フォト

ツイッター

バナー

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

朝日ニュースター

地上波ではありませんが、【パックインジャーナル】という番組が朝日ニュースターであります。これが酷い・・・

今日は「アメリカでも四面楚歌」と題して。

いやー・・・酷い英語でしたね~(爆笑)・・・(愛川欣也)

オバマさんは上の空でしたね~(嘲笑)

日米首脳会談については、親戚のどうしようもないおじさんが来たので、しょうがない会ってやるかって感じ。(二木啓孝)

アリバイ外交で、サハリンに行ったのも、アメリカに行ったのも全く意味がないというか、余計なことするな(全員口々に)

しかも、自国の総理大臣は「あの人」呼ばわりで、小沢さんのことは「小沢さん、意外と国防が分かっている。ただ言葉足らずなだけ」「クリントンと会われて、対等だとびしっと言われた」と敬語

よく恥ずかしくありませんね~

いつも冒頭の読まれる意見のファックス文も、麻生さん批判ばかり。それを「視聴者は賢い」と持ち上げる司会者の愛川さん・・・反対意見読み上げないのは卑怯ですね。

「IMFに勝手に大金出すなんて・・・、余計なことするなー!!」の大合唱。

延命のためになりふり構わずやってるけど、早く辞めろーーー   ばっかりです。

とにかく締めは、ナントカの一つ覚えのように「総選挙しろ!!」

最悪の言葉は、「自民党は本気で麻生おろしやれ。麻生さんにちゃんと「アナタは死にました」っていうおくりびとがいない。」(二木)

仮にも自国の総理を死人扱いですか。呆れた。

この番組、二時間あるんですが、最初の30分でギブアップしました。疲れた・・・

ただただ、民主党応援の麻生さんいじめの陰湿な、最低番組です。(安倍さんのときも人格攻撃が酷いもんでした。)

もひとつ、最低番組の紹介を。

同じ朝日ニュースターの【痛快!おんな組】 これまた30分も観れば気分の悪くなる番組です。

天皇陛下を「あの人」と呼び、卑下してる。

司会者が酷くて、シンスゴという韓国人です。(この人、拉致問題が盛り上がっていた頃に日本テレビの情報番組に出て、場違いに「でも、日本もね・・・」と、朝鮮の人たちが強制連行したことを切々と訴えていて、何この人!?と怒りを覚えたことがある)

それと、仲良しの中山千夏永六輔と友達の韓国人女です。みんなでワイワイ日本批判のすごい番組です。

大の大人が集団でなにやってるんでしょうかねえ ┐( -"-)┌ヤレヤレ...

朝日ニュースターって、やじうまプラスもこの系統だけど、反対意見の人は一人もいなくて、ひたすら一方方向へ向かう、偏向番組盛りだくさんなのですが、

いくら言論の自由といっても、この手の番組は、放送法に違反しないのかな??

下品すぎて、寒気すらします。観るんじゃなかった・・・(苦笑)

ところで、おとといの日本テレビの夕方のニュース番組【リアルタイム】で、麻生総理がオバマさんに新幹線売り込みというニュースを詳しくやってました。

フランスのTGVと争いだけど、耐震性・環境面・乗り心地の点でリード!?みたいな♪

この番組でしか報道されないのは謎ですねえ。

にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ ←ちょっと共感。の方はポチッとよろしく<(_ _)>

にほんブログ村

新聞は読まない発言

麻生さんが、新聞を読まないと発言したことで、また叩かれていますね。

私も数年前だったら「なぬ!? 一国の総理大臣が新聞読まないの??」と思っていたでしょう。

でも、いまの若い人は、新聞取らない人多いし、テレビも全然見ないという人多いですよ。うちの息子たちがそうです。
「おかん、テレビばっか観るとアホになるぞ」と言われます^^;

麻生さんの発言・・・「自分のことを書いた新聞記事は大体違う」 ... 「新聞読まない」「署名が載っている記事は、相手(筆者)の名前を見て読むようにしている」

この話題、【やじうまプラス】も盛り上がってましたよ。この番組、新聞紙面を読み上げて、コメントつけるっていう形式だからね(笑)

萩谷順氏「新聞を読まないからKY」「記事に署名すると政治家に恫喝されるから危ない」だそうです。

山田美保子「新聞を読まないなら、せめてやじうまプラスを観て下さーい」とニッコリ。   きもっ

女子アナも「新聞は情報の宝庫です!」とキッパリ締めくくりの言葉。

新聞読まない人はダメ人間ですか・・・そんな事はない。むしろ新聞読みすぎると偏ります。特に純粋な青少年は危険がいっぱいですよ。

ワタクシ、中学校は三年間、国語と社会の先生から朝日新聞を読むように言われ、天声人語をノートに写すというのが毎日の課題でした。

お陰様で、中年になるまで、平和ボケボケボケ脳のままでした。どうしてくれるーー

にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ ←ちょっと共感。の方はポチッとよろしく<(_ _)>
にほんブログ村

2009年2月27日 (金)

カルデロンのり子報道の不思議

昨日のNEWS23、悲壮感たっぷりで頭真っ白で見たら、のり子さんの気持ちを考えると、私だってかわいそう泣きますよ。

素晴らしいBGM、涙・涙の親友の言葉。 父親がどれだけ真面目に働いていたかという元同僚の証言。見事な構成でした。

でも、のり子さんは、しっかりしてるからフィリピンでもやっていけますよ。フィリピンはいいとこですからね。

ただね・・・

他人名義のパスポートで入国した人たちから、のり子さんという赤ちゃんが生まれたとき、出生届はどうしたんだろうか。とか

学校に入学するとき、役所から案内は来たのだろうか。とか

私はそっちの方が気になった。そういう背景も込みで報道しないとおかしい。かわいそうな一家が、日本政府からいじめられてるって構造で編集されてもしらけるなぁ。

膳場アナは、まとめの言葉で「そろそろ法務大臣が決断してもいいんじゃないか」みたいに言ってたけど、ハァー!?って感じで違和感。

マスコミが、犯罪行為の後押ししてもいいんですかねえ!?

そんな権利いつから出来たんでしょう??  何様なんでしょう??

にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ
にほんブログ村

最強「やじうまプラス」

数年前からテレビ(特にワイドショーを含む情報番組)がおかしいぞ と思い始めていましたが、
安倍総理(私が好きな政治家ナンバーワン)になった辺りから、ますます酷ーくなるばかり。

50代のオバチャンになりますと、考えることが面倒くさくなって、テレビで観たことを鵜呑みにする傾向が強い。
井戸端会議になりますと、一般のオバチャンたち、麻生さんをボロクソに言ってます。
でも、みんなテレビのそっくり受け売りなのです。
「テレビで言ってたんだけど・・」「この間テレビで・・」

私のように洗脳の解けたオバチャンは、「それって違う」と言ってみても、
焼け石に水というより、火に油を注ぐ結果になると申しますか・・・(苦笑)

ちなみにワタクシ、クソ真面目なタイプで、30代半ばまで憲法9条は素晴らしい!、日本の宝! のクチでした。。。

暇人なので、テレビで見た嘘・ごまかし・捏造・偏向を出来るだけ見つけて、この場でストレス解消しようと思います。

さしあたって、日頃から、突っ込みどころ満載のテレビ朝日「やじうまプラス」
地上波の中では、一押しの駄番組ですよ。
アナウンサーもコメンテーターも最低です。はしゃぎまくってみんなで日本はダメだダメだと言ってる。
もう、その品のなさが見苦しくて笑います。
関係のない話題も、ダメ政府・ダメ総理と巧みに結びつけ、貶める技を全員が持っています。

自国の総理大臣を、普通にアホ扱い。 アナウンサーの閉めの言葉と表情も嘲笑しながらきちんと下品なジーョクで「麻生さんも・・・」と落とす。
全員、民主党応援団バレバレですよー。

解説の三反園氏なんぞ、せせら笑いで総理の人格攻撃。最近は何故か異常に与謝野さんのヨイショが盛ん。アンタやりすぎ。見苦しい。

そう思いながら見ると、巧みな世論誘導がくっきり見えてきますよ。

この番組、麻生さんの漢字の読み違いの件、もういい加減にしろという程、徹底的に叩きまくっていました。
この日の、コメンテーターの言葉のまちがい、私が知ってるだけで3ケ所。 それ垂れ流しなんですけど。。

きっと、やじうまプラス的には、総理大臣だけは一字一句、漢字の読みは完璧じゃないと叩くのでしょうねえ。
今後、非情に楽しみです。

ちなみに、朝日放送の「ムーブ」のコーナーでは、麻生総理の漢字の読みの能力は一級程度だそうです。
就中  唯々諾々  揶揄  畢竟   叱咤激励  中興の祖  窶し  朝令暮改  愚弄  合従連衡     乾坤一擲  面目躍如 (民主の石井議員のフリップより)

漢検2級のワタクシも、4個読めませんでした。^^;

だったら、完璧な読みが出来る人、マスコミが探して総理にしたらよろしい。
大体、「麻生下ろしの嵐」って言ってるマスコミ、嵐を必死で起こしてるのはアナタたちだと思いますけど。

そんな、卑怯なコメンテーターさんとアナウンサーたちの懲りない面々・・・

この方たちに易々とエサを与えないよう、麻生総理に9月まで持ちこたえて欲しい。

次回から、具体的に突っ込み入れます。まずは、見るからに怪しい上杉氏からにしようかな。

にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ
にほんブログ村

トップページ | 2009年3月 »