 朝日ニュースターはBPOも放送法も、怖いものなしですねぇ。

    あ゛ー今日も疲れた~

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ ←ちょっと共感。の方はポチッとよろしく<(_ _)>

    « NHK VS 朝日新聞  ←BPO  | トップページ | 小沢元代表を偲んで・・・ »

    朝日ニュースター」カテゴリの記事

    コメント

    NHKの放送は偏向してても何ら問題がないって主張してるようで(苦笑)…。こんな番組見せられたらたまりません。見なくて良かった(笑)。でも、さくらさんがブログに記録したくなる気持ち、水瓶にはよーくわかります。そして、多分ここに書き込みする人は皆さん同じ怒りを共有してるはず。ところで、今月号の文春で、政権交代をアピールするような特集を組んでます。選挙近しということでいろんなメディアがそれぞれ民主党擁護の姿勢を強めそうな雲行ですね。こちらも元気出して行きましょう。

    NHKのホームページ見たら、BPOの意見書に何気に反論的でした。
    http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/090428.html
    やはり、政治圧力はかかってないとの主張。この番組での議論がいかに一面的で、デタラメかってことです!
    BPO自体がなんだかなぁ~です。

    水瓶さんに勇気付けられたので、来週もレポートします!(笑)
    だって、愛川さんの大好きな小沢氏が辞めたんだもーん♪
    党首討論、楽しみにしてたのにぃ。

    今日は病院の日で、待合で「とてつもない日本」を読んでいる時に、娘から「小沢がヤメタ」速報メールが入りました(爆)
    民主はポッポが後釜になればいいのに。責め甲斐がありそう~ ←冗談です^^;

    まさか、と思ったら本当に辞任会見をやってる!こうなると、興味は後任人事だけど、マスコミはこれを機会に民主党の支持率を上げるような印象報道にはしりそう。考えすぎかな(笑)。病院でとてつもない日本…読んでるときに小沢辞任の緊急メールですか。なんか劇的な日(笑)。お体を大切になさって下さい。

    ●水瓶 様
    いや、考えすぎじゃないですよ。
    絶対にやります!特にテレ朝のやじプラとスパモニと王者パックイン。
    見張りは任せてください(笑)

    でも、今タイヘンなんです。ケーブルテレビの回線切断かなんかで(ここの地区だけ)、テレビが映りませ~ん(泣)
    会見が見れないので、こうしてPCに張り付いてます。
    いつ復旧するのかわかりません^^;

    とてつもない・・・を読むと元気になります!

    ☆水瓶さん

    撃論ムック「世界を愛した日本」買いましたよ!

    まだほとんど読んでませんが、仕事の合間に読んでます。

    とりあえずYou Tubeに小沢の記者会見の動画がありましたよ。

    「民主党 小沢代表 辞任 記者会見 1/2 2009年5月11日午後5時」で検索してください。

    僕はもう朝日に関わる人の言うことは極力信じないようにしています。

    さっきやってたTVタックルは酷い討論番組でしたよ。
    あまりの売国思想&移民大国思想に耐え切れず、チャンネルを変えました。
    僕もまだまだです。

    ● みっくん 様
    ケーブルの切断じゃなくて、うちの液晶テレビが不具合でした(大汗)
    今、修理するため、持って帰りました。You Tube情報、ありがとうございます。
    と言うわけで、他の小さいテレビを仮に接続したので、夜のニュースで観ました。

    TVタックルは、そんなバタバタで観れませんでした。
    売国思想に耐えられませんでしたか・・・(笑)
    私は、敵思想観察としての目で観てます。苦痛には違いありませんが^^;
    でも、タックルはまだ少しは意見対立があるから良いですよ。
    パックインなんて、一方向意見垂れ流しですよー。最悪・・・

    TVタックルの動画探して観てみます!

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: NHK VS 朝日新聞  ←BPO その2:

    « NHK VS 朝日新聞  ←BPO  | トップページ | 小沢元代表を偲んで・・・ »